年相応の服はNG!? 地味になりがちな40代女性がファッションを楽しむコツ4つ

【相談者:40代女性】
40代になり、好きな服と似合う服が違うような気がして、どんどん地味になっています。「地味にしてると老けるよ」と友達には忠告されるし、どうしたらよいものかと。もともとカラフルな色も好きですし、春夏はとくに惹かれます。無理なく、おしゃれなカラーの取り入れ方があれば教えてください。

a おしゃれのスタートラインは「惹かれる気持ち」を大切にすること。

元ショップ店員で、自分売り専門家の酒井なるみです。

店員時代、相談者さまと似た悩みを抱いておられたお客さまに、カラフルなお洋服をコーディネートして喜んでいただいたことを思い出しました。得意分野ですので、安心してください。

とくに40代以上のお客さまを接客してきたショップ店員にリサーチをかけて、自分らしいおしゃれなカラーの取り入れ方のコツをまとめました。参考になさってください。

140611sakai

いつまでもおしゃれを楽しむ4つのコツ

(1)好きな服を手にとりましょう

『好きだな、惹かれるな、という直感力は使わないと鈍っていきます。何よりそれが老けてしまう原因にもなるので、好きな服を手にとることが大切です。あとは、その主役に合う上手なコーディネートをするのがプロの仕事です』

主役の服は直感で選んだ後、他のアイテムでトーンを調節しましょう。

(2)好きな服が似合う自分を思い描きましょう

『着たい服を着ないようになり、地味な服ばかりを選んでいると、だんだんと気持ちまで地味になっていきます。着たい服、好きな服が似合う自分でいようと努力する気持ちは大切だと思います』

好きな服を着るために体型を気にしたり、メイクにも気を配ったりする……楽しみながら努力できたらいいですね。

(3)数より質を大切にしましょう

『自分に服を合わせていたら、1年、1年、確実に目に見えて老けていくのが当たり前。みなさんよく「年相応」の意味を勘違いされていますが、年をわきまえることではありません。恥ずかしくない適度な上品さを意識しましょう』

色よりもポイントとなるのは、素材や形です。よい素材、形を見極める目を養ってください。

(4)お金をかけるアイテムにメリハリをつけましょう

『おしゃれなお客さまは、ジャケットやバッグにはお金をかけている人が多いですね。カットソーやキャミソールは上手にお値打ちなものを取り入れています』

何にお金をかけるかのバランス力を磨きましょう。

自分のセンスを信じて磨きつづけよう

いかがですか? 少しはモヤが晴れましたか。もうひとつポイントを付け加えると、「色」よりも「色味」を見ることで、好きな色はいくつになっても着られます。

たとえば、「もうピンクなんて着られない」という凝り固まった考えではなく、「このピンクの色味、素敵」というセンスを磨いてください。

ファッションをトータルコーディネートで見る癖をつけると、色の足し算引き算ができるようになります。そうすれば、いつまでも好きな色を選ぶことに抵抗はなくなると思います。おしゃれを楽しんでください。

【関連コラム】
アラサー女性のイタ過ぎる若作りファッション4選
色別! ファッションの色と恋愛の関係性
恋愛運がアップするファッションカラーとは!?

●ライター/酒井なるみ(自分売り専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする