婚期を逃さない! 同棲の注意点と男女が結婚を意識するタイミング

【相談者:20代男性】
付き合って1年の同い年の彼がいます。彼とはいずれ結婚を考えていて、お互いのことをもっと知るために同棲をしたいと思っています。私は、同棲は結婚への近道だと思っていますが、結婚前の同棲は結婚への遠回りだという意見もあるのはなぜでしょうか? 結婚前の同棲についてご意見をお願いします。

a 同棲をするときには十分注意が必要。

こんにちは。過去に恋人との同棲経験がある、ライターのコマツです。

大好きな彼と結婚前提にお付き合いをしているときは、一番楽しくて幸せな時ですよね。女性としては、彼との同棲は「結婚を前提にした前向きな考え」と期待を持ってしまいがちですが、男性側はときにそうではない場合もあるのです。

“結婚したい”と思うほど大切な彼だからこそ、彼とのゴールインを逃さないように、同棲をするときには十分注意が必要。実際に同棲を経験した筆者の経験談を踏まえて、ご回答したいと思います!

140506komatumayo

男性は「同棲=結婚」ではない

「毎日一緒にいたい、一緒に暮らしたい、そしていつかは結婚したい……」

恋をした女性がこう思うのはごく当たり前のこと。ですが、同棲を“結婚の予行演習”と考えがちな女性に対し、男性は一緒に住むだけで今すぐにでも始められる同棲を、結婚ほど重大なことだとは捉えていないようです。

そもそも男女には、結婚に対しても同棲に対しても大きな考え方の違いがあります。

生活費を節約できることやデートに費やす時間の節約など、男性は実際に現実的な理由が同棲のきっかけになるそう。

恋をすると、日々の生活の優先事項が“恋愛”になってしまう女性と違い、仕事や趣味など自分自身の生活は恋愛とは別モノと考える男性にとっては、いくら愛している彼女であっても「同棲=結婚」という考えには至らないことが多いようです。

同棲は結婚への遠回り?

実際、“All About”というサイトでのアンケート結果では、「同棲したカップルの約8割が結婚まで至っていない」という結果が!

かつて誰もが些細なことで彼と喧嘩をして、それがやがて大きな溝になり別れを招いた経験もあるでしょう。

しかし、二人の間に現実的な“生活”が存在する結婚は、喧嘩の勢いに任せて簡単に別れるなんてことはできず、“上手くやっていく努力をする”ということが強いられます。やがて、お互い許す心や歩み寄る姿勢が自然と生まれ、それが土台となって信頼や絆へと変化してゆくもの。

ですが、ただ「好き」という気持ちだけを土台とした同棲は、世間的にもまだお互い他人のまま。いつ別れても大きな問題はないため、ついつい気持ちも離れやすく、意見が衝突した時の修復も難しいのです。

同棲前に決めておくといい、結婚へと結び付ける決まりごと

同棲を決める前は、結婚や将来について二人の考えを話し合っておくことが重要です。たとえば、「1年同棲して結婚するかどうか考える」「2年後に広い部屋に引っ越して籍を入れる」など、同棲するに当たって、ゴールがどこにあるかという目標を決めておくと良いでしょう。

「プロポーズは彼から……」という理想がある女性も多いでしょうけれど、ゴールが決まっていないまま同棲をスタートすると、大切な話をするタイミングをなくし、気がつけば結婚のタイミングすらも逃してしまうことも。

女性から結婚について話すことは抵抗があるとは思いますが、男性側も結婚を微塵も考えていない女性と同棲はしないはず。同棲前に二人の気持ちを明らかにし、結婚に対するお互いの意識を確かめ合っておきましょう。

恋愛が日常になってしまい、何もかもがなぁなぁになりがちな同棲。個人的には決しておススメはしませんが、二人の将来について話し合う機会を持つことで、結婚への近道となることも大いに考えられます。あなたが彼と末永く幸せに過ごせるよう応援しています!

●ライター/コマツマヨ(リアル恋愛事情専門家)

編集部追記

今回のコラムでは、結婚前の同棲で結婚のタイミングを逃さない方法として、「同棲前に結婚への意識を確認し合っておきましょう」という視点でアドバイスをいただきました。

「結婚のタイミング」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

男性が結婚を意識する・決めるタイミング6つ

160405kekkontaiming1

女性に比べて結婚願望が強い人の少ないイメージがある男性。彼らが結婚を意識する、結婚を決めるタイミングはどんなときなのでしょうか?

(1)仕事が落ち着いたとき

男性にとって、仕事は生活の中心。

そのため、仕事が落ち着いたタイミングや、仕事である程度のポジションに付いたタイミング、「この仕事で一生やっていく」と自信が付いたタイミングなどで、結婚を意識する人が多いようです。

(2)経済的に安定したとき

仕事と密接に関係している理由ではありますが、経済的に安定したタイミングで結婚を意識するという男性も多いようです。

今や夫婦共働きが当たり前の時代ではありますが、やはり妻子を養っていく自信がないと、なかなか結婚を決意できないという男性も少なくないのでしょう。

(3)自分が弱っていて優しくされたとき

風邪を引いて高熱を出したり、仕事で挫折したりしたときなど、自分が弱っているときに彼女が優しくしてくれたことで、結婚を意識する男性もいるようです。

自分が弱っているときに優しくされると、「この子とならうまくやっていけそう」と気持ちが動くのでしょう。

(4)親や友達に勧められたとき

彼女を親や友達に紹介した際、結婚を強く勧められると心が動くようです。

「あの子なら大丈夫!」「あの子がお嫁さんに来てくれたら……」など、親が背中を押してくれることで安心したり、親孝行をしてあげようという気持ちになったりして、結婚を決意するのかもしれませんね。

(5)周りの友達の結婚が続いたとき

いつも一緒に飲んだりつるんだりしていた仲間が続々と結婚していく。そんなとき、「俺もそろそろ結婚しようかな」と考える男性も少なくないようです。

また、友達の子どもを見て子どものかわいさにふれ、「自分も子どもが欲しい」と思い結婚を決意する男性もいるそう。

(6)彼女が妊娠したとき

こちらは番外編のようなものですが、なかなか結婚を決意できない男性でも、彼女が妊娠したことをきっかけに結婚を決める、というケースもあります。

女性が結婚を意識する・決めるタイミング5つ

160405kekkontaiming2

(1)付き合って2年以上経ったとき

「付き合って○年経ったから、そろそろ結婚したいな」と考える女性は多いです。恋愛の延長線上に結婚がある、と考える人が多いのでしょう。

結婚を考える交際期間については人それぞれ異なりますが、2年以上付き合いが続けば、自然と「結婚」の2文字が頭をよぎるという女性が多いようです。

(2)お互いの両親に紹介し合ったとき

結婚は家族ぐるみの付き合いになるため、お互いの両親に紹介し合ったタイミングで結婚を意識する女性も多いです。

(3)友達の結婚ラッシュがあったとき

結婚適齢期の女性は、友達の結婚や出産に敏感。

仲の良い友達や職場の同僚の結婚ラッシュが続くと、「私も結婚したい!」と焦る気持ちが出てくる人も多いものです。

(4)仕事で転機があったとき

転勤になったり、転職することになったりと、仕事に転機が訪れたとき、「いい機会だから結婚しようかな」と考える女性もいます。

男性は環境の変化に弱く、生活が落ち着かないと結婚を考えられないという人も少なくありませんが、女性の場合は変化も「結婚の良い機会」と捉えることができるようです。

(5)子どもが欲しいと思ったとき

「好きな人の子どもが欲しい」と強く思ったとき、結婚を意識する女性も少なくありません。

また、女性はある程度の年齢になると、出産のタイムリミットを考え始めます。

そのため、「そろそろ結婚しないと高齢出産になってしまう」「今結婚しないと子どもが産めないかもしれない」など、出産のタイムリミットを強く感じて結婚を決める女性もいるようです。

男性が結婚を希望する年齢と交際期間

160405kekkontaiming3

『恋学』が785人の男性を対象に行った「何歳までに結婚したいですか?」というアンケートでは、1位が「30歳まで」で191人(24%)、2位が「35歳まで」で160人(20%)、3位が「25歳まで」で127人(16%)という結果でした。

晩婚化が進む現代において、30歳までに結婚したい、25歳までに結婚したいという男性が多かったことは意外です。

希望としては若いうちに結婚したいけれど、現実問題としては難しいということでしょうか……。

また、『恋学』が1,379人の男性を対象に行った「付き合ってどのくらいで彼女との結婚を考えますか?」というアンケートでは、1位が「1年後~」で252人(18%)、2位が「半年頃から」で239人(17%)、3位が「出会ってすぐ」で211人(15%)という結果でした。

結婚を考えるタイミングが付き合って1年後まで、という男性が多いことは意外ですね。

付き合って何年も経つのにプロポーズをしてくれない……という女性は、彼に結婚の意思を尋ねてみてもいいかもしれません。すでに結婚に対する答えが彼の中で出ている可能性も高いです。

お互いの結婚したいタイミングが合わない場合の対処法3つ

160412yukimi

男性側と女性側の結婚したいタイミングが合わないとき、どうすればよいのでしょうか?

(1)譲歩できる点を探す

どちらか一方は今すぐにでも結婚したいのに、もう一方はしたくない。そんなとき、別れを選ぶ前にやってほしいことは、お互いの譲歩できる点を探すことです。

まず、今すぐ結婚したい側は、なぜ今すぐ結婚したいのか、結婚したくない側は、なぜ結婚したくないのかを相手にきちんと説明し、話し合いましょう。

そして、いつまでなら結婚を待てるのか、いつごろなら結婚しても良いのか、お互いの妥協点を探します。お互いが納得できる結論が出れば、別れずに済みます。

(2)相性が良くなかったと思って諦める

結婚したいタイミングが合わないということは、相性が良くなかったということでもあります。

結婚を待てないのであれば、キッパリ諦めて別れることもいいでしょう。

特に女性側が、年齢的にそろそろ結婚しないと出産に影響が出るというような場合、早く別れて結婚前提で付き合える男性を見つけたほうが早い可能性もあります。

(3)外堀から埋めてみる

どうしても別れたくないけれど相手が結婚を決意するまで待てない、という場合、イチかバチか試してみる価値があるのが、外堀から埋める作戦です。

これは、自分の親や兄弟、相手の親や兄弟、または共通の友達などから、結婚を促してもらうという方法。

相手が信頼している人や尊敬している人を味方につけて、結婚を意識するよう協力してもらうのです。

まとめ

「男性が結婚を意識する・決めるタイミング」や「女性が結婚を意識する・決めるタイミング」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

結婚にはタイミングも大事ですが、お互いに居心地の良さを感じることも大事。

お互いが二人で過ごす時間を居心地が良いと感じ、自然に結婚を意識することができたら、きっと幸せな家庭を築いていけるでしょう。

●追記/恋愛jp編集部・渡邉

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (6)
  • うーん (15)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする