別れの原因は自分にアリ? 幸せな交際を長続きさせるための心構え3つ

【相談者:30代女性】
私は男性と交際しても続きません。すぐに関係が悪化し、かなり気まずい感じで別れます。もちろん、恋愛初期は愛し合っていたと思いますが、だんだん雰囲気が悪くなって、トラウマになるような気持ちでさようならになってしまいます

だめんずを引き寄せるのか、自分が悪いのか、まったく分かりません。友達からは反省しろと言われますが、それで何か変わるのでしょうか? 教えてください。

qa_a 気が付いたあなたはえらいのです! 前向きに!

ご質問をありがとうございます。スピリチュアル専門家の加藤かとるです。

あなたのお悩みは、男性との交際が続かないのと、関係が悪化してしまうことですね。トラウマになるような別れ方とは、なかなかキツイ話ですね。心の傷になるような出来事はなるべく関わりたくないものですが、そんな状況を作ってしまっている自分に気付いたあなた! そう、そこから解決案が導き出されるのです。

th_140604kato

お別れの原因をつきつめて考えましょう

あらゆる対人関係においても言えることなのですが、うまくいかなくて、お別れになってしまったとき、まず相手の欠点を思い出しますよね。そこで、お相手のどこが悪かったから、私は辛かったとか、自分を正当化します。これは心の防衛機能が働いているので、自然な感情です。

しかし、ある程度の期間が過ぎたら、次は「自分がお相手に対して、どう行動したか?」「そもそもなぜあの人と恋に落ちたのか?」と思い出してみてください。そして、自分の行為行動はどうだったのかと反省しましょう。

物事は因果応報です。原因があって結果に至るのは、真理なのです。そこから得られるものは絶対にあります。

離婚経験者に学ぼう! 被害者意識を消して!

筆者は、離婚経験を持つ女性が再婚する前に、必ず言う言葉を知りました。

『お互い様だった』

これです!

離婚した夫やその家族ばかりを責めず、自分が何をしたか学んだ女性は、次のチャンスを捕まえることができるのです。もちろん、離婚はハードな経験ですし、そこで自分のことを反省するのは、相当な覚悟が必要でしょう。

夢実現プロデューサーで夢分析心理学の専門家である菅原隆志氏は、こう述べています。

『被害者意識をなくすということは、気づかないでいる攻撃的な自分をやめることです。自分を傷つける被害者意識を捨てて、被害者も加害者もいない状態に心を持っていきましょう』

被害者意識は、確かに必要な時期もあります。しかし、そこで苦しまないように、理性を持って次のステップに進みましょう。

過去の恋愛は次の恋に活かそう! それがあなたの魅力なのです

あなたはまだお若いようですし、未来があります。ご質問を拝読いたしますと、恋愛経験も豊富そうですね。魅力があるのでしょう。

過去の恋愛経験をネガティブな話として終わらせず、次の行動でどう活かすか、ちょっと配慮するだけでかなり人間関係が変わると思います。

そんなあなたが、永遠に心を寄せる男性に巡り合えるよう、私も望みますよ!

【関連コラム】
だめんず好きな女性たちの共通点3つ
ヒモ男の特徴5つ! 貢がせ上手な小悪魔男子に気をつけて
ダメ男にどっぷりハマってしまう女性の特徴3パターン

●ライター/加藤かとる(スピリチュアル専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする