職場以外にもたくさん! 社会人にオススメの「出会いの場」まとめ♡

【相談者:20代女性】
4月から新社会人としてデビューしました。社会人として新しい経験もたくさんできて、毎日が楽しいです。

ただ、まったく出会いの予感がありません。

学生の頃は、社会人になったら、仕事やプライベートでもっと出会いが増えるのだと信じていたのですが、実際は、学生時代の方が出会いもあったように思います。

社会人はどんなところで出会いを見つければいいのでしょうか?

a 自分から積極的に新しい場所に行くことで、出会いはいくらでも増えます。

ご質問ありがとうございます。コラムニストのLISAです。

新社会人デビューおめでとうございます!

たまに曜日感覚もわからなくなる仕事をしている私からすれば、新しい環境でいちからスタートできるのがうらやましいかぎりです(笑)。

さて、社会人になりたての相談者様からすれば、学生時代の方が出会いもたくさんあったと思うかもしれませんが、そんなことはありません!

まだ、出会いの場を知らないだけです。

今回は、社会人になってから恋人とどこで出会ったのか? ということを20代の男女に聞いてきました。

それを参考に出会いの場をアドバイスしていきますので、ぜひ、参考にしてみてください。

27032

(1)仕事場の出会いは社内だけじゃない!

社内に好みのタイプがいないというだけで、出会いがないと思い込んでいませんか?

仕事上の出会いは社内だけではありません。社外にだってたくさん転がっているのです。

実際に、営業先の受付嬢にタイプの子がいて、連絡先を渡したのがきっかけで付き合うようになった人もいれば、プロジェクトで一緒になった社外の人と、打ち上げの飲み会で急接近して付き合いだしたという人もいます。

とはいえ、仕事が絡んでいるので、あまり派手にやりすぎると痛い目を見るので注意してくださいね!

(2)習い事は出会い以外にもメリットがある!

出会いを求めて習い事を始めるのもひとつの手段です。

特にテニスやゴルフ、ダイビング、乗馬などといった体を動かす習い事は、出会いが多いことでも知られています。

また、ただ出会いを探すだけでなく、仕事のストレス発散や息抜きになったり、気の合う同性の友だちにも出会うチャンスもあるので、習い事を始めて損はないはず!

(3)同じ趣味を持った者同士は結婚まで繋がりやすい!

同じ趣味の社会人同士が集まる社会人サークルは、出会いを求めてやってくる人も多いので、本気で恋人を見つけたい人にはオススメ。

私の周りでも、好きなアーティストのファン同士が集まるサークルに参加して、そこから出会い、結婚まで至ったというカップルが何組もいます!

共通の趣味がある者同士だと、話題にかけないので、付き合ったあとも長く続くことができるみたいですね。

(4)お酒の場は出会いの宝庫!

私を含め、周りの独身女子の間では、「出会いがなくなったらバーへ行け」という合言葉があります(笑)。

定番すぎると思うかもしれませんが、本当にバーは出会いの宝庫なのです。

また、合コンや飲み会などにも積極的に参加しましょう。

お酒の席は、出会いがたくさんあるだけでなく、いつも以上に男女が急接近しやすくなります。


ここにも書ききれないくらい、まだまだ出会いの場はたくさんあります。

せっかく新たな気持ちで新社会人デビューを果たしたのですから、仕事や遊びだけでなく、恋愛も充実させて、もっと楽しい毎日を送れるといいですね。

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)

気の合う恋人とデートがしたい!とびっきり相性のいい相手との出会い方

“理想の相手“に会える確率、とっても低いですよね。 妥協したくないのであれば、自分から動くことが何よりも大切です。

編集部追記

今回のコラムでは、社会人が出会う方法として、「習い事を始める、社会人サークルに参加する、バーへ出かけるなどしてみましょう」という視点でアドバイスをいただきました。

「社会人の出会い」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

6つのシーン別! 社会人の出会いの場リスト

160316nao

(1)“出会い”自体を目的とした場所編

「手っ取り早く恋愛や結婚につながる出会いを探したい!」という場合には、元から男女の出会いを目的とした場所へ出かけることが一番です。

たとえば、下記のような場所がそれに当たります。

・婚活パーティー
・街コン
・合コン
・婚活サイト
・結婚相談所

これらに参加する人は多かれ少なかれ恋愛に発展する出会いを求めています。

そのため、お互いに気に入りさえすれば比較的すぐに恋人同士になることが可能です。

ただし、相手も出会いたい相手にいくらかの条件を持って参加する場合も多いので、お互いにその条件にマッチングするかどうかも重要になってきます。

(2)お酒が絡む場所編

本編でも出会いの場として「バー」がおすすめであると紹介されていたように、お酒が入ると人は気がゆるみ、距離が近づきやすくなるため、出会いの場としてもお酒が絡む場所は有効です。

バー以外だと、下記のような場所が挙げられます。

・飲み会(会社や学生時代の仲間などと)
・同窓会
・クラブ
・居酒屋

お酒を飲みながらワイワイ楽しく雑談するうちに打ち解け、交際へと発展する可能性も大いにあります。

特に同窓会では懐かしいクラスメイトとの再会から恋愛がスタートするというケースも少なくないため、参加して損はありません。

(3)たくさんの人が集まる場所編

人がたくさん集まる場所には出会いのチャンスも多くあります。

たとえば、下記のような場所があります。

・コンサート会場
・ライブハウス
・お祭り
・花火大会
・旅行先
・ゲレンデ
・海
・山
・SNSや出会い系アプリなどのインターネット上

コンサートやライブ、お祭りなど、普段とはちょっと違う非日常感が楽しめるイベントごとの場では、気分が盛り上がっているため、知らない人とでも仲良くなりやすいのが特徴です。

インターネットでの出会いも今や珍しいものではありません。普段の生活では出会えない人とも出会えるため、気が合う人と出会える確率は上がるでしょう。

ただし、よく知らない人と関わることになるため、思わぬトラブルを生むこともあり注意が必要です。

(4)人づてに出会う編

友達や知人などから知り合いを紹介してもらうという方法も出会いの手段として有効です。

お互いに共通の知り合いがいるという点でも安心感が大きいでしょう。

人づての出会いの形式には、下記のようなものが考えられます。

・友達からの紹介
・お見合い
・友達の結婚式
・友達の恋人からの紹介
・兄弟姉妹からの紹介
・職場の上司や同僚、後輩からの紹介
・仕事の取引先の人からの紹介

相手の身元がわかる、ある程度双方の好みを伝えた上で紹介してもらえるなどのメリットがあります。

一方、紹介してもらった人が気に入らなかった場合に、紹介してくれた人へ気を使うことになるのが少々厄介です。

また、人から紹介してもらう場合、希望する条件を挙げすぎたり、「誰でもいい」と言ったくせに文句を言ったりする行為はマナー違反なのでやめましょう。

(5)日常生活の中での意外な出会い編

普段、何気なく送っている日常生活の中でも、思わぬ出会いが転がっていることもあります。

たとえば、下記のようなものが挙げられます。

・ショッピングで利用するお店
・美容院
・映画館
・行列に並んでいるとき
・電車内
・喫煙場所
・外食先
・ボランティアへの参加

よく行くお店や毎日の通勤電車では、いつも顔を合わせる人がいると思います。

人はよく顔を合わせる人に親近感を抱く習性があり、これを心理学では『単純接触効果』と言います。

そのため、顔を合わせるたびに会釈やあいさつをしたり、「よく会いますよね」と声をかけてみたりすることで縁がつながる可能性もあるでしょう。

(6)自分からアタック編

街中やカフェなどで「あ、いいな」と思う異性と出会ったとき、そのチャンスを逃したくないのであれば“ナンパ”してお近づきになる、という手もあります。

何の面識もない見ず知らずの人にシラフで声をかけるのは勇気がいるかもしれません。

しかし、「一目惚れしてしまった」「もう二度とこんなに好みの人とは出会えないだろう」と思うのであれば、ダメもとで声をかけてみてはいかがでしょうか。

ナンパだって立派な出会いの手段。真摯な態度で声をかければ、うまくいくかもしれませんよ。

社会人になってからの出会いの体験談

160318tabatayuji

社会人になってから彼氏や旦那さんと出会ったという方の体験談をいくつかご紹介します。

「社会人になってから出会いがない!」と嘆いている方は、自分自身の身の回りにある出会いのチャンスを再確認してみてくださいね。

『営業でうちの会社に来ていた取引先の人が今の旦那です』

『取引先の人に一目惚れしてメアドを書いた紙を渡し、交際に発展しました』

『とにかく友達とかいろんなツテを頼って飲み会を開いてもらった。何回も参加するうちに今の旦那と出会った』

『友達が入っていた社会人のスノボサークルのBBQに参加して、そこで出会いました』

『友達の結婚相手を紹介してもらうときの食事会に付いてきていた男性と仲良くなり、その男性に紹介してもらった友達と結婚しました』

趣味のサークルで知り合いました。共通の趣味があると長続きしますよ』

『患者さんでした』

『自動車学校の受付をしていたときに来ていた生徒が今の彼氏です』

ブログのオフ会で出会って結婚しました』

『同じ会社の違う支店の人と、社員旅行で会って一目惚れし交際、結婚しました』

『バンドをやりたくなってネットでサークルを探し、そこで出会ったバンドメンバーとお付き合いしています』

同じ職場で出会ったわけではない、という方もたくさんいました。「職場に出会いがない」という方も、安心したのではないでしょうか?

いずれにしても、出会いがほしければ自分から積極的にいろいろな場所へ出かけ、「いいな」と思う人がいれば自らアプローチしてみる。これが大切なようですね。

社会人のみんなはどこで出会ってるの?

160315vanilla

『マイナビウーマン』が22~34歳の働く女性165人に行った『あなたは、出会いの場をどのようにして求めることが多いですか?』というアンケートでは、1位が「友達の紹介」で44%、2位が「飲み会」で30.2%、3位が「ネット」で5.5%という結果でした。

友達に紹介してもらうという手段は、相手の身元や人となりがそれなりにわかるので、女性には安心感が一番高いのでしょう。

とはいえ、3位に「ネット」がランクインしているのも見逃せません。

友達の前では、「ネットでの出会いはちょっと……」と言っている人でも、もしかしたら実際はネットで出会いを探しているかもしれませんね。

確かに、ネット上での出会いは無限大と言ってもいいほどたくさんあります。

住んでいる場所が近い、趣味が同じ、結婚前提で付き合いたいなど、条件に合わせて出会いたい相手を探すことができるのもメリットのようです。

しかし、トラブルが多いことも事実。見ず知らずの相手と実際に対面で会うことになった場合は、人の多い場所で会うようにする、友達についてきてもらうなど、細心の注意を払うことも必要かもしれません。

まとめ

「社会人の出会いの場」や「社会人になってからの出会いの体験談」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

出会いを見つけるための行動を起こさずに「出会いがない」と言っている人は、ご紹介した場所へ出かけてみるのも大きな一歩になるのではないでしょうか。

【関連コラム】
新・出会いスポット!“コワーキングスペース”で出会いをつかむコツ3つ

(恋愛jp編集部/渡邉)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (9)
  • うーん (6)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする