アドバイスすると逆効果!? 女性が相談話をする相手に求めていること2つ

【相談者:30代男性】
彼女に相談され、「こうした方がいいんじゃない?」とアドバイスをしたら、彼女が、「私の気持ち、全然わかってない!」と何故か不機嫌になってしまいました。彼女はただ話を聞いてほしかっただけのようなのですが、女性の相談にはどのように対応するのがいいのでしょうか?

a 相槌を打ちながら話を聞いて、共感してあげる。

ご質問ありがとうございます。恋ゴコロ専門家のNINOです。

女性から相談され、具体的な解決策を出したら女性が不機嫌になった、という経験は、男性なら少なからずあるでしょう。「ちゃんとアドバイスしたのに何で怒るの?」と不思議に思った男性は多いと思います。

男性は、相談に対してすぐに解決策を出しがちですが、女性が相談する場合、そのほとんどはアドバイスを求めていません。もちろん、深刻な悩みの場合は別ですが、大半はただ話を聞いて、共感してほしいだけなのです。

140710ootsuka

女性は“共感”を求めている

女性の脳は『共感脳』と言われ、女性は相手に共感を求め、他者にも共感しやすい生き物です。女性同士の会話で、「そうそう、分かる!」や「だよね~」といったフレーズが多用されるのも、共感脳たるゆえんでしょう。

女性が共感脳であるのに対し、男性は『解決脳』なので、相談されると悩み事を素早く迅速に解決しようとします。

男性からすれば、「解決策を提示して何が悪い」と思うかもしれませんが、「話を聞いてほしい」「気持ちを分かってほしい」と思う女性にとっては、解決策を出されたり、正論を突きつけられたりすると、「そういうことじゃないんだけどな~」と感じ、男女間でズレが生じてしまうのです。

このことを踏まえて、女性の相談に乗る上で重要な2つのポイントを紹介します。

女性に相談された時にやるべき2つのこと

(1)しっかり話を聞く

途中で話を遮らず、上手く相槌を打ちながら、全部話したいことを話させてあげましょう。

女性は話好きなので、男性にとっては、「話が長いな~」と思ってしまったり、「結局何が言いたいの?」と思ってしまったりするかもしれませんが、そこはグッと我慢。

女性の場合、気が済むまで話したらスッキリした、ということも少なくないのです。女性は誰かに話すことによって、心が救われるのです。

(2)共感する

「それはひどいね」「大変だったね」「辛かったよね」という共感の言葉をかけてあげると、女性は、「この人、私の気持ちをわかってくれてる!」と嬉しくなります。

ただ、上っ面な言葉だけでなく、相手の立場に立ち、気持ちを理解しようとすることが大切です。共感されると、共感してくれた相手を味方のように感じ、その人に対して好意を抱くのです。

女性はただ話を聞いてほしいだけなので、良かれと思ってアドバイスをすると、かえって逆効果で、女性は男性から説教されているように感じてイラッとしてしまうので要注意。


女性から相談された場合、「共感すること」がポイントになります。女性の心理を理解し、彼女と良好な関係を築いてくださいね。

【関連コラム】
女性からの悩み相談を受けるときの心得とは

●ライター/NINO(恋ゴコロ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする