どう接すればいい? 重大なトラウマを抱えた恋人との付き合い方

【相談者:20代女性】
初めて付き合った人が悩んでいるようなので、助けてあげたいと思います。彼は同じバイト先の店長なのですが、5歳年上で、すごく優しいです。先月は一緒に旅行へ行きました。すごく楽しかったし、このまま一緒にいたいなと思います。

でも、彼は、「オレは普通の家庭で育ったわけじゃないから、キミとは長くいられないかも」と悲しいことを言います。施設と親戚の家を転々として子供時代を過ごし、そこで心に傷を負ったそうですが、深くは話しません。そう言われると不安になります。とはいえ、いつも優しいし、性格は良いと思います。

彼がもっと前向きになれるように応援したいです! 私は彼に対して、どうすればよいのでしょうか? カウンセラーなどのプロに聞きに行くべきでしょうか?

a 愛はお相手が背負う困難も引き受けてしまうもの……。

ご質問をありがとうございます。スピリチュアル専門家の加藤かとるです。

あなたのお悩みは、彼氏が心に傷を負っていて、そこをどうすればいいのか分からないということですね。

好きな人が苦しみを背負っていると、悲しくなってしまうのが愛というものですね。それでも、けなげにあなたに対して、ポジティブな行動をとる彼氏。きっと、本当の試練を耐えてきた良心の持ち主なのでしょう。

140709katou

トラウマ解決案は実は確証されていない? 人それぞれの治癒過程

幼少期の心の傷をどうすべきかという議論は、とても長く続きました。しかし、筆者から見れば、これといった正解はないように思えます。だからこそ、多くの意見が出ては、その都度支持を得るのでしょう。

もちろん、カウンセラーや専門家の手助けを借りて立ち直る人もいれば、なかなか過去を解釈できず、悩み続ける人もいます。トラウマの発生は、千差万別なので、個人に合わせた解決案が見つかりづらいのです。

あなたの質問文を拝読すると、あなたの彼氏は、「過去を静かに見送るタイプ」なのかなと思いました。自分が納得するまで、思い出を胸に秘める男性なのでしょう。それはそっとしておいていいでしょう。ムリにこじ開けないように、傷つけないようにしてあげましょう。

愛を持って見守ってあげよう! 三つの安らぎ!

トラウマを研究する専門家は、患者と接するために必要なことを、このようにまとめています。

『思いやりを持って接すること。これが一番大切なのかもしれません。犯罪被害でトラウマを抱えてしまった人に接するとき、周囲の人たちが注意する原則を挙げるとしたら、「三つの安らぎ」、つまり、安全、安心、安眠を保証することです』

そう、周囲の人にできるのは、その三つだけなのです。そのシンプルな決まりごとを、地道に続けましょう。あなたに見守られた彼氏は、傷ついた幼い心が、ゆっくり癒されるのをいつしか感じるのでしょうね。

利用できるものはどんどん使おう! 強くあれ!

いかがでしたでしょうか? ただし、彼氏の悩みがあまりにも重い場合は、プロに頼んでもいいと思います。その前に、今は無料で相談する場所がたくさんあります。交番、警察署、市役所の無料相談、弁護士無料相談、裁判所など。

一人で抱え込む必要はありません。時には合理的な解決案が救いになることもあります。

複雑化した現代社会において、トラブルやトラウマの無い人生はまず、「あり得ない」のです。そんな中で生きるためには、戦うスペックを用意しておくのも必要な知識かなと思います。

そして、いつかお二人の魂に、強さと優しさで築かれた“絆”ができることを願います。

【関連コラム】
機能不全家族で育ったアダルトチルドレンの彼女との付き合い方
うつ病を患ってしまった彼氏のサポートの仕方とは?
統合失調症の彼女との付き合い方

●ライター/加藤かとる(スピリチュアル専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする