メールで告白する男性が嫌われる理由3つ

【相談者:20代男性】
好きな人がいます。今度告白しようと思うのですが、直接言うのは緊張するので、メールで告白するのはアリでしょうか?

a 告白すら面と向かって言えない男なんて論外。

ご相談ありがとうございます。恋ゴコロ専門家のNINOです。

メールは今や欠かせないコミュニケーションツールですが、あえてはっきり言います。メールでの告白なんてありえません!

事実、『マイナビウーマン』のアンケートでは、76.8%の人がメールでの告白を「ナシ」と答えています。大多数がメールでの告白に反対で、嫌悪感を示していることが一目瞭然です。

そこで、メールでの告白がダメな理由を3つ挙げます。

140804amane

メールでの告白がNGな理由3つ

(1)本気度が伝わらない

メールで告白する際に、いくら素敵なセリフを言おうが、伝わるのは文面だけなので、それが本気か冗談かを見極めるのは困難です。

例えば、「好きです」というメールが来たとしても、送った本人はふざけて笑いながらメールを打っているかもしれないし、ほんの軽い気持ちで送っているかもしれないですよね。

さらに極端な話をすれば、メールだと顔が見えないので、誰が送ったか分かりません。例えば、A君の携帯からB君が「好きです」と送ったとしても、受け取った側は当然A君から送られてきたと思うわけです。また、「メールで告白されて喜んでいたら、実は冗談だったと知って傷ついた」という女性も実際にいます。

相手の顔が見えないからこそ誤解が生まれやすく、替え玉受験ならぬ”替え玉告白”も可能なので、本気度が伝わりにくいのです。

(2)印象に残らない

メールで告白されるのと、対面で告白されるのでは、断然対面の方が印象に残ります。相手の顔を見て、声を聞き、緊張も空気感も息づかいも肌で感じて、全身で相手の気持ちを受け止めることができるからです。

一方、メールだと文面だけを見るので、あまり感動はありません。形としては残りますが、記憶として強烈に残るのはやはり直接告白された場合です。

また、メールは形に残ると言いましたが、「削除ボタン」を押してしまえば、一瞬で消えてしまいます。対面で告白された場合、その記憶を簡単に消す事はできませんよね。

対面での告白の場合、メールと違って相手の緊張感もドキドキもその場で共有できるので、告白した側だけでなく、告白された側の思い出にも深く鮮明に刻まれるのです。

(3)誠意が感じられない

メールでの告白は簡単です。ものの数秒で想いを伝えることができます。その簡単さゆえに、告白される側はメールで告白されると簡単に済まされている感じがしてしまい、「心がこもっていない」と思ってしまいます。

メールだと気軽に気持ちを伝えることができ、直接会わないので緊張することもありません。断られたとしても、面と向かって断られるよりかは、傷も浅くてすみます。メールで告白するのは、告白する側が楽をしているに過ぎません。

また、男性は女性を追いかけたい生き物なので、必死で手に入れた女性ほど大事にします。そのため、メールで簡単に告白して付き合った女性よりも、面と向かって緊張しながらも誠心誠意想いを伝えた女性の方が、付き合った後も大事にします。

何より、緊張しながらも勇気を振り絞って面と向かって告白してくれた方が、誠意を感じられることは言うまでもありません。


いかがでしたか?

本気で好きなら、直接顔を見て堂々と想いを伝えましょう。

●ライター/NINO(恋ゴコロ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする