アラサー独女の魅力UP!? 結婚できない悩みをプラスに変える『リフレーミング』の方法

【相談者:30代女性】
5年間ずっと婚活しています。いまだに結婚できずにいて、このままだと老後も独りじゃないかと不安になり、夜も眠れないことがあります。不安でたまりません。どうすればいいのでしょうか。

a 『リフレーミング』で心を軽くしよう!

はじめまして、口説きの専門家の水瀬翔です。

一生独りかもしれないと感じて不安になる気持ち、よくわかります。かつてのボクもそうでしたから。では、結婚できないのではないかと不安に苛まれたときは、どうすればいいのでしょうか。

『リフレーミング』というテクニックを使うといいでしょう。

140704minase2

結婚できない意味をプラスに変えてみよう!

結婚できないのには、何か意味があるはずです。その「意味」を考えてみましょう。具体的には、「Aだから、結婚できない」の「A」の部分を埋めてみるといいでしょう。

ただし、このとき、「自分はブサイクだから、結婚できない」のようなマイナスではなく、つぎに挙げる例のようにプラスの意味にすることが大切です。

・理想の男性と出会うため(今は理想の男性と出会う「待ち」のときなので)、今は結婚できないだけ
・過去の男性たちと結婚していたら最悪の人生を送っていたから、今まで結婚できなかっただけ
・メイクが苦手だったから、今まで結婚できなかっただけ。メイクの勉強をすれば結婚できるはず

結婚できない状況をプラスにとらえてみよう!

結婚できない今でしかできないことを考えてみましょう。つまり、結婚できないという現状をプラスにとらえてみるのです。このときも、マイナスではなく、プラスの状況にとらえてみましょう。

以下、例を挙げてみます。

・結婚できないお陰で、自由に時間とお金を使える
・結婚できないお陰で、さまざまな男性と会話できる
・結婚できないお陰で、仕事に専念できている

リフレーミングのテクニックで目の前の不安を打ち消せば魅力もアップする!

「意味をプラスにする」「状況をプラスにとらえる」というのは、マイナスをプラスに捉え、気持ちを楽にするためのテクニックです(『NPLのリフレーミング』)。

だから、「リフレーミングで気持ちを変えたところで、何の状況も改善されない」と思うかもしれませんが、それは誤解です。

不安でたまらない気持ちは、表情、しぐさなどの『ノンバーバルコミュニケーション(非言語によるコミュニケーション)』や、ふとした言葉に、にじみ出てくるものです。また、不安な気持ちにおされて男性へ結婚を迫り、「怖い」と思われているかもしれません。

だから、リフレーミングで不安な気持ちを打ち消せば、あなたの表情、しぐさに魅力が戻りますし、男性に結婚を迫って怖いと思われることもなくなることでしょう。

ちなみにボクは、アラサー、アラフォーと、さまざまな男女と出会ってきました。あなたのように不安に苛まれていても、結局、幸せを掴んでいる人も多々いるので、あまり悲観することはないと思いますよ。

●ライター/水瀬翔(口説き専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする