亭主関白ってホント? “九州男児”の特徴とうまく付き合う方法

【相談者:30代女性】
最近、九州出身の男性と付き合い始めました。今まで私は関西で暮らしていたので、九州の知り合いもおらず、九州の人に接するのは彼が初めてでした。

九州男児というと、頑固・亭主関白など、なんだか少し腰が引けてしまうような怖くて厄介なイメージがありますし、結婚したら苦労するという噂も聞きます。年齢的にも結婚を意識していますので、友人にも「九州男児は難しいよ」と言われたりして、少しビビっています。

実際の九州男児ってそんなに難しい性格なのでしょうか?

a 九州男児には素敵な魅力がたくさん!

はじめまして。ご相談ありがとうございます。ライターのコマツです。

著者も相談者さんと同じく関西で育ち、たくさんの関西男子とお付き合いしてきて、最後に九州男児である今の夫と結婚しました。

九州男児は確かに亭主関白で頑固で、自分では何もしないようなイメージがありますね。

しかし、九州に嫁いだものとして、彼らには関西人にない素晴らしい魅力がたくさんある、と言うことができます。

今回は、九州男児のイメージと実際の彼らの魅力を、九州男児の嫁の意見を踏まえてお答えさせていただきたいと思います。

140603komatsu

彼らは本当に亭主関白なのか?

九州男児というととにかく、「亭主関白」というイメージが強いもの。

亭主関白といえば、黙っていてもご飯やお風呂が用意され、従順な女性を好み、自分の我を強く通す。

良く言えば「古き良き日本男性像」、悪く言えば「わがままで身勝手」ですが、そう言ってしまえば日本の男子の多くが亭主関白ということになってしまいますよね。

確かに亭主関白な部分もありますが、私たち他県の人間がイメージする亭主関白と違い、「やるときはやる」「大切なことは男性が決める」「家を守るのは男性だという意識が強い」など、本来男としてのあるべき姿に誇りを持って育った彼らは、女性が頼もしいと思う部分をすべて持っている、とても魅力的な男性です。

(1)女性を褒める

九州に嫁いで驚いたのは、多くの男性が情に厚く、それゆえ奥さんを大切にする人が非常に多いこと。

関西に住んでいればお分かりかと思いますが、関西人は自分の彼女や奥さんを人前であまり褒めません。

誰かに、「おたくの奥さん素敵ですね」と褒められようものなら、「全然そんなことないで! あいつは家では鬼やで!」など、照れ隠しも相まって、ついつい妻をバカにしたりこき下ろしたりしてしまいます。

しかし、多くの九州男児は、「彼女は家ではよくやってくれてるよ」などと妻を褒め、妻に対して感謝の気持ちを持っている人が多いのです。

むしろ自分たち男性のことを、「九州男児はダメなやつばっかりだから、女がしっかりしているんだよ」と謙遜することが多いほど。関西人男性とはまさに真逆です。

(2)育児に協力的

感謝を素直に表すことが上手な九州男児は、育児などにも協力的。

関西では、心のどこかで「家事や育児は女がするもの」と思っている男性も多く、育児や家事を手伝うことが恥ずかしく思う男性もいるほど。

しかし、面倒見がよく頼りがいのある九州男児は、育児などにも協力的で、子供の面倒をよく見てくれるようです。

九州に嫁いだ著者の友人も、みな口をそろえて『九州男児は育児や家事に協力的』だと言います。

(3)ケチケチしない大らかさがある

日本屈指の酒どころ九州は、やはり酒豪がそろうお土地柄。

豪快にお酒を飲み、あまり金にケチケチせず楽しむことに全力を注ぐ九州男児たちは、時にお酒での失敗をすることもあり、女性としては少し苦しい時もあります。

しかし、九州では男性と同じく女性もお酒を飲む人が多いので、女性が飲み会などに参加するときなども、とても気分よく送り出してくれる人が多いのです。

関西には、年配の方になればなるほど、「女が外で遅くまでお酒を飲むなんて……」という古い偏見が残っている人も比較的多いのですが、九州では、年配の女性がお友達との飲み会で遅くなる、なんてこともけして珍しいことではないようです。


人には性格というものがありますから、もちろん九州男児が全て良い男性ばかりではないと思いますし、九州に嫁いだ女としての苦労もたくさんあります(笑)。

しかし、私たちが一般的に持つ九州男児のイメージと、実際の彼らには差異があります。彼らは非常に優しく温厚で、楽しいことが大好き。事実、そんな素敵な人たちがとても多いのです。

まずは、相談者さんが彼といて楽しいと思うことが大切です。あまりイメージにとらわれず、彼との恋を楽しんでみてください!

●ライター/コマツマヨ(リアル恋愛事情専門家)

編集部追記

今回のコラムでは、妻から見た九州男児の魅力として、「(1)女性を褒める(2)育児に協力的(3)ケチケチしない大らかさがある」の3つをご紹介いただきました。

「九州男児/九州男児の特徴/九州男児との結婚」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

九州男児とは?

160516kyushu04

『九州男児』とは、九州地方出身の男性のこと。亭主関白、酒豪、質実剛健といった特徴があると言われています。

生まれた土地がその人の人格形成に影響を与えることはあるそうですが、なかでも『九州男児』という言葉は特に有名です。

典型的な九州男児のイメージとしては、薩摩藩の西郷隆盛などが挙げられます。頑固で男らしい感じがしますよね。

もっとある!? 九州男児の恋愛における特徴6つ

160408riiiho

(1)情熱的な肉食系

九州男児は、好きになったら駆け引きなどは考えずストレートにアプローチします。現代ではめずらしい肉食系です。

惚れたら一途ですが、熱しやすく冷めやすいところがあり、無理だとわかるとすぐに次に移ってしまうことも。

九州男児を射止めるためには、女性にも素早い決断が求められるかもしれません。

(2)結婚が早い

「やると決めたらやる」という性格の九州男児。中途半端な考え方はしないため、好きになったらすぐに結婚を考える傾向にあり、全国一結婚が早いそうです。

2003年の厚生労働省の調査では、男性の平均初婚年齢の1位が宮崎県で28.3歳、2位は佐賀県で28.4歳。この後も、6位が熊本県、9位が鹿児島県と九州の県が続きます。

「今すぐにでも結婚したい!」という女性は、九州男児が狙い目かもしれません。

(3)駆け引きが苦手

好きになったらまっすぐに突き進む九州男児にとって、恋の駆け引きは理解不能。

彼のストレートなアプローチには、女性もまっすぐに応えましょう。下手に焦らすと他の女性に興味が移ってしまうかもしれません。

(4)愛情表現が苦手

シャイな九州男児は女性の前では男らしさを保ちたいため、「好き」「愛してる」などと言った言葉を素直に口に出すことは苦手です。

ただし、不言実行で“四の五の言わずに行動すべし”という考えがあるため、愛情は言葉より行動で示してくれるでしょう。口先ばかりの男性より信頼がおけますね。

(5)いつまでも女性に優しい

男性の恋愛は“釣った魚に餌をあげない”と言われていますが、九州男児は例外です。

愛情表現こそ苦手ですが、いつまでも女性に優しく接してくれます。

電話口で泣いていると、話を聞いてくれるのが関東男子、笑わせてくるのが関西男子、そして、すぐさま駆けつけてくれるのが九州男児と言われています。

(6)女性に支払いをさせない

九州男児は支払いのときに女性にお財布を出させません。割り勘もほとんどないそうです。

“男性は女性を守るもの”という考えから、女性に支払いをさせることはかっこ悪いと思われるそうです。

九州男児とうまく付き合っていく方法2つ

160516kyushu05

(1)外では亭主関白に見えるように立てる

九州男児と付き合うのは大変そうなイメージがあるかもしれませんが、やるべきことは実はとってもシンプルです。

九州の男性は面子を気にする人が多いので、外では彼を立てましょう。彼の一歩後ろを歩く大和撫子を演じてください。

(2)家ではうまくコントロールする

しかし、家の中まで亭主関白に付き合う必要はありません。

九州の男性がたびたび言うように、九州の女性はしっかり者で上手に夫をコントロールしています。

外では夫の顔を立て、家の中では上手におだてつつもしっかり自分の意見も言うこと。

九州男児と円満な家庭を築けるかどうかは、女性のコントロール能力にかかっていると言っても過言ではありません。

九州出身の男性芸能人

福山雅治

九州男児イチのモテ男といえばこの人。歌手で俳優の福山雅治さんの出身は、長崎県長崎市です。

長崎男児は包容力があり、開放的な性格で女性の気持ちをくみ取るのがうまいそうです。

五郎丸歩

ラグビーの五郎丸選手は、福岡県福岡市生まれ。

『スッキリ!!』に生出演した際に明かした好きな女性のタイプは、『一歩二歩、後ろを下がって歩く女性』。大和撫子がお好きなところは、まさに九州男児ですね。

高倉健

俳優で歌手の故・高倉健さんは、福岡県中間市のご出身。

『日本生命』のCMの『自分、不器用ですから』というセリフは九州男児のイメージそのものですよね。

タモリ

お笑いタレントや司会者として活躍しているタモリさんも、福岡県福岡市出身の九州男児。

福岡男児は義理人情に熱く、お祭好きの目立ちたがり屋だそうです。

まとめ

「九州男児とは?」や「九州男児の恋愛における特徴」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

気難しいと思われがちな九州男児ですが、意外とわかりやすくてかわいいところもありそうです。

亭主関白な振る舞いさえ我慢できれば、女性を大切に守ってくれる九州男児。結婚相手として考えてみてはいかがですか?

●モデル/香南TOYO

●追記/恋愛jp編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (15)
  • うーん (8)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする