現役教師に聞いた! 好きな先生に好感を持ってもらえるLINEの送り方

【相談者:10代女性】
高3女子です。2年前から好きな先生がいます。その先生は担任でしたが、高3になると同時に転勤してしまいました。その先生に告白したこともありますが、「まずいよね」と断られてしまいました。でも、バレンタインも渡し、LINEも交換しました。とはいえ、既読無視は当たり前で、たまに返信があってもすぐ途切れてしまいます。

そこで質問です。先生にどんなLINEをしたら、好感を持ってもらえるのでしょうか。それと、顔文字やら「w」「(笑)」をつけてもいいんでしょうか。あと、「会いたい!」や「好き!」ってLINEで言ってもいいんでしょうか。

a 「大人の女性」をアピールしよう。

ご質問ありがとうございます。先生恋愛専門家、佐々木です。

転任された先生を今でも好きで、何かメッセージを送りたい! ということですね。「まずいよね」と言われたということは、先生にとって質問者さんは、「大切な生徒」ということだと思います。

生徒のままでは付き合うことは難しいので、「女性」として見てもらわなければなりません。ということは、大人のメールやLINEのマナーを学ぶことが得策ではないかと思います。

今回は、現役の男性教師への取材から、好感を持つLINEの極意についてお伝えします。

140702sasaki

「既読無視」の考え方

まずは心構えについてです。基本的に、「返信は必ず来るものではない」ということを理解しましょう。

学校での先生はあくまで“仕事の姿”。オフの時間は人と話したくないと言う先生も少なくありません。同世代とのLINEと同じように捉えず、「既読無視された! 私に気がないんだ……」と悲観的にならず、「既読になったってことは、見てくれたんだ!」と捉えましょう。

報告と相談

それでも、何かメッセージを送りたい、私のことを忘れてほしくないと思う時は、報告をしてみましょう。「学校で、こんなことがありましたよ」「楽しくやってます」「みんな元気です」と、できるだけ明るく伝えてみるのです。

どうしても返信がほしいときは、相談することがおすすめ。「ちょっと困ったことがありました。先生にどうしても聞いてほしいです」と、今でも先生として頼りにしていることをアピール。真面目な先生なら、何かしらの返信をしてくださるはずです。

ただし、相談はあまりにも暗いと「重い子」、相談ばかり続くと「面倒な子」だと思われ、好意的に思ってもらえない可能性が高くなりますので、要注意。ここぞという時にだけ使いましょう。

書き方のテクニック

言葉遣いについてですが、「w」や「(笑)」は控えめにした方が無難、正しい言葉遣いで送りましょう。固すぎると思うくらいでちょうどいいと思います。

それらの言葉は、お友達同士ならいいですが、生徒から女性にランクアップしたいのであれば、正しい言葉遣いを心掛けた方が好感度アップです。

LINEを送るとき、文頭には、「お忙しいところ、すみません」、文末には「返信不要です! お体には気を付けてくださいね」とさりげない気遣いの言葉を入れてみてください。

赴任先の学校で忙しくされているはずなので、大人の心遣いを見せましょう。「絶対に返信してください」「返信待ってます」は重荷になり、先生も返信する気をなくしてしまいます。

「好き」「会いたい」も、本当に好きだと言いたくなりますが、相手の立場からすると、何度も来ると返信に困る言葉です。ここぞという時にだけ言った方が印象に残ります。

もし、これまで同世代に送るものと同じようなメッセージを送っていたようでしたら、上記を参考に大人のメッセージに変えてみましょう。

質問者さんは高3でもうすぐ卒業ですし、生徒から女性にランクアップできるよう、大人の対応を心掛けてみてくださいね。きっと、「成長したな」「しっかりした一面もあるんだな」と思ってもらえますよ。

【関連コラム】
学校で生徒から告白された先生の複雑な心境とは……
男性が既読スルーしたくなる“うざいメール&LINE”の特徴
“既読”になっているのにLINEで返信がない時の捉え方

●ライター/佐々木恵(先生恋愛専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする