婚活で効率よくお相手と出会える方法とは?

【相談者:30代女性】
くにさんに質問があります。巷では婚活という言葉が溢れていて、私のように32歳で彼氏を探している女性は「婚活している」と思われるし、言われたりもしています。婚活って言葉に違和感があるのですが、次に交際する相手とは結婚を意識するのも紛れもない事実です。

最近ではSNSや婚活サイトなど新しい出会いの方法が増えてきましたが、今最も効率よく結婚相手と出会える方法って何ですか?

a 今も昔も「身の回り」での出会いが最も結婚に近いです!

こんにちは! 恋愛体質改善専門家のくにです。ご相談いただきましてありがとうございます。

いろんな出会いのカタチができていたので、逆にどの方法が最も良いのか迷ってしまう気持ちもわかります。個性によってどんな出会い方法が良いかという相性はあるのですが、某民間調査会社において20〜39歳までの既婚女性500人以上のアンケートから得られた、「夫と出会った場所」を紹介していきます。

140422kuni

(1)「職場」「学生時代からのつながり」で56.5%

インターネットがこれほど普及してきたにも関わらず、昔からの出会い方法が依然としてかなりの割合を占めております。これに3、4位の友人の紹介(出会いの想定有無合わせて)も含めると約70%を占めるまでになります。

(2)「SNSや婚活サイト」「出会い系サイト」で8.2%

この数字を多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれだとは思いますが、大きな広告宣伝を行っている結婚情報サービス会社などもここに含まれるので、少ないと感じる人の方が多いのではないでしょうか?

したがって、まず相談者さまは、自分の身の回りを再度見回してみることが大事なのですが、今までと同じ視点で見回しても新たな発見や出会いはあまり多くは望めません。

また、SNSなどから多くの方と出会うことは大事なことではありますが、出会うだけでなくて相手の方を相談者さまが気に入り、相手の方に気に入られないと結婚することはできません。

話しは少し逸れますが、数多くのカップルを成婚させている大阪のお見合いおばさんは、担当した人が初めてデートした次の日の電話で、

「昨日の人、どこが良かった?」

と聞くそうです。

電話を受けた側は、少しでも気に入らないことがあったら、それを理由にやんわりと断ろうとしていても、良かったことを挙げるように言われると、少しずつ好意的に見るようになっていくことが多いとのことです。これは、私が以前にも紹介した「惚れ力、惚れられ力のUP」をお見合いおばさんが手助けしていることになり、同時に背中を押してもらうことで「決めきる力」も併せていただいていることとなります。

相談者さまが最終的に結婚するという目的を達成するには、やはりある程度の期限と動機づけがないといい状態で恋愛することもできませんし、いわゆる婚活疲れの原因にもなってくることでしょう。相談者さまがホンネで納得できる結婚への動機づけを自分自身で見つけてから、次の良い出会いを探しに行ってみてはいかがでしょうか?

●ライター/くに(恋愛体質改善専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする