人生初のモテ期!? 2人の女性から好意をもたれて悩む男性のベストな3つの選択肢

【相談者:30代男性】
相談します。僕は今年で30歳になる会社員です。決してモテるわけでもない僕に、最近2人の女性との出会いがありました。1人は1年前ごろに、男女大勢で遊んでいた中の1人です(A子)。彼女とは同業種ということもあり、話は合いますが、美人で完璧すぎて僕が見劣りするような感じです。その子から食事に誘われたとき、僕の誕生日が近かったこともあり、サプライズのお祝いをしてもらいました。そして、「これからたくさん一緒に、お祝い事していけたらいいね」と言われました。

もう1人は、15年来の幼馴染(B子)で、お互い意識したことは全く無かったのですが、先日僕の家で飲んでいるときに、お酒の勢いと、なんとなくの雰囲気でキスをしてしまいました。その後から、幼馴染の態度がなんだか変化しています。よく誘われたり、誕生日も僕の家で料理を作りたいとも言ってきました。

僕も30歳なので、ある程度の人からの好意は分かります。同時期に2人からこういう風にされることは初めてです。いきなりすぎてどうしていいかわかりません。何か対処法をよろしくお願いします。

a 幸せ者! 出会いは大切に、そして“人を好きになれる力”をつけましょう!

相談ありがとうございます。ライターの貴千尋です。

まぁ、なんて幸せな悩みなのでしょうか。いわゆるモテ期ってやつですか、羨ましい限りですね! こういうのって、なんでバランスよくやってこないのでしょうか? でもそれが、タイミングというものなんでしょうね。そんな相談者さんに、アドバイスを3つほど。

140612higa

(1)そもそもの自分の気持ちを確認する

『2人から好意を受けて舞い上がっていてもしょうがない、どちらとも付き合わないという選択肢も存在します』(20代女性/営業)

取材をした彼女は、一旦落ち着いて状況を把握するのが大事だと話してくれました。確かにこんなこと滅多に無いことですし、できればどちらかとお付き合いして楽しい毎日が送れれば、なんて楽しい想像をしちゃいますよね。しかし、1度冷静になってみましょう。アナタはどちらも好きなのでしょうか? それともどちらも好きではないのでしょうか?

少しズルい、且つ冷静な判断としては、気持ちがはっきりするまではどちらともデートしていてもいいと思いますよ。そしていいところをたくさん探し、“どちらかを好きになるため”に、前向きな意識でいてくださいね。

(2)女性は“言ってほしい”生き物

『気になる男性にギリギリまでアプローチしておいて、決定的な告白は男性にしてほしい女性は案外多いのですよ』(30代女性/デザイナー)

そう話してくれた彼女、相談者さんのことを、結構奥手で受身な性格だと感じたそうです。相手からの好意を感じて、改めて意識するのは当然です。でもそれが第1ステップ、彼女からのボールをキャッチしたのなら、次は相談者さんがボールを投げなくてはいけません。

その2人、相談者さんからのアクションを待っていると思いますよ。後々立場が悪くなるような軽率なアクションは禁物です。軽くデートに誘うくらいで、あくまで好意のお返しではなく、好意に対してさりげなく感謝の気持ちを伝えること。

(3)自分と相手の“譲れないもの”を照らし合わせてみる

『相談者さんの中の絶対、そして彼女たちの絶対について1度話してみては? 意外とコレ、明確に違いや人間性がわかるキーワードですよ』(40代男性/会社経営)

会社経営をしている彼、部下たちには必ずしてきた質問だそうです。部下たちと末長く付き合っていくためには、相手の人間性を理解し、密なコミュニケーションを図ることが大切だと話してくれました。それはいつまでも奥さんと円満で居ることと、違うようでほぼ一緒だそうです。

人と人は、縁もあるかもしれませんが、お互いうまくやっていこうと努力する気持ちも大事ということなのですね。


いかがでしたか? 今回の質問に関する回答、選択肢は3つ。「A子さんと付き合う」または「B子さんと付き合う」、そして「どちらとも付き合わない」ですね。

相談者さんはひとまず、1つ目のアドバイスを行いながら、決定的なタイミングで3つ目のアドバイスを決行することが望ましいでしょう。それでも気持ちが固まらないのであれば、今回はご縁がなかったと解釈するとか。

しかし、受身のままでは何も始まりません。愛想を尽かして2人とも去っていくかもしれません。せっかく訪れた恋愛のチャンス、逃さないでくださいね♪

●ライター/貴千尋(恋愛観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする