正直ウザい! お酒が入ると熱弁する男性のあしらい方4つ

【相談者:20代女性】
今、社内に気になる人がいるのですが、顔を合わせれば話す程度の仲で、連絡先も知りません。また、部署が違うため、飲み会などの機会でもない限り、なかなかアピールできないのです。ただ、うちの会社は滅多に飲み会がないうえ、お酒が入ると仕事について熱く語り始める上司や同僚が多いので、それにつかまってしまうと、飲み会が終わるまで延々とその人たちの話を聞く羽目になってしまいます。私としては、ちょっとでも彼と話して、チャンスさえあれば連絡先を交換したいのに……。

お酒が入って、熱く語り始める男性を止める方法ってありませんか?

qa_a 相手の機嫌を損ねることなく、うまく話を中断させましょう。

ご質問ありがとうございます。コラムニストのLISAです。

男性上司に限らず、お酒が入ると熱く語り出してしまう人っていますよね。

もちろん、お酒の席だからこそ、腹を割って真剣な話ができるときもありますが、大抵、会社の飲み会などで語り出してしまう人の話って、学生時代の校長先生の話並みにどうでもいい内容なんですよね。

そこで今回は、ホステスやキャバ嬢といった水商売のプロの女性たちに取材を行ってきました。毎晩、お酒の席で何人もの男性を相手にする彼女たちから、熱い話を長々と語り出す男性の上手なあしらい方について教えていただきました。

140609LISA

お酒が入って、長々と熱く語る男性のあしらい方4つ

(1)強引に話題を変える

『自分が興味のない話や、知識のない話のときは、強引に話題を変えます。例えば、株の話をされ続け飽きてしまったときは、「株より宝くじの方が夢を見れそうだけどな……あっ、もし1億円当たったらどうする?」といった感じで』

相手の気分を害することなく、長い話を止めるためには、自然な流れで話題を変えることが一番。また、あまり相手が食いつきそうじゃない話題へと変えることができれば、再び長々と話をされる心配もありませんしね。

(2)いきなり大声を出してみる

『相手がだらだら話しているときは、突然「あっ!」とか「痛っ!」って大声を出してみるといいですよ。「どうしたの?」って聞かれたら、「洗濯物干しっぱなしだったのを思い出したの」「姿勢を変えたときに自分で自分の足を踏んじゃって」とか適当に答えて、会話の流れがとまったタイミングで話題を変えちゃうんです』

ちょっとむりやりに思える方法かもしれませんが、お酒が入っている席であれば特に問題ないのかも。ただ、あまりにも大声すぎると相手の心臓に悪いので、声量には気をつけましょう(笑)。

(3)他の人を巻き込む

『1対1だと永遠に話しが終わらなさそうなので、そんなときは周りにいる人も巻き込んじゃいます。「そういえば、○○さんも前に同じような話してたよね?」と、相手が遠くにいても無理矢理呼びつける。数人態勢で話が長い人の相手をすれば、交代で抜けられたりしますからね』

巻き込まれた側からすればいい迷惑でしょうが、1対1の話が延々と続くことを考えれば、多少の犠牲はつきもの。もちろん、巻き込んだ人にはあとできちんと謝っておきましょう。

(4)最終手段はトイレへ避難!

『私は気が弱くて、むりやり相手の話の腰を折ったりできないので、いつも「ちょっとごめんなさい」と一言謝って、トイレへ逃げます。それに、お酒の席であれば、頻繁にトイレへ行ってもそこまで怪しまれません』

結局、一番簡単に逃げ切れる方法は、トイレへの避難なのかもしれませんね。そして、トイレから帰ってきたときに、元の席へ戻るのではなく、さり気なく意中の彼がいる席へ移動できれば完璧です。


飲み会で話の長い上司に付き合わされるのは確かに面倒ですが、あまりにも嫌々とした態度で話を聞いていると、相手の機嫌を損ねてしまう場合もあります。そうなると、その場の空気自体が悪くなってしまうので、上手なあしらい方をして、みんなが楽しく飲めるような場にしましょう。

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする