一回り年下の彼氏と付き合いたい!賢い年上彼女が知っておきたいこと

仕事に打ち込みつつ「いつかいい人が現れる」と待っていたら、同世代は既婚者ばかりになっていた、ということは最近よくあるケースです。
実際、彼氏にしたい人の年齢を考えると、年上男性は介護が目の前だし、未婚で「いいな」と思う人は年下ばかり……なんてことも。

年下といっても1~2歳ではなく、一回りも下になってくると、自分の年齢を考えて二の足を踏んでしまうこともあるようです。

そこで、男性視点での年上女性と付き合うメリットや、知っておいたほうがよい問題点、年下男子への効果的なアプローチ方法などをお伝えします。

年下の男性と付き合いたい方も、すでに年下の男性と付き合っている方も必見です。
年上の女性と付き合う男子の心理を理解して、男性の心をがっしりと掴んで下さい。

男子がみる年上女子と付き合うメリット

年下の男性には、年上の女性を好きな人たちがいます。
なぜ、出会う機会の多い同年代や、若い年下の女性ではなく、年上の女性に憧れをもつのでしょうか。

一回り年上の女性と付き合う男性は、どんな女性に惹かれるのか、女性にどんなことを求めているのか、まずは年下男子が年上女子と付き合うメリットを紹介します。

(1)大人の余裕が魅力!包容力のある女性

一回り年下の男性は、年上女性の包容力に惹かれるようです。

  • デートでうまくエスコートできなくても呆れた顔を見せず、フォローする
  • 男の気持ちや立場を理解し、飲み会の最中に連絡の催促をしない

このように寛容な対応をすると、若い女性にはない寛大さや、余裕に安心して男性は癒されます。

(2)背伸びしなくていい距離感が心地よい

男性は年下の女性が相手だと「俺がひっぱらなきゃ」と強く意識して、疲れてしまうことがあります。

年上相手だと女性がしっかりしているので、大きく背伸びすることなく、対等でいられるため、心地よいと感じるようです。

(3)人間的に成長できる

これまで付き合った人のなかに、相手が好きだった歌手を自分も好きになったり、趣味や考え方が似てきたことはありませんか。

人は、お付き合いしている人の影響を、良くも悪くも受けます。

年齢差があることで、お互いに違う意見や世界観を知ることができ、視野を広げ成長できるのです。
年上の女性が好きな男性は、自分自身が成長するために、そのような相乗効果を期待していることもあります。

(4)よきパートナーであり相談相手

一回り年上の女性は年下男性より、社会経験が豊富です。
社会的地位も経済力も女性の方が上、という場合もあるでしょう。

さまざまな経験を積んだからこそ、男性の話に共感やアドバイスをでき、そんな年上の女性に年下男子は惚れてしまうようです。

効果的な年下男性へのアピール方法

女性から年下の男子へアプローチするのに、気後れしてしまう方もいるようです。
しかし、年齢を気にする必要はありません。

年上だからこそ、より効果的にアプローチできることもあります。
つぎは、効果的な年下男子へのアピール方法をご紹介します。

(1)褒め上手がモテる秘訣

男性は女性から褒められることが大好きです。

それが、自分より経験豊富な年上女性からだと効果は倍増します。
彼の仕事ぶりや行動、様子を観察し、さりげなく褒めてあげてください。

例えば同じ職場の彼には「最近、頑張ってる成果が出ているね」や「〇〇君のプレゼン、わかりやすくてよかったよ」のように、具体的に褒めることがポイント

プライベートの趣味などで会う機会がある彼には、服装や髪形、趣味の内容など、些細なことでも、具体的かつ適切に褒め言葉をかけてあげてください。
褒められて喜ばない人は、なかなかいません。
次第に彼もあなたのことが気になりだし、特別な存在になっていくでしょう。

(2)リードされてあげるのも大事

あなたが年上女性だからこそ、男性を立てましょう。

女性の方だけが年の差を気にしているのではなく、年下の男性にとっても、気になる女性が年上なのはコンプレックスになるケースが多いのです。

好きな女性の前でかっこよくリードしたくても、相手の方がいろいろ知っていたり、お給料や地位だって、女性の方が上かもしれません。

寛大な心で、一歩下がって見守って、人前では立てるようにしましょう。
彼も大人の女性をリードできたことが自信になり、よりイイオトコに育つかもしれませんね。

(3)ギャップは恋愛の促進剤

男性にとって、恋愛と意識していくうえで大事なのはギャップです。
「他人は知らない秘密」や「自分の素」を彼だけに見せてください。

女性のなかには、社会で生きていくうちに、弱さを隠して強がっている人もいます。
そんな弱さを、彼だけにポロッと見せることは、彼にとって「自分だけ」という特別感と、強さと弱さのギャップにキュンとし、グッと興味を抱くようです。

人は既によく知っているものより、よく知らないものの方が、もっと知りたいと好奇心を掻き立てられます。
たまに見せるギャップは、そんな好奇心を刺激するのです。

(4)目指すのは「綺麗なお姉さん」

一回り年下の男性と付き合うとなると、ファッションやメイクにも気合が入ります。
ここで気を付けたいのが「若作りをしない」ということ。

男性の年代にあわせた服装やメイクをする必要はありません。
一回り年下の女の子と同じ土俵で戦っても、肌のハリや皺、髪のツヤの分不利です。
ですが、年上だからこそ出せる色気があります。
背筋を伸ばし、チラ見せ、部分見せで、品よくいきましょう。

また芸能人や一般人でも、実際の年齢よりも大幅に見た目年齢が若い、美魔女と呼ばれるようなアラサーやアラフォー、アラフィフに見えない女性たちも増えてきました。

男の人は、そんな綺麗で経験や教養のある、なかなか手にはいらなさそうな女性は、価値が高く感じ燃えるそうです。
そんな高嶺の花のようなきれいなお姉さんを目指してもよいですね。
相手に合わせるのではなく、自分に似合うファッションやメイクを楽しんで下さい。

年の差カップルに立ちはだかる壁とは?

次に、女性が年上の年の差カップルだからこそ、ぶつかってしまいがちな悩みや、問題を紹介します。
あらかじめ知って、対策やルールを考えて覚悟しておけば、いざというとき余裕をもって乗り越えられるかもしれません。

(1)ジェネレーションギャップを感じる

過去の話が通じない、というのは、年の差カップルのあるあるかもしれません。

「当時」や「あの頃」の話をしようとすると、うまく通じないことがあるようです。
どうしてもその年代に流行していたものや、ニュースなどが違うため噛みあわず、毎回説明したり知っているか確認する必要が出てきます。

(2)周囲の目が気になる

一回り以上年の差があると、友達や同僚など他人に報告したときに、お節介にも苦言を呈してくる人が出てきます

また、彼の家族への評判が気になる人が多いようです。
結婚願望のある女性が、年下の男性と付き合うときに、年齢差ゆえに反対されることも。
結婚するとなると、妊娠や出産が可能なのかや、老後や自分の両親の介護など、さまざまな問題が表に出ることがあります。

(3)浮気が心配

同年代や年上男性とお付き合いするより、年下男性と付き合うときの方が浮気に敏感になってしまうようです。

とくに自分に自信がない女性は「年下の女の子の方が、若くて話も合うし、いいんじゃないか」と悩んでしまう傾向があります。

(4)彼に振り回されてしまう

恋愛に夢中になりすぎて、今まで築いてきた仕事での信頼を、崩してしまう場合があります。

可愛い彼のわがままが最優先になり、仕事をないがしろにして、自分のキャリアを傷つけてしまわないように気を付けましょう。

どうすればいい?うまくいく方法を知りたい!

先ほどは年の差カップル特有の悩みをお教えしました。
ですが世の中には、一回り年下の男性とうまくいっている女性たちもたくさんいます。

交際、結婚、別れ、この差はどこからくるのでしょうか。
上手くいくカップルの傾向をみれば、なにかをつかめるかもしれません。

(1)結婚は彼のごり押しが効く

歳の差カップルが夫婦になることへの最後の壁は、相手の両親に結婚を反対されることではないでしょうか。
とくに女性が年上の場合、妊娠・出産へのタイムリミットの問題があります。

そのため、結婚の報告に行ったら、彼の母親に「子どもが産めないのでは」と反対され泣かれてしまった、更には大反対にあい、別れを選んでしまったというケースもあります。

この場合、鍵となるのは、彼の強い意志です。
子どもの幸せを、願わない親はいません。
彼が「どうしても、この人と結婚したい」と説得すれば、乗り越えられる場合が多いようです。

また結婚して幸せに暮らしていれば、年上ならではの良識や常識的な行動をすることで、だんだん義理の両親とも仲良くなれるケースもあります。

(2)アンチエイジングは欠かさない

本命の彼女になれば、彼はシワもたるみも、まるっと全部を愛してくれるでしょう。
しかし、それは基礎努力が大切

好かれているという事実におごらず、けなげに努力する姿に男性はキュンとするようです。

そのため、若作りをする必要はありませんが、中年のオバサンではいけません
体型維持や美容によいとされる抗酸化物質を多く含む栄養素を摂取するように、栄養バランスのとれた食事を心がけたり、正しい肌ケアや、うるおいのある髪を維持するなどで見た目年齢はぐっと若くなります。

その年代ならではの美しさを得るための努力は必要です。

(3)素直な「好き」が大切

上手くいっている年の差カップルは年齢差に怯まず、お互いに「ひとりの人間として好き」という気持ちを大事にしているようです。

年上だからといって上から目線になるのでも、卑屈になるのでもありません。
ジェネレーションギャップも、会話を楽しくさせるスパイスと考えれば、楽しめる秘訣です。

(4)別れてしまうのも間違いじゃない

付き合いがうまくいかなくなったり、浮気をされたとき、すっぱり別れるという決断をする勇気も大切です。

浮気が心配なときは「一度だけなら許す」「きれいに別れる」など自身でルールを事前に決め、ダメなら笑顔でお別れして、次の恋を探しましょう。

(5)出会うならアグレッシブに活動しよう

年下男性との出会いは、趣味やプライベートな場であることが多いようです。

結婚相談所や婚活サイトでは、お互いを知らない分、アラサーアラフォー女は年齢が原因で弾かれてしまいがち。
しかし、趣味の場はお互いを知ってから恋愛に発展するため、相性がよければ年齢は関係なく、進展していく可能性が高いようです。
これから出会いを探す方は、外へ繰り出してみて下さい。

年下男性との恋愛は楽しい

一回り年下の男性とのお付き合いは、一見ハードルが高く思えるかもしれませんが、楽しいものです。

彼との仲を深めて、素敵な関係を築いてください。
そしてなにより、生き生きしている女性は魅力的です!
自分に自信を持って、いい恋愛をしていきましょう。

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (1)

恋愛jpをフォローする