不倫で不幸な人生に陥った女性のリアル実話2つ

【相談者:20代女性】
会社の上司に恋をしてしまいました。でも、その上司には奥さんがいます。不倫でもかまわないので、何とか上司とお付き合いしたいです。

a 不倫で不幸のどん底に陥ったエピソード2つ。

はじめまして、恋愛コラムニストの内埜さくらです。

相談者さんは、社内の既婚上司に恋をしてしまったとのこと。「不倫でもかまわない」とお書きになられていますが、不倫関係になることは、実はとても簡単です。

しかし、小説や映画であればかまいませんが、私は、実生活で不倫をすることはオススメできません。恋愛相談を受ける中で、実際に不倫をして不幸になってしまった独身女性を知っているからです。

相談者さんには、彼女達と同じ道を歩んでいただきたくないので、そのケースを参考にして下さい。

※プライバシー保護のため、エピソードを修正しています。

140623uchino1

(1)相手の奥様から慰謝料300万円を3回に渡って請求された

これは、好きになった相手が既婚者ばかりで、3人の相手と不倫をした事実がすべてバレて、相手の奥様から慰謝料を請求されたケースです。

3人の男性いずれも、不倫が発覚した途端に奥様の元へ戻り、離婚はしなかったそうです。彼女に残されたのは、慰謝料という借金だけ。自分が蒔いた種とはいえ、金銭的にも精神的にも大きなダメージを受けたことは間違いありません。心配で何度かメールを送ってみましたが、音信不通になってしまいました。

(2)ズルズルと不倫を続けて完全に婚期を逃す

20代後半で初めて不倫をしたという女性は、私が相談を受けている期間に40歳を迎えました。不倫は実生活を伴わず、ずっと恋愛をしているような感覚だったため、気づけばその年齢に達していたとのことです。

40歳と言えば、結婚して子供を望む男性からは必然的に敬遠されてしまう年齢です。そして、不倫をしていた過去を持つ女性を嫌う男性は、当事者が考える以上に大勢いるのです。彼女は現在も不倫中ですが、「結婚はもうあきらめた」そうです。


このように、不倫は女性としての経済価値を持つ若さを失わせ、発覚した際は多額の金銭的負担を強いられるものなのです。

相談者さんには、こんな辛い道を自ら選んでほしくはありません。ですからどうぞ、その思いは片思いのままで留めておいて下さいね。

●ライター/内埜さくら(恋愛力アップ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (13)
  • うーん (14)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする