持ち帰ると窃盗罪? 自動販売機からジュースが2本出てきた場合の正しい対処法

【相談者:20代男性】
仕事の休憩中に好意のある同僚と喫煙室で一緒になったので、話をしたくて自動販売機でジュースを買おうとしたら2本でてきました。1本の値段で2本ゲットできてラッキーと思ったのですが……自販機から勝手に2本出たのだから別に受け取っていいのですよね?

qa_a たかがジュース1本であっても犯罪は犯罪!

ご相談ありがとうございます。アディーレ法律事務所弁護士の岩沙好幸です。

自動販売機でジュースを買って余分に1本でてきたら、ついつい「ラッキー!」と思って持って帰ってしまう気持ちもわかります。しかし、安易なその行動は、実は法律的にかなり問題がありますのでご注意ください!

140530iwasa

法律的には、窃盗罪になってしまう可能性が……

ご相談者さんは、ジュース1本分の料金しか支払っておりませんので、勝手に出てきた2本目のジュースは自動販売機の営業主のものとなります。よって、ご相談者さんは別途料金を支払わなければ、2本目のジュースを自由に使用・処分することはできません。

また、2本目のジュースは法律上、その営業主が占有している、簡単に言えば営業主の管理の下にあるという評価をうけることになりますので、それを勝手に持ち出す行為は、窃盗罪(10年以下の懲役又は50万円以下の罰金)が成立する可能性があります。なお、営業主が占有していないと判断された場合でも、占有離脱物横領罪(1年以下の懲役又は10万円以下の罰金)が成立します。

ジュース1本を余分に持ち出すだけでも立派な犯罪になってしまうのです。

落しもの・忘れものには要注意

過去の裁判例では、通話者が公衆電話機内に忘れた硬貨を勝手に持ち去る行為や、他の客が旅館便所に忘れていった財布を勝手に持ち去る行為に窃盗罪を成立させたもの、列車内の忘れ物を勝手に持ち去る行為に占有離脱物横領罪を成立させたものなどもあります。

持ち主に戻しましょう

誰も見ていないからといって、落しもの・忘れものを勝手に持ち去ると、それが経済的に低い価値のものだとしても、法律的には犯罪が成立してしまいます。

今回は自動販売機の事例ですが、たかがジュース1本であっても犯罪は犯罪ですので、場合によっては警察に捕まり裁判にもなりうるので要注意です!


法律の話はこれくらいにしておいて……男たるもの、缶ジュース1本分ケチるようでは意中の相手はゲットできません!! 次回、喫煙室で好意ある子と一緒になったら、ご飯などに誘ってみては? あ、セクハラと思われないように、その点も注意です。

●ライター/岩沙好幸(アディーレ法律事務所:東京弁護士会所属)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする