だんだん疲れてきた……“婚活疲労”を防ぐ秘訣3つ

【相談者:30代女性】
30代に入ってから、焦って婚活を始めましたが、気遣いするばかりで疲れました。たくさんの男性と出会えるのですが、なかなか進展せず、お断りをしたりされたりでまったくかみ合いません。いいな、と思うような経歴の人でも、性格に難があったりして、腹が立ちました

もう婚活をやめたいのですが、将来的に自分の家族を持つことをあきらめられないし、老後を孤独に過ごすようになるんじゃないかと思うと、恐怖です。どうすればいいのでしょうか?

qa_a 婚活疲れに陥る前の予防策を考えよう!

ご質問ありがとうございます。スピリチュアル専門家の加藤かとるです。

あなたのお悩みは、婚活疲れしてしまったことですね。確かに、婚活をしていると、たくさんの異性と回転寿司状態で知り合えますが、そこから進展させるのもなかなか苦労するものです。だからと言って、今あきらめてしまえば、チャンスそのものが遠ざかってしまいますね。

では、婚活疲れに負けないようにするには、どのような方法があるのでしょうか? 一緒に考えてみましょう。

140507kato

婚活をする前に、これだけは決めておくべし!

(1)期限を決めて婚活すること!

無計画な婚活は疲労を蓄積し、お相手の条件を上げる可能性が高くなります。理想的なのは、婚活期間を2年以内にすることです。また、期限を決めることによって、自分を律する気持ちになれるので、ぜひお勧めです。

(2)既婚女性をアドバイザーにしよう!

結婚生活がうまくいっている既婚女性をアドバイザーにすることをお勧めします。独身女性の集う「女子会」も悪くはないのですが、適切な助言を求めるのなら、やはり既婚女性のアドバイスを参考にしてください。結婚の成功者の言葉は、独身の人には思いつかないような発想があります。

(3)理想を減らし、自分の適応力に賭けてみる!

収入が良くて、性格も温厚で、学歴も、などなど条件を上げてしまうと、そこで自分の首を絞めることになります。それ以前に、あなたは自分から、スペックの高い男性に見合うような、良い条件を提示できますか?

結婚は計画通りに行かないことも多いものです。理想の結婚があなたを一生安泰にする保証はありません。必要とされるのは、環境への適応力です。自信を持ちましょう。

恋愛のノリでお相手を選ばないで!

実際に結婚相談所の専門家は、こう述べています。

『恋愛では、相手の長所を見て好きになり、相手の欠点については気にしませんが、婚活では相手の欠点にしっかり目を向けることが重要です。どんなに良いところがある人でも、なかなか我慢できないような欠点がある人との結婚は、やめておいた方が無難です』

恋愛相手と結婚相手の選び方には違いがあります。この人を好きと思えるのが恋愛で、この人と長くいられると思えるのが結婚です。

また、お相手も同様な考えであなたを見ていることを自覚しましょう。それから、自分の長所を伸ばし、アピールポイントを作りましょう! そこに惹かれる男性が、あなたと生涯を共にしたいと願うかもしれませんよ。


いかがでしたでしょうか? 婚活はお互いの気持ちがあってこその世界です。まずは条件ではなく、歩み寄りの姿勢で始めませんか? 気を楽に持つことも、婚活疲れを避ける要因になります。

未来は常に可変性を持つもの。平和な日々も、嵐の晩も、あなたの笑顔で乗り越えて見せてくださいね! 応援していますよ。

【関連コラム】
1年以内に婚活を成功させるための3ステップ
女子会に行く女性には彼氏ができにくい理由

●ライター/加藤かとる(スピリチュアル専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする