ゴムが破けて想定外の妊娠をしてしまった場合、製造業者を訴えられるのか?

【相談者:20代女性】
きちんと避妊していたのに、妊娠しました。コンドームが破けていたんです。今後のことを考えるので頭がいっぱいなのですが、破けていたし責任はこのコンドームを作った会社にもあると思うのですが、会社を訴えることできますか?


ご相談ありがとうございます。アディーレ法律事務所弁護士の島田さくらです。

きちんとした方法でコンドームを使っていたのに、妊娠してしまった。こんなとき、コンドームの製造・販売会社に対して損害賠償請求はできるのでしょうか?

140528simada

立証に難あり

結論から言うと、「このコンドームに欠陥があったから、避妊に失敗したんだ!」と主張して、損害賠償を求めることは、理屈の上では可能かもしれません。しかし、裁判に勝って会社にお金を支払わせるというのは、現実問題ものすごく難しいです。

日本には、製造物責任法(PL法)という法律があるので、商品の欠陥のせいで損害を被った場合、この法律に基づいて損害賠償請求をすることになります。

この場合、あなた側で、

(1)損害が発生したこと
(2)そのコンドームに欠陥があったこと
(3)欠陥と損害の間に因果関係があること

を証拠をもって証明しなければなりません。

(1)損害が発生したことについては、望まない妊娠をして堕胎を余儀なくされたということを立証することになりますが、これは容易でしょう。

問題は、(2)コンドームの欠陥です。「欠陥」とは、当該製造物が通常有すべき安全性を欠いていることをいい(製造物責任法2条2項)、これを立証しなければなりません。

妊娠が発覚する頃には、問題となった彼との関係時に使ったコンドームは捨ててしまっていて、現物が残っていませんよね。となると、まずは未使用の同じ商品に欠陥があること等を立証して、だから、問題となった彼との関係時に使ったコンドームにも欠陥があったよね、ということを推定させなければなりません。

未使用の同じ商品を検査可能な機関に持ち込んで、検査をしてもらうことになるかと思いますが、コンドームは製造・販売の過程で、管理医療機器として様々な検査を受けているので、商品に穴が開いている、強度が足りない等の欠陥を見つけるのは難しいでしょう。

仮に、問題となった彼との関係時に使ったコンドームが残っているとしても、使用方法は間違っておらず、初めから商品に欠陥があったんだというのは難しいです。

また、そもそもコンドームは避妊の効果を100%保証しているものではないので、コンドームが破れたことをもって「欠陥」があるといえるのかという問題もあります。

同じように、コンドームに欠陥があったとしても、(3)の、そのせいで損害が生じたという因果関係を立証するのも、とても難しいです。

英国の例

イギリスで、コンドームに欠陥があったため使用中に破裂して妊娠したんだといって、製造業者を訴えた裁判がありました。裁判所は、コンドームが破裂したことは認めましたが、欠陥については推定せず、請求は棄却されました。

もちろん、法律も裁判制度も異なる部分があるので、日本でも同じ結論になるとはいえませんが、立証の難しさはこの判例からも明らかです。

お腹の命を優先に

検査には多額の費用がかかることが予想されますが、そこまでやって認められる損害は、堕胎費用と慰謝料程度でしょう。費用倒れになる可能性が高いです。

突然のことで、混乱している部分もあるのでしょうが、あなたが考えるべきことはまず、お腹の中の命とどう向き合うのかということです。行き場のない思いをコンドームの製造会社にぶつけてしまっているのでしょうが、訴える云々の話は、状況が落ち着いてからでもできます。まずは、冷静に彼と話し合って、後悔のない決断をしてください。

●ライター/島田さくら(アディーレ法律事務所:東京弁護士会所属)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)

注目の記事

恋愛jpをフォローする