重たい女になっていたカモ!? 大失恋を乗り越えるために振り返るべきこと2つ

【相談者:20代女性】
結婚したいと思う位大好きだった彼にフラれて、大失恋してしまいました。心にぽっかりと穴が開いてしまい、毎日何をすればいいのかわかりません。こんな私でもまた恋愛をすることができるんでしょうか?

a 次の恋を成就させるために大切な、2つの失恋の振り返り方。

こんにちは。ポジティブ恋愛専門家のチオリーヌです。ご相談ありがとうございます。

いつも傍にいたり、いつも連絡を取り合ったりしていた彼がいなくなってしまい、毎日に大きな大きな見えない穴が開いてしまったようなその気持ち、よく分かります。

そういう状況のときって、友達にいろいろとアドバイスをもらっても、右から聞いて左から出て行ってしまうもの。失恋から立ち直って、次の恋に走り出すには、自分でなんとかするしか方法はないのです。

今回は、大失恋を乗り越え、その結果素敵な運命の男性たちに巡り合った女子たちの体験談を調査した結果得られた、“次の恋を成就させるために大切な、失恋の2つの振り返り方”をご紹介したいと思います。

140811chiorinu

(1)彼以外で夢中になれるものは?

彼を失ったとき、あなたに残ったものはなんでしたか? 心を無にして打ち込める趣味があったりすると、今までは彼と趣味に同じ比重で力を注いでいたのなら、これからは趣味のみに力を注ぐという方法で、ずっと悲しみに明け暮れることなく時間を過ごすことができるもの。

しかし、それもないと、大きな虚無感を感じたり、余計なことを悩んだり考え続けたりしてしまうのです。

それに、彼以外に夢中になれる趣味があると、彼にかまってもらえないときに一人遊びが上手になります。そうすることで、「重たい女」ではなくなり、「時間を上手に使って人生を楽しんでいる子」に生まれ変われるわけです。

さあ、次の恋愛を探す前に、夢中になれる趣味、探してみませんか?

(2)彼の意見に歩み寄ろうとした?

言うことを聞いてもらえるまで、怒って彼を無視したりするような子どもっぽいこと、繰り返していませんでしたか?

きっと心優しい男性の場合、自分が悪くなくて、あなたに非があったとしても、あなたのご機嫌をとるために、「ごめんね」と言ってくれたでしょう。しかし、そんな女王様気質では、いつまでたっても長続きする恋はできないもの。

あなたの言うことを聞かせようとするのではなく、お互いに歩み寄ろうとする姿勢を持つようにしましょう。


いかがでしたか?

失恋にいつまでも落ち込んでしまうタイプの女性は、「趣味は彼氏」という方が多いよう。その分、恋愛中は男性にとって重たい存在になってしまったり、失恋をいつまでも引きずってしまったりすることがあるのです。

より魅力的な女の子になって、次の恋は最後の恋にしたい! と思うのであれば、今回ご紹介した2つの振り返り、しっかりとしてみてください。

●ライター/チオリーヌ(ポジティブ恋愛専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする