結婚にリベンジ! バツイチ男が再出発して新しい恋をするための心得3つ

【相談者:40代男性】
前の妻に捨てられたバツ1男です。ちなみに、捨てられた理由はわかっていません。新たな出会いを求めて動きだしてはいますが、離婚歴があるだけで気まずくなることも多々あります。過去を明るく受け止め、再出発するアドバイスをお願いできますか。

a 新たな恋愛に行く前に、前の失敗をキチンと消化しましょう。

恋活専門家のかぎあなです。ご相談ありがとうございます。

バツ1なんて珍しくもない世の中ですから、強気に行きましょう。相談者さまのおっしゃる通り、過去を明るく受け止めたモン勝ちです。

今回はバツ1経験者で、次の恋愛もしくは結婚に踏み出した男性に、「再出発をするためのコツ」をアドバイスしてもらいました。参考にしてみてください。

140704kagiana

バツ1から再出発する3つの精神

(1)過去婚はとことん消化しちまえ!

『前回ダメになった理由がはっきりわからないままだと、次もまたダメになるんじゃないかというトラウマがあって、前向きになれませんでした。ほとぼりが冷めた頃、自分の何がいけなかったのか、最後の勇気を出して聞いてみたら吹っ切れました』(40代/製造)

過去を受け止める→吹っ切れる→次の恋愛へGO! このプロセスは重要です。最後の勇気を出して、過去婚と今一度向き合いましょう。

(2)過去は隠すな!

『バツ1が嫌厭される理由は、また同じ過ちを犯すんじゃないの? というリスクです。だから僕は、離婚の原因を全て今の彼女に打ち明けました。反省もしたし、学んだ。そう言えるようになったら、堂々と今の恋に行けました』(30代/講師)

本命の相手だからこそ、「くさい物」にはフタをしないことが大切。過ちや欠点を隠さず素直に語ることが、ときに好感度につながります。

(3)結婚経験を意地でも生かせ!

『一応、結婚の経験者という意味で、次に誰かと結婚するときはリードできることってあるじゃないですか。1度目のときに学んだことや失敗を、意地でも生かす気合いがあれば大丈夫です』(30代/営業)

傷を知っている者は、相手にも優しくなれるはず。離婚に対して卑屈にならず、一つの経験として生かす男らしさが魅力になります。

ひとことアドバイス

恋愛のリベンジは恋愛で果たせ! 結婚のリベンジもまたしかり。

過去を明るく受け止めて、再出発したいと思っている相談者さまなら、もう大丈夫です。積極的に出会いの場に出かけることが、昔の自分との決別にもなると思います。

結婚はゴールではなく、通過点だと言います。今度こそ、「一生一緒にいたい」とお互いに想い合える相手を見つけられることを、心から願っています。

【関連コラム】
40代バツイチからの婚活を成功させる、恋愛心理学の応用術
モテると言われるバツイチ男性の本当の評価とは?

●ライター/かぎあな(恋活専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする