夜になると落ち込むクセを治す方法

【相談者:20代男性】
情けない相談ですが、よろしくお願いします。今の彼女と付き合って1年。もともと自分は落ち込みやすく、特に夜になると仕事の事や同僚や友達との会話を思い出して、「あんな事言わなきゃよかった」とか考えてしまっていました

彼女はとても明るい子で、付き合ってしばらくは夜のメールなどが楽しくて落ち込むことを忘れていましたが、最近また悪い癖が出始めました。治す方法はありますか?

a 出来なかったことではなく、出来た事に目を向けましょう。

こんにちは。心理食育インストラクターのSAYURIです。ご相談ありがとうございます。

ご相談文を拝読する限り、自己肯定感が低くご自身に自信が持てていないような感じですね。自己肯定感については以前も書かせて頂きましたが、今回は違った角度でお話させて頂きたいと思います。

140529sayuri

夜の反省会はやめましょう

夜、1日を振り返って反省をする。一見、良い事のように思われますが、実は夜になると1日の仕事等で体も脳も疲れていて、思考がネガティブに陥りやすくなっています。そんな時に一人反省会をすると、「○○しなきゃ良かった」「どうして○○出来なかったのだろう」「自分はダメな人間だ」と、ただただ自分に対するダメだしばかりで自己否定を強くしてしまいます。

自己肯定感を高めるには

では、どうすれば落ち込まずに済むでしょうか? 心理学では、自己肯定感は幼少時の親の接し方に大きく影響を受けると言われていますが、毎日の考え方を意識して修正することで、ある程度は改善することが出来ます。

具体的には、「予定していた仕事の半分しか出来なかった」と頭に思い浮かんだ時に、「予定していた仕事の半分も出来た」と「出来なかった」という否定文を、「出来た」という肯定文に修正する作業を頭の中で繰り返すのです。

「あんな事言わなきゃ良かった」と思える様な事。例えば誰かを怒らせたり、悲しませたりした場合は、「あれを言ったおかげで、今後の付き合いで気を付けるべき点を知る事が出来た」「彼(彼女)がその言葉に反応してくれたおかげで、自分の欠点が見つかり改善するチャンスが出来た」このように頭の中で上書き保存していくといいでしょう。

身体と心の疲れを取ってくれる食材

脳や体の疲労から、ネガティブな発想が強くなるのが夜ではありますが、その疲労は食べ物で軽減することが出来ます。それは、大豆の発酵食品に含まれている大豆ペプチド。ペプチドとは肉や魚、大豆等に含まれるたんぱく質が分解される過程で出来るもので、吸収が早いのが特徴。大豆ペプチドは豆腐、豆乳には含まれませんが、納豆や味噌といった大豆の発酵食品に含まれています。量的にはあまり多く含まれていないので、朝晩、納豆を食べるとか、毎食お味噌汁を取る事を習慣にするといいでしょう。

他にも、青魚に多く含まれるEPA、DHAも脳の疲労回復にはいいと言われているので、鯖の缶詰でも構わないので積極的に摂る事をお奨めします。


当然、疲労回復には十分な睡眠。そして気力を落とさない為には朝食の摂取も大切な事ですから、早寝早起き朝ごはんといった生活習慣も身に着けていきましょう。

【関連コラム】
自信を持てない人の“自己肯定感”を高める方法

●ライター/SAYURI(生活心理専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする