フリーター男性が婚活市場を勝ち抜く極意5つ

【相談者:30代男性】
定職に就かず、今に至ります。さすがに無職ではありませんが、世に言うところのフリーターです。そんな自分でもそろそろ結婚したいという願望はありますが、やはり正社員でないと論外でしょうか? ご意見をお願いします。

a 正社員の男にはない“魅力”を培う努力をしましょう。

ご相談ありがとうございます、恋活専門家のかぎあなです。

正社員のほうがよかろうというお気持ちが伝わってきますので……、ここはあえて、「夫が正社員とか、別に(そんなに)気にしない」という女性たちに、アドバイスをもらってきました。ぜひ役立ててください。

140728kagiana

“一生フリーターでいたい男性が結婚するには”アドバイス5つ

(1)人生観の合う彼女を選べ!

『フリーター同士の交際は、どうしても男が正社員になるべきという空気が流れがち。彼女選びの段階で、仕事が好きで一生働きたいという人生観の女性を選べばいい』(30代/事務)

狙い目物件は、仕事に存在価値を見出している女性だ。

(2)“主夫”という役目を極めよ!

『たちが悪いのは、余計なプライドだけを振りかざしている男。へんな見栄を捨てて、たとえば“主夫”という自分の役目を受け入れる男性は魅力的です』(20代/IT)

無駄に威張っている会社員男よりも、主夫を極める男のほうがずっといい……そんなニーズもあるようです。

(3)良きサポーターに徹するべし!

『一生続けたい仕事を見つけたので、あとは良き理解者、良きサポーターになってくれる男性がいれば、最高です』(40代/講師)

人は一人じゃ生きられません。収入なんかより、心からの理解者を求めている女性もいるのです。

(4)嫁力を磨くべし!

『わたしも友達も家事が苦手だし、嫌いです。「嫁が欲しい」と冗談ぽく言っていますが、結構マジです』(30代/営業)

女も嫁をもらう時代なのかもしれません。

(5)人柄を磨くべし!

『いい会社に勤めても、何が起こるかわからない時代。結婚相手は条件よりも人柄重視で選んで、何があっても二人で乗り越えられる絆がほしい』(20代/看護)

学歴のような基準がないだけに、人柄を磨くことは地道ですが、頑張りましょう。

“自分という物件”をおすすめできますか?

“自分という物件”を査定してみてください。今の自分と結婚して、一緒に生きて行きたいと思えますか? まずはその答えと向き合ってみてください。

フリーターでいることが、「自分らしい」と思えるのであれば、無理して正社員を目指すのはおすすめできません。フリーターでいることの“マイナスポイント”を何で埋めるか? という発想に切り替えましょう。

そして、「俺と結婚したら、きっと幸せにする」と自信を持って言える男になってください。応援しています。

ひとことアドバイス

肩書きや外からの評価に囚われないことがスタートライン。そこから男として“将来有望株”を目指すのです。

【関連コラム】
キャリア女性が年下フリーター男と結婚する可能性

●ライター/かぎあな(恋活専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする