V系好きなバンギャルを落とす方法

【相談者:10代男性】
今、気になる女性がいます。彼女とは共通の友人を通じて知り合ったのですが、どうやら、ヴィジュアル系のバンドが好きな、いわゆる、バンギャルと呼ばれる子で、LINEや電話のやり取りをしているときも、「今からライブに行くんだ」といった話をよくします

自分は、どちらかというとカジュアルっぽい格好で、いたって普通の大学生なのですが、ヴィジュアル系が好きな女性に振り向いてもらうためにはどうすればいいのでしょうか? 自分もバンドマンと同じような格好をすれば、彼女は振り向いてくれますか?

qa_a 彼女のことを理解して見守ってあげることが一番大切!

ご質問ありがとうございます。コラムニストのLISAです。

派手なメイクやパフォーマンスが特徴のヴィジュアル系バンド。彼らのファンであるバンギャル(バンドギャル)と呼ばれる女子を好きになったとき、まず悩むのが、彼女たちはどんな男性がタイプなのか? ということですよね。

そこで、今回は、バンギャルライターの姫野ケイさんに、ヴィジュアル系バンドを好きな女子を落とす方法について、お伺いしてきました。

140519lisa

バンドマンの真似をしても効果無し?

まず、バンギャルに恋をした場合、バンドマンと同じような格好をしたり、自分もバンドを始めてみるといった行動をとるのは効果的なのでしょうか?

『どちらもあまり効果はないと思います。ご自身もV系バンドが好きなら趣味で始めるのはかまいませんが……。また、バンドマンのような格好はステージ上で見るから映えるのであって、リアルで黒服や盛り髪、メイクなどをされるとドン引きされちゃいます。バンギャルが好きなのは、あくまでもステージで演奏をしているバンドマンなのですから。V系バンドを研究してギャ男(V系好きの男性)になるという手もありますが、これは良いお友達で終わるケースが高いです』

自身がバンドマンの真似事をしても、まったく効果はないとのこと。では、一体どのような男性がバンギャルのハートを射止めることができるのでしょうか?

バンギャルが好きな男性のタイプとは?

『人それぞれタイプがあるので、“バンギャルだからこんな男性が好き”とは一概に言えませんが、筆者が出会ってきたバンギャルのコは、体型は細身、顔は薄い顔(メイクが映えるから)、逆に目がくりっとしたハーフ顔が好きな人が多かったです。身長は、高い派と低い派に分かれている気がします。高身長は普通の女子でも好きな人が多いので割愛しますが、165cmくらいの低めがいいと言っていたコの理由は、“高いと見下ろされていて怖い”とのことです。性格は、オラオラ系を好むコは少ないです。繊細そうで優しい人がタイプなのではないでしょうか』

好きな男性のタイプといっても、人それぞれ。必ずしも、こんな男性がタイプ! という決まったものはないのですね。

バンギャルを落とすためのポイント2つ!

また、姫野さんいわく、バンギャルの女性を落とすためには、「V系を否定しない」ことと、「女の子扱いしてあげる」という2つのことがポイントなのだとか。

『怖い、痛い、中二病みたい、と偏見の目で見られがちなV系。V系を知らない人から否定されることはバンギャル自身も分かっているからこそ、否定せずに理解してくれる人はありがたい存在です』

『バンギャルの中には、ライブのために働き、ライブのためだけに休日を使うという、ライブを中心に生活をしている人もいます。ライブに行くために、平日休みもとれるシフト制の仕事に転職をした人も知っています。そのため、普段は全く男性と接する機会がない人も。だから、ちょっと荷物を持ってあげたり、ごちそうしてあげたり、女の子扱いをしてあげると感激するのではないでしょうか』

彼女を理解してあげることが大切

最後に、姫野さんからバンギャルとの恋愛において、大切なことをアドバイスしていただきました。

『もし、無事付き合うことになっても、それからの方が大変なことは多いかもしれません。おそらく、一般の人の感覚では考えられない程の頻度でライブに行きますし、地方に遠征しに行くこともあります。デートよりもライブを優先されることだってあると思います。そこをきちんと理解して、ライブに行く彼女には“楽しんできてね”と笑顔で送り出してあげてください。“ライブと俺、どっちが大事なの?”はくれぐれも禁句です』

バンギャルの女性を振り向かせるためには、彼女が好きなモノを理解して、見守ってあげる気持ちが大切なのですね。確かに、ヴィジュアル系だけに限らず、音楽性の価値観が似ていたり、お互いの好きな音楽を理解しあっているカップルって長続きしやすい気がします。

相談者様だけでなく、バンギャルに恋をしているという男性の方は、ぜひ、参考にしてみてください。

【取材協力/姫野ケイ】
ライター・コラムニスト・作家。大学時代は出版社でアルバイトをしつつ、ヴィジュアル系バンドの追っかけに明け暮れる。現在はweb、雑誌、スポーツ紙などで恋愛コラム、女子ネタ、猫ネタ、小説などを執筆中。
オフィシャルブログ
Twitter

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (10)
  • うーん (4)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする