既読スルーされて被害妄想炸裂! 思い込みの激しい“不幸を呼びやすい女”の特徴4つ

【相談者:20代女性】
初めてご相談します。気になる男性がいて、LINEのやりとりをする仲になったのですが、既読無視されました。最初は悲しかったのですが、私のことが嫌いなら連絡をとらなければいいのにと、だんだん腹が立ってきました。

友人に相談しても、「考えすぎ」と笑われます。男性が既読無視するのは、相手を嫌いだからですよね。それとも、こんなことで怒る私の方がおかしいのでしょうか。

a あなたと彼は別の人。考え方も捉え方も違うのです。既読無視は無視して、自分と向き合う時間を作られては?

こんにちは。ライター・みわあやのです。

LINEというツールが広まってから、この手のお悩みって絶えませんよね。いっそ、LINEをやめちゃえばいいのに、と身も蓋もないことを言いたくなりますが、お気持ちはお察しします。

さて、既読になっているのに返信がないというこの現実。私が今思いつく理由だけでも、4つほどあります。

・超忙しい
・返答に困るような内容
・内容の意味がよくわからなかった
・内容を読んで納得し、「完結した」と思っている

本当のところは知るすべがありませんが、このような可能性もあるはずです。それにも関わらず相談者さんは、「私は嫌われた」と思い込んでしまっているんですよね。

自分が勝手に考えた理由なのに、相手がそう考えているに違いないと決めつけて、悲しくなったり腹が立ったりする。この感情を心理学では、『投影同一視』と言います。

「嫌いだ」と言われたわけでもないのに、自分の解釈で自分を傷つけてしまっているのです。「ひょっとしたらその可能性もあるかもしれない」ぐらいの話なのに。

これを解決するには、彼のことはちょっと置いておいてでも、自分を見つめ直す必要があるのではないでしょうか。

140717miwa

不幸を呼びやすい女性の特徴とは?

心理学では、『投影同一視』が起こる理由について、「自分がない」からだと考えられています。

考え方の基準となるはずの“自分”がいないから、自分と他人を分けて考えることができない。自分の状況を客観的に見つめられないため、相手と自分を分けて考えられず、『投影同一視』に悩まされる結果になるのです。

以下の項目に当てはまる人は、自分の生き方を見つめ直す必要があるかも。

(1)思春期にしっかり悩んで解決した経験がない

悩んだり苦しい思いをしたりすることは、悪いことだと思われがちですが、人間ならば誰でも経験する感情です。それを受け入れながら、“きちんと悩んで考えられる私”を育てていく経験をしておかないと、後々余計に苦労します。

なぜなら、考え、答えを出すための“自分の軸(基準)”がいつまでたってもできあがらないからです。

(2)昔から親や友達を頼ってばかりだった

何かしらの決断を下さなければならないシーンで、常に誰かの意見を鵜呑みにしてきた人は、自分の中で、“決定する基準”がありません。

一人で考えて行動することが難しくなり、誰かに依存することから抜け出せないのです。

(3)いつも周りの友達に合わせて行動してきた

同じく、いつも好きな人のタイプに合わせた振る舞いをしてしまう人や、周りの評価ばかりを気にして、周囲に合わせてしまう人。このような生き方に慣れると、自分が何を好んで、何がしたいのか、わからなくなっていきます。

それで“自分がない”という状態になりやすいのです。

(4)考え方がいつも「いいか、ダメか」の二分思考

考え方の視野が狭いと、「いいか、ダメか」といった極端な思考になりがち。オールオアナッシングの二分思考は、自分や他人を辛い方、辛い方へ導いてしまう考え方の典型です。

人間とは、そもそも矛盾を抱えて生きているもの。それなのに、白黒はっきりさせようとするのは無理があるんです。

人生を上手く生きていくには、ある程度の不明確さや、矛盾を受け入れる余裕も必要なのでしょうね。


いかがでしたでしょうか。

上記の項目を自分に問い、今一度、自分がこれまでどのように他者と関わってきたのかを見つめ直す時間を持ってみてはどうでしょうか。

【関連コラム】
“既読”になっているのにLINEで返信がない時の捉え方
男性が既読スルーしたくなる“うざいメール&LINE”の特徴
LINEで既読スルーされたショックに耐える方法4つ

●ライター/みわあやの(カルチャー専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする