迫るタイムリミット! アラサー女性が彼氏に結婚を決意させる心理作戦

【相談者:30代女性】
私は現在35歳。彼は同い年で交際3年目です。私は結婚を望んでいて、つい、会話の中で結婚をほのめかすこともしてしまいます。彼ははぐらかしたり、なぜか怒ったりして、真面目に考えてくれません。年齢的にも本気で焦り始めています。どうすれば彼に結婚を意識させられますか?

a ほのめかすのは逆効果。正面きって「女の覚悟」を見せてやればいい。

こんにちは。みわあやのです。

差し迫るタイムリミットを感じながら、ジリジリと焦る気持ちを抑えている彼女の思いも知らず、のらりくらりを決め込む彼。

そんな彼に、結婚を決意させる秘訣は何なのか。心理学の側面から探っていきましょう。

140627miwa

深く考えていなくても、責められると反発したくなる心理

「将来的に子どもは2人欲しいなー」「こんな家に住みたいなー」……結婚をほのめかすって、こんな感じかと思います。

でも、あまり頻繁に言われると、相手の都合を押し付けられ、自分の気持ちをないがしろにされた! という気分になることも。

心理学では、『ブーメラン効果』と言いますが、人は「自分の行動を自分の意思で決めること」を脅かされると、反発心を抱いてしまうんですね。それで、その反発心が正当なものであるとするために、理由付けを始めます。

「ただ結婚がしたいだけなんじゃないの? 本当はオレじゃなくてもいいんじゃないの!?」……ときにはこんな風に変換して、自分の反発心を正当化するわけです。

女性サイドは、「好きだから結婚したい」と思っているのですから、話がかみ合わなくて当然ですね。

押し切る? それとも、待つ?

では、放っておいたほうがいいのでしょうか。私の意見としては、彼がその気になるまで待つのがいいと思うんですね。できれば彼自身に決めさせたいからです。

なぜなら、人の心理には『一貫性の原理』というものがあり、自分で決めたことに責任を持ち、貫きたいものなんです。

結婚はゴールではないので、これから長い時間、一緒に協力して家庭を回していかなくてはなりません。そういうとき、この結婚を決めた「初心」って大事だと思うんですね。「自分が決めたことだから」と前向きな気持ちで歩んでいくか、「相手の言いなりになっただけ」とふてくされているかでは、結果は大きく違いますよね。

ほのめかす、じゃなくて玉砕覚悟で決断を迫る!

じゃあ、先の見えない関係をズルズル続けていていいのか。という話になりますが、それもきついわけで……。

日頃から相手の気持ちを思いやれていれば、「彼女も女性だし、子どものことやらを考えたらそろそろ、結婚したいのではなかろうか……」くらい真面目に考えてくれてもいいだろうが!! というのも、当然の怒りです。

もうね、そう思うなら別れたらいいんですよ。世の中には結婚に積極的な男もいますし、もっと思いやりのある男もいます。はい。それくらいの覚悟で、彼にはっきり気持ちを伝えてみるのはどうでしょう。

「あなたが好きで失いたくないから、結婚したいと思っていたけれど、あなたに結婚する気がないのなら、別れるしかない。もう連絡しないで。私にとって、愛する人との家庭を持つことは、人生の重要事項だから」とでも。

彼としては交際を続けようとしているわけだから、それを途中で制限、禁止された状態です。禁止されるとかえって「やり遂げたい」となって、心が動かされるのが人間心理。心理学では、『カリギュラ効果』と呼ばれます。

人がなんで結婚をするのかって、いろいろあると思いますが、理由の一つに、「一緒にいたい、離れたくない」から、というのがあると思うんです。相手を失わないための代償という感じですね。

2人でいるのが当たり前になってしまった。そんな、緊張感のない関係に揺さぶりをかけるために、こちらの覚悟を見せつけてやるのは、効果的だと思いますよ。

相手に覚悟を決めさせるには、こちらも覚悟が必要、というところでしょうか。

●ライター/みわあやの(カルチャー専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (6)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする