上司が部下の社内メールを監視するのは“プライバシー侵害”にあたる?

【相談者:20代女性】
仕事の関係で知り合った人と最近いい感じになり、仕事のメールをするついでに少しメールでやり取りをしています。ですがつい先日、上司から知るはずもない私たちの会話を指摘され……勝手に社内メールをみているの? と気持ち悪くなりました

上司だからって、勝手にメールを盗み見してもいいのでしょうか?


上司に毎日社内メールをチェックされていたら、とても嫌な気持ちになりますね。というか気持ち悪いですね……。誰にでも起こりうる身近な問題なので、さっそく解説させていただきます。

まず、そもそも業務中に、社内メールでプライベートのやりとりをしていいのかが問題となります。会社の規則で、PCの私的利用を禁止する規定が設けられ、それが周知徹底されているにもかかわらずPCを私的利用した場合は、職務専念義務違反となってしまいます。

一方、そのような禁止規定がなく、私的利用もある程度許容もしくは黙認されている場合は、その限度で許されます。したがって、PCの私的利用に関して、会社がどのような規定を設けているかが重要なポイントといえますね。

なお、禁止されている場合は、懲戒処分の対象にもなりますので十分注意されてください。

140425iwasa

次に、メールには、プライベートなやりとりも含まれているため、企業がこのような個人情報を無断で閲覧できるのかが問題となります。会社の規則では、会社が従業員のメールの利用状況について調査できる旨の規則が定められ、それが周知徹底されているような場合があります。このような場合、規則の定めに従って調査が行われている限り、私的メールの記載内容の閲読がプライバシー侵害にあたる可能性は低いといえます。

これに対して、そのような規則がない場合は、私的メールを会社が閲覧することはプライバシー侵害の可能性が高くなります。但し、実際の裁判例ではプライバシー侵害に基づく損害賠償を認めないものが多いのが実情です。
 
くやしいですが、社内メールを見られたとしても、なかなか会社に対して損害賠償を請求するのは難しいというのが今回の結論です。やはり、上司に見られたくないメールは、個人メールでやるのが無難ですね!

●ライター/岩沙好幸(アディーレ法律事務所:東京弁護士会所属)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする