LINEの返信に時間がかかる女性の心理♡

【相談者:20代男性】
最近、飲み会で仲良くなった女の子とLINEをしています。会って話したときはすごく会話が盛り上がっていましたし、LINEも彼女の方からIDを聞いてきてくれたのですが、頻繁に連絡が返ってきたのは飲み会後の数日間だけで、今は連絡しても返事がとても遅いです。

連絡も僕からばかりで、数回やり取りしたらその後は続かなくなってしまい、朝送ったメッセージの返事が夜に返って来ることも増えました。何かおかしなことを言ったのか、気に障るようなことを言ったのかと不安です。

僕の方から連絡を取ってばかりなので、一度連絡を取る回数を少なくして相手の気を引いた方がいいのでしょうか。女友達も少なく、女の子の気持ちがわかりません。

ズバッと意見を言ってほしくてコマツさんにアドバイスをお願いしたいです。

a 相手の心に強く印象づけることが、恋に発展する必須事項です。

こんにちは。少々毒舌な物言いでおなじみのコマツです。

新しい出会いがあったときは毎日が楽しくて、でも、いざ連絡が途絶え気味になると、相手の気持ちをあーでもないこーでもないと詮索してしまい、一喜一憂してしまうものですよね。

個人的には、LINEや電話などの内容や回数で一喜一憂してしまう男性は少し頼りなく思ってしまうのですが、相手のことが気になるあまりそうなってしまうのは、人間として仕方のないことですね。

31001

相手に対して気があるのなら、LINEの返事は早い

当たり前のことですが、男女関係なく、やはり相手に気があると連絡が来ればうれしいし、すぐ返したくなるものです。

仕事中など、すぐにLINEを見れない(返せない)ときもありますが、朝から晩まで1日中携帯を見れないということは、まあ稀なことだと考えると、忙しさにかまけて他のことを優先していると考えるのが妥当でしょう。

言い換えれば、彼女はまだあなたのことを何よりも最優先したい、という位置づけには至っていないよう。まだ脈ナシと判断するには早いですが、盛り上がった心ほど冷めるのが早いものはありません。この状態でこっちを向かせるには、非常に至難の業かもしれませんね。

『フィーリンググッド効果』は、その後が勝負

心理学で言う『フィーリンググッド効果』をご存知でしょうか。快適な温度や音楽、香り、食事など、人は心地よい環境に置かれたときに、対人的評価が好意的になるというものです。

飲み会のときはとても話が弾み、それから数日間も頻繁にやり取りをしていたということですので、これは心理学で言う『フィーリンググッド効果』によって彼女の目に好意的に写り、数日間その好意的な感覚が続いたものではないでしょうか。

しかし、恋が芽生えるきっかけとしては効果的ですが、この後の日常生活でも続くかどうかは別物です。

LINEの内容もしかり、玉砕を恐れずにデートに誘うなど、彼女の中に強い印象を残すことで、離れがちな気持ちをもう一度こっちに引きつけることだって可能なのです。ここから先は、あなたの腕次第ですよ。

返信をわざと遅らせる「かけひき」は、もう古い

「相手の気持ちをひきつけるために、わざと返信を遅らせる」、一度は聞いたことがあるこのテクニック。しかし、これはもう時代遅れです。

現代のスピーディーな情報社会の中、男女の恋愛においてメールやLINEの返信を遅くしたくらいでどうにかこうにかなるほど、ウブでも簡単なものでもなくなっているのが現状です。

20代の独身女性に意見を聞いてみたところ、もちろん、相談者さんのように相手からの返信が遅くなったことで一喜一憂してしまうこともあるようですが、そうこうしているうちにSNSなどで他の異性と交流を持ってしまうとのこと。

このように、返信をわざと遅らせることによって、相手に心変わりされては本末転倒

情報が入り乱れたこんな世の中だからこそ、駆け引きなんかせずに堂々とアタックを試みることの方が、相手の心に深く印象を与えることができる、一番のテクニックだと思います。


恋愛において、相手からのアクションには非常に心を揺さぶられるものです。相手との距離が遠ざかったときほど、彼女の気持ちをグッと引きつけるような強気な方法を取れば、相談者さんへの印象もまた変わるのではないでしょうか。

●ライター/コマツマヨ(リアル恋愛事情専門家)

編集部追記

今回のコラムでは、女性からのLINEの返信について、「駆け引きなどせず、相手に深く印象を与えることが大切」という視点でアドバイスをいただきました。

「LINEの返信」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

151224linetuiki1

好意を持たれるLINEの返信テクニック

やるからには相手に好意を持ってもらいたいものですよね。どんな内容の返信がいいのか、これを参考に盛り上がるやり取りを目指しましょう。

(1)興味を持ち、肯定する

人は、自分のことを理解してくれる人に対して好感を持ちます。「私もそう!」「間違いないよね!」など、相手の言うことを肯定することが大切です。

特に、相手が好きなことや興味関心があることについて話題を振った上で、その返答に対して肯定を示す返信をするのがより効果的。自分の好きなことに相手も興味があることが分かれば、会話が弾むこと間違いなしです。

「知らなかった! もっと教えて?」なんていうふうに話を進めれば、きっと相手は自分のことを話したくてたまらなくなるでしょう。

(2)普段の会話とは違うギャップ

普段無口で硬派な雰囲気の男性が、LINEでは絵文字を使ったりかわいいスタンプを使ったりすると、そのギャップにキュンとする女性が多いとか。

また、女性慣れしてそうな人が、不慣れな感じでLINEの返信をするのも母性本能をくすぐられるそうです。誤字があったり、途中で送信してしまってあわてた様子を見せられたりすると、女性はかわいらしさを感じます。

(3)感情が伝わってくる

せっかくLINEのやりとりをしているのに、機械的な対応だったり考えていることがいまいち伝わってこなかったりするような文面では、送られた方は楽しくないですよね。

たとえメールが苦手だったとしても、“感謝”“驚き”“楽しみ”などの感情を入れて返信するようにしましょう。短い文章だったとしても、感情が伝わることで好感を得やすくなります。

(4)体調を気遣う

一方的に自分のことを話すよりも、相手のことを気遣う返信の方が好意を持たれます。「今日元気なかったけど大丈夫?」など、会った日にその話題に触れると、言われた方は「自分のことを見ててくれたんだ」と思いうれしくなるそうです。

ただし、実際に体調が悪くないときにこれを言われると、「顔色悪かったのかな?」などと不安にさせ逆効果になってしまうこともあるので、注意深く観察した上で使う必要があります。

151224linetuiki2

(5)毎回違う絵文字が使われている

これは男性に多いのですが、絵文字は使っているものの、使う絵文字が毎回同じで決まったものしか使わないという人はいませんか?

これでは、たとえ頑張って絵文字を使っていたとしても“コピペ感”が出てしまい、機械的に返信されているという印象を与えてしまいます。少し面倒だと思っても、絵文字のバリエーションを増やすと好意を持たれやすくなるでしょう。

(6)前に話したことを覚えている

普段の会話で何気なく話したことを覚えておいて、ふとしたLINEの返信でその話題に触れると効果抜群!

「そういえば、前に言ってた○○どうなった?」なんて言えば、「え、覚えててくれたの!?」と喜んでくれるはずです。特に、誰にでも言っている内容や誰でも知っているようなことでなく、自分にだけ話してくれたことを覚えておくのがポイントです。

LINEの履歴をさかのぼるだけでなく、普段の会話から気を抜かないようにしましょう。

(7)徐々にタメ口に

LINEのIDを交換したばかりのころはまだぎこちなく、敬語でのやりとりだったとしても、ずっとそれだと「気を許してくれていないのかな?」と思われてしまいます。

相手の様子を見ながら徐々にタメ口での返信にすることで、相手に心許しているということのアピールにもなり、距離が一気に縮まります。それでも相手が敬語のままであれば、「タメ口でいいよ!」などと一言かけると相手も安心できるでしょう。

(8)グループライン特有のルール

LINEでは、個人同士のやりとりだけでなく、複数の人同士で行うグループラインの機能もあります。ここでは、グループ特有のマナーのようなものがあるようです。

人数が多くなると、それだけ通知が多くなるため、返信するのはあまり遅い時間は避けるようにした方がいいでしょう。生活のリズムは人それぞれです。

また、グループ内での会話はそこだけの会話と思ってすることが前提。メンバー外の人に漏らすことはあまり好まれません。これは実生活と同じかもしれませんね。

既読スルーされないための返信のコツ

LINEの一番の悩みどころと言っても過言ではない“既読スルー”問題。「読んでるはずなのに返事がこない……」と不安な気持ちになったことは一度や二度ではないはず。

ここでは、その既読スルーに悩まされないよう、できるだけ返信してもらえるコツを紹介したいと思います。

疑問形で返す

言い切りの形で返信してしまうと、特に答えることがなければそこで会話は終わってしまいます。これは顔を合わせた会話でも同じ。

返信されやすくするためには、文の最後を疑問形で終わらせるようにしましょう。「〜と思うんだけど、○○かな?」のように、相手が返事をしなければならないような返信をするのです。

相手に質問をすることで、興味を持っているということを表現することもできるため、最も手軽で効果的な方法と言えるでしょう。

踏み込んだ内容は避ける

疑問形で返すのは重要ですが、何でもかんでも聞けばいいというわけではありません。2人の関係性にもよりますが、あまりにもプライベートなことに踏み込んだ話題を聞くのはNGです。

特に、まだお互いのことを知らないときであれば、自分のことを探られているようで怖いと思われることがあります。「これ以上返事をするのはなんだか嫌だな」と思われてしまえば、そのまま既読スルーとなってしまうでしょう。

自分とのメールを楽しいものだと思わせる

LINEのやり取りが楽しいものであれば、無視される心配なんてないわけですよね。

好きな人とのやり取りでは、つい自分のことを知ってもらいたいと自慢をしてしまったり、聞かれてもいないことを長々と語ってしまったりしがちですが、“相手が楽しんでいるか”という視点を持つことが一番重要です。

151224linetuiki3

返信に困るLINEの特徴

「これ、どう返せばいいの?」と返信に困った経験をしたことがある人も多いはず。みなさんはどんな内容のLINEを受け取ると返事に困るのでしょうか。

質問の意図がわからない

「今なにしてる?」「もう寝た?」などのように、何を聞きたいのか意図がつかめないようなメールは相手を困らせます。それを聞きたい理由が書かれていないと、どう返事をすればいいのか分かりません。

中には、「行動を逐一チェックされているのでは?」と恐怖を感じる人もいるでしょう。こういった短い文章を送る場合には、何かしら理由を付け加えて送るのがよさそうですね。

日記みたいなメール

聞いてもいないのに、「今日は○○に行ってきました」「今どこどこにいて、○○を食べてます」などのような日記調のLINEを送ってこられると困るという人も多いです。

「だからなに?」としか言えないようなメールには何と返信してよいのか分かりませんし、他人のつまらない食レポを見せられても返事のしようがありません。

付き合いたてのカップルだけに許される内容かもしれませんね。

長過ぎる文章

自分の気持ちを伝えようと、あまりにも長い文章を送ってしまうのも困りものです。LINEは基本的に単文をぽんぽんとやり取りするもの。画面が全部埋まってしまうような長文は控えるようにしましょう。

また、一度のやり取りで複数の質問をするのもよくありません。取り調べのような印象を受けますし、答えるためのハードルが上がり返信する気持ちを鈍らせてしまいます。

中にはポエムのような長文を送ってくる人もいるとか……。絶対にやめてください。

具体的な情報がないデートの誘い

女性をデートに誘う際、「今度2人で夕飯食べに行かない?」のように、“いつ”“どこへ”行くのかといった情報を何も書かずに誘っている男性はいませんか?

そもそも女性は、あなたとデートに行きたいと思っているのか分からないのです。もし断りたいと思っても、日付がなければ「予定があるから……」というように断ることができません。当然返信に困ります。

なにかしら情報を与え、それを理由に断ることができるという状況を作るのが優しさです。もし好意を持たれていれば、相手から違う条件でのお誘いがあるでしょう。

返信に困ったときの対処法

人によって、さまざまな困ったときの対処法を持っているようです。ここではその一部を紹介したいと思います。

無視する

相手が好きな人でもない限り、返信に困るようなLINEがくれば無視する・放置するという人は多いようです。「うん」など一言で返された後の返事が、何と言えばいいのか分からないという人が多く見られました。

既読が付いているのに返事がこないなと思うときには、自分の文章が相手を困らせていないか確認してみるといいでしょう。

終わらせるための一言を言う

返信に困ると、「またね」「また今度!」などのように、やり取りをばっさりと終わらせてしまうという人も。コツは、次もあるというニュアンスを残す言葉を使うことだそうです。

動物の画像を送る

話題に困ったときの救世主となるのは、やはり動物のようです。

家で飼っているペットの写真でもいいですし、相手の好きな動物の画像でもいいでしょう。返信に困ったときだけでなく、険悪なムードになってしまったときに雰囲気を変えるための一手としてもおすすめです。

あたりさわりのない文章を送る

機械になったつもりで、テンプレート的な文章で返すという方法もあります。感情を排除し、どこかで見たかのようなありきたりな言葉を使って返信することで、つまらないと感じていることを相手に分からせることができます。

また、男性は結論が出ない会話というものが苦手です。特に意味のない文章が送られてくると返事に困ってしまうため、やりとりを続けたくない男性に送るのも効果的です。

151224linetuiki4

LINEの返信が遅い、返信が来ないワケ

そもそも、みなさんはどれくらいLINEの返信で待たされると不安になるのでしょうか?

恋愛jpで行った調査の結果「1位「○日以上」! 恋人からLINEの返信がないと不安になる時間」によると、1位は「1日以上」という回答で、意外と長い時間待てるという人が多い印象でした。

とはいえ、数分で不安になるという人も少なからずいて、LINEの返信が遅いということは問題のひとつでしょう。ここではLINEの返信が遅くなる理由について明らかにしてみたいと思います。

男性の理由

男性の返信が遅くなる理由を聞いてみると、そもそもメールのやり取りをすること自体が苦手であるという声が圧倒的で、既読が付いてしまうのでやむなく急いで返信するようにしているという人も多いようです。

会話を楽しむのは面倒で、あくまで、連絡手段のひとつと認識している人も少なくありません。

また、男性の特徴として、同時に複数のことをこなすのが苦手ということもあります。なにかしているときに連絡が来ても、今やっていることが終わってからでないと次のことができないのです。

他にも、暇だと思われないための見栄で遅らせていたり、すぐに返信してしまうとウザがられないか心配になったりするという理由もあるようです。

女性の理由

女性の返信が遅くなる理由を聞いてみると、忙しくて余裕がない場合は当然として、男性側に原因があるということもしばしばです。

興味がない相手であれば、それを気付かせるためにわざと返事を遅らせたり、好きな男性が自分に興味を持っていないことを感じるとそのままフェードアウトしていくということが多いとのこと。

また、少し返事が遅くなったときに催促されると、いらだって余計に返信をする気がなくなってしまうこともあるようです。だらだらとしたやりとりが続くのもあまり好きではなく、「永遠に続きそう……」と思うと返信しないことも。

気軽にメッセージが送れることから、かまってちゃんな男性がLINEをすることも増えたようで、面倒だと感じると女性は返信をしない傾向にあります。

男女に共通して見られる理由

若い人たちの間では、既読スルーという概念自体が古くなっているんだとか。

既読を付けることが返信の変わりになっているのだそうで、「返事をしないのは返事がいらないメールだから」という、何とも合理的な考え方をしているようです。

また、励ましてほしいという気持ちが透けて見える、グチやネガティブな内容のメールに対しては返信する気が進まないという人が多いのは当然のことでしょう。

中には、しっかりとした文章で返事をしようとして毎回返すのが遅くなってしまうという真面目な人もいるようなので、返事が遅いからといって、悪い印象を与えてしまったと決めつける必要はなさそうです。

151224linetuki5

返信が早い人の特徴

送ったと同時に返事がくるほど返信が早いという人もいますよね。そんな人たちの特徴についてまとめてみました。

暇な人は、当然LINEの返事が早いです。常にスマホを手放さず、着信したら数秒で返信しないと気が済まないという人もいます。

基本的にはすぐに返事がもらえた方がうれしいという人が多いと思いますが、あまりにも早かったり、いつ送ってもすぐに返信が来たりする場合には、「この人いつ寝てるんだろう」といった疑惑を持たれることも。

返信速度もほどほどにするのがよさそうです。

仕事ができる人

すぐに物事を片付けたいという人も、返信が早い傾向にあります。やらなければならないことを溜めておくのが嫌で、タスクとして片付けていくという人たちです。

こういった人たちはすべきことの優先順位を的確に付けることができ、仕事ができる人であることが多いです。単なる暇人なのか、仕事ができる魅力的な人なのか、上手に見極めたいものですね。

ただし、LINEのやり取りを楽しむというタイプではないため、すぐに返信してくれるからと何度もやり取りを続けるのはNGです。

脈あり

好意を持っている、あるいは恋愛対象として見ている人に対しては、当然返事は早くなりますよね。

中には誰に対しても返事の仕方が変わらないという人もいますが、自分に対してだけ返事が早いなどの事情があれば、好意を持たれていると思って間違いありません。

スタンプのみで返信する人の心理

相手の意図が読み取りづらい、スタンプのみの返信。悪い意味も良い意味も含まれた複雑な感情の表れみたいですよ。

会話の終了

一番多く見られたのは、会話を終了させるときにスタンプだけで返事をするという人。みなさんも、一度はやったことのある行為でしょう。特に友達同士のやり取りで顕著に表れますね。

ちなみに、ここで空気を読まずにさらに追い打ちで返信すると印象は最悪ですので、どういった意図で送られたスタンプなのか判断することが大切です。

日常生活の会話だけでなく、LINE上でも空気を読まなければならなくなってきているようですね……。

返事が面倒

返事するのが面倒、文字を打つのがダルい、というときにも、スタンプのみでの返信が多用されます。あまり返事をしたくないけど無視するのも心が痛むな、というときにも便利な方法です。

話題がなくなったとき

これは、まだやり取りを続けたいけど話題がないというときの引き延ばし方。スタンプを送ることで「それ買ったの?」などの会話のきっかけにすることができます。

このときには、特徴的なスタンプが送られることが多いため、見たことがないスタンプが送られてきたときには、まだ自分と会話を続けたいと思われていると考えていいでしょう。

151224linetuiki6

デート後のLINE返信でわかる脈あり度チェック

気になるあの子とデートに行った! 当然、その後LINEでやり取りをしますよね。その返信内容から相手の脈アリ度を確かめてみましょう。

脈ありの返信内容

無事に家に帰り着いたか確認する内容があれば、脈ありの可能性が高いです。楽しかったということだけでなく、思いやりを含んだ内容はあなたに対して好意を持っているからに他なりません。

また、デート内容について、「○○が楽しかったね!」というように、具体的に何が楽しかったのか書いてある場合にも、脈ありだと思って構いません。

特に印象に残っていなければ「楽しかった」の一言で終わるはずですから、内容にまで踏み込んだ返信があれば、その日のデートは成功したと自信を持っていいと言えます。

さらに、次回に合う予定を向こうから聞いてくれば、これは確定と言ってもいいでしょう!

脈なしの返信内容

上記の脈ありメールがなければ、脈なしの可能性が高いと言わざるをえません。

さらに、「楽しかったね」「うん、楽しかった」、「ごはんおいしかったね」「うん、おいしかった」というように、相手の返信が自分のメールのおうむ返しになっているようであれば、これはもう諦めた方がいいです。

LINEの自動返信が面白い芸能人

芸能人のなかには、LINEに公式アカウントを持つ人もいます。基本的には、向こうから送られてくる情報をキャッチすることがメインで直接やり取りをすることはできないのですが、自動返信機能により、擬似的なやり取りを体験することもできます。

ここでは、特徴的なアカウントを持つ芸能人のLINEを紹介します。

北川景子

丁寧かつ長文で綴られたブログも人気の北川景子さん。

LINEでは、よりプライベートな姿を見ることができます。今ハマっているお菓子の話題や、大ファンと公言している宝塚の話題を始め、さまざまな表情の彼女を見ることができるということで話題です。

しかも、送られてくるLINEが1日に20〜30件と、その“しつこさ”も人気の理由だとか。スタッフが送る公式情報のみというアカウントも多いなか、おそらく本人が投稿しているということも魅力です。

さらに、自動返信機能でやり取りを楽しむことも可能! 複数のパターンがランダムに返信されるため、文章としてのつながりは期待できませんが、それもまた面白いポイント。

あまり友達からLINEがこなくて寂しい気持ちをお持ちの方は、北川景子さんの公式アカウントを友達追加することをおすすめします!

ザキヤマ(山崎弘也)

ザキヤマさんの返信も面白いと評判です。

「か〜ら〜の〜?」「くるぅ〜」「イェイ!」「あざーす!」など、テレビでもおなじみのセリフが次々と返ってくるため、一方的に送るしかないLINEのやり取りでも完全に主導権を奪われてしまいます

平野レミ

料理研究家の平野レミさんのアカウントは、なんと食材を送信することでそれを使ったおすすめレシピが返ってくるそうです!

とはいえ、いつも素直に送られてくるわけではなく、平野レミさんらしいお茶目な返信で笑いが止まらなくなることも。食材以外のワードもどんどん送信したくなる面白アカウントです。


「返信に困るLINEの特徴」や「返信が早い人の特徴」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

いまや全国民の連絡手段になったといっても過言ではないLINE。悩みもを抱えてしまうことも多いですが、上手に活用して、人とのコミュニケーションの手助けとなるといいですね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (31)
  • うーん (37)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする