パートナーは必要不可欠!? 結婚以上に幸福感を高める3大要素とは

【相談者:20代女性】
最近、友達と「幸せってなんだろうね」とよく話題になります。特に20代後半になると、女性は結婚のプレッシャーが強くなると思うんですが、幸せを感じるのにやっぱりパートナーの存在は必要不可欠なんでしょうか? 教えてください。

qa_a ある調査によると、幸福感を高める3大要素は「お金」「体」「心」だそうですよ。

ライターの雪見かおるです。ご質問ありがとうございました。

幸せについてのご相談ですね。たしかに男女とも年齢が増すごとに、パートナーの存在が気になってくるもの。なかでも結婚は、生涯を左右しかねない大事な選択肢のひとつですよね。

相談者さんは、「幸せを感じるのに、やっぱりパートナーの存在は欠かせないのかな……?」と悩んでいるとのことですが、とある調査が、「幸せ」についてこんな興味深い結果を発表していました。

140610yukimi

幸福感を高めるのは、どれも生きていくために必要なもの

調査を行ったのは、“カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社”。なんでも、男女1,525人を対象に『幸せに関するアンケート調査』を行ったところ、「幸せに必要な3大要素」が判明したのだとか。どういうことなのか、さっそく詳しい内容を覗いてみましょう。

まず同対象者に、「幸せのために必要だと思うことは何だと思う?」と聞いたところ、最も数値が高かったのは「収入」で73.2%。続いて、「健康」が71.4%、順に「精神的なゆとり」が67.0%、「経済的なゆとり」が58.7%、「配偶者・パートナー」と答えた人は57.5%だったそうです。

すなわち、これらの上位3つの項目が、多くの人のなかで幸福感を高めるために必要な3大要素ということ。たしかに、どれも生きていくためには必要不可欠なものばかりですよね。自分あっての幸せなので、「お金」「体」「心」とどれも外せないものばかりです。

自分を幸せにしてあげることで、パートナーの存在で得られる幸せも2倍になる

「配偶者・パートナー」の存在もトップ5に入っていることから、自身の幸福感に強い影響を及ぼすことは間違いなさそう。実際、結婚後のことを考えれば、親よりも長く一緒にいることになるパートナーの存在。幸福感はもちろん、自分の人生観も大きく変わりそうです。

ほかにもちょっと興味深いのが、男性よりも女性の方が幸福感の平均値が高いところ。男性が5.92点だったのに対して、女性は6.47点でした。これは女性の方が、「精神的なゆとり」を幸福感として大切にしているからなのだそう。

そう考えると、パートナーとして一緒になる女性の存在が、男性の幸福感を上げるとも考えられるかも? とはいえ、あくまでも幸せは自分の足で立ってこそ、人にも幸せを与えることができるもの。

パートナーの存在も自分が幸せになるうえで欠かせませんが、まずは自分が幸せになることを念頭に置いてあげると、より自分の人生を幸せに過ごせるのかもしれませんね。

【関連コラム】
30歳からの人生、結婚にとらわれず「幸せとは何か」を見出す方法
女性にとっての「幸せ」や「成功」の定義とは?

●ライター/雪見かおる(セクシュアリティ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする