アラサー女性のイタ過ぎる若作りファッション4選

【相談者:20代女性】
今年29歳になるのですが、周りから「年相応の服装をしたら?」と言われ悩んでいます。彼にも「その派手な格好で隣を歩かれると恥ずかしいから」と言われ、最近はお家デートか出かけても近所の飲み屋くらいにしか連れて行ってもらえません

10代の頃からギャル系ファッションが好きで、今もその延長上にあるようなファッションを好んで着ているのですが、さすがにこの歳でギャル系はダメでしょうか?

a 10代向けに作られた服を着ること自体がイタイ! 年相応のアイテムを探しましょう。

ご質問ありがとうございます。コラムニストのLISAです。

10代の頃から好んで着ている服装があると、何かやめるキッカケがないかぎり、いつまでも同じような格好をしてしまいがちですよね。もちろん、ファッションは個人の自由ですし、着たいと思うものを着てもかまいません! ……と言いたいところですが、それぞれのブランドファッションには、ターゲット層の年代が決められています。

若者向けのファッションビルで扱っている服と、百貨店などで扱っている服では、ターゲット層の年代がまったく違ってきますので、Tシャツ1枚をとっても、形やデザインがまったく異なっているのです。そのため、自分の年代に合っていないファッションアイテムを着てしまうと、やはりどこか浮いて見えます。

今回は、アパレル店員の方に、実際にお店で見かけたことのあるアラサー女性のイタイ若作りファッションについて聞いてきました。もし当てはまるものがあれば、今すぐ、自分のファッションを見直してみてください。

140602LISA

(1)違う惑星からきた不思議ちゃんに見える“ガーリッシュファッション”

女性らしい服装のことを意味するフェミニンなスタイルは、男ウケも抜群! しかし、度を超えガーリッシュなスタイルにまでいってしまうと、下手をすれば不思議ちゃん扱いをされてしまいます。

淡い花柄や白のワンピースはOKでも、ギンガムチェックにフリル付きといったような幼い感じを出すワンピースは着るのを控えましょう。

(2)日本文化をまるっきり無視した“エスニックファッション”

野外フェスやイベントのときであれば、着るだけでその場の雰囲気にとけこめるエスニックスタイル。普段使いとしても、ワンポイントでペイズリー柄を入れたりするのであれば問題ないのですが、柄物のチュニック×サルエルといった全身エスニックのコーディネートをアラサー女性がやっていても、日本では浮いてしまうだけです。

(3)若く見えると勘違いしている“カジュアルファッション”

相談者様がいうギャル系を始め、サーファー系やアメカジといった、カジュアルでラフすぎる格好は、着ている分には楽かもしれませんが、年齢とのギャップが出過ぎてしまうファッションです。

スタッズやラインストーンが散りばめられたワンピースや、真っ赤なネルシャツにボーイズデニムといった若者ファッションを着ていても、決して若く見えることはありません。無理をしていると思われるだけなので、やめておきましょう。

(4)安い女と言わんばかりの全身“ファストファッション”

さまざまなファストファッションのブランドがオープンして、安くて可愛い服が手に入るようになりましたよね。決して、安い服を着ることが悪いわけではありませんが、そこそこの経済力があるはずのアラサー女性が全身をファストファッションで固めたコーディネートをしていると、それだけで安っぽい女に見えてしまいます。

せめて、靴やバッグだけでも良いものを持つようにしましょう。


10代の頃のあなたに似合うファッションがあるように、30代を目前にしたあなたに似合うファッションも必ずあります。無理して過去の自分にしがみつくのではなく、ファッションを通して、新しい自分を探してみてはいかがでしょうか?

【関連コラム】
40代女性が地味にならずファッションを楽しむコツ4つ

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (10)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする