【相談者:20代男性】
女性が何を考えているかわからないと思うことが、最近よくあります。僕は合コンや職場などで、話してるうちに盛り上がっていい感じになった女の子とは、いつも連絡先を交換します。でも、その後メールのやりとりを何通かしてるうちに、気付けば音信不通になるのです。あんなに楽しそうに話していたのに、毎回こうなるのって、僕のメールが原因でしょうか? 女性ってどんなメールがきたら嫌がるのですか?

「知ってほしいけど、知ったように思われたくない」まずは、複雑な女ゴコロを理解しましょう。

ご質問ありがとうございます。「女ゴコロ」を担当させていただいている、フリーライターのLISAです。

本題に入る前に、まず、素敵だなと思ったことが、初対面やお互いのことをあまり知らない相手と会話をするときに、”話しているうちに盛り上がる”ことって、なかなか簡単にできることではないと思います。なので、そのような会話が自然にできるということは、自分の長所であり、強みでもあるのだと自信を持って受け止めてください。

ただ、そんな自慢できる長所があるのに、その後のメールでうまくいかないのは悔しいですよね! あなたと相手がどんなメールのやりとりをしているのかはわからないですが、少しでも助言になるように、今回は『女性に嫌われるNGメール』についてお話しさせていただきますね。

”女性が嫌うメール”というと、真っ先に「今、何しているの?」なんて、どうでもいいような内容のメールを想像してしまいます。でも、さすがに、こんなお決まりパターンのメールがウザがられるということは、男性のみなさんも理解しているはず(……と言いつつ、たまにいるのですけどね。今でもこういうメールを送ってしまう男性)。

このような定番パターンは置いておくとして。

そもそも、女性がメールで嫌がることとは何か?

単刀直入にお話しすると、女性というのは「もっと私に関心を持って!気にかけて!」という心情と、「私の何を知っているっていうの?」という正反対の心情を、持ち合わせているのです。

というのも、人は誰しも「他人からこんな風に思われたい、見られたい」という理想像を、多かれ少なかれ持っています。そんな理想像に対しての思いが、女性は男性以上に強いのです。また、女性は話すという行為で自分が描く理想像を他人に伝えようとします。

SNSやブログのようなコミュニケーションツールだけを見ても、男性はできごとや行動について投稿することが多いのに対し、女性はそのときの感情や心境を事細かに投稿しているのをよく見かけませんか?

女性の会話が長いと言われたり、延々と自分のことばかりを話したりするのは、他人からも自分の描く理想像で私を見てほしいという現れでもあるのです。ですので、女性の話の腰を折ってアドバイスをしたり、自分はこういう考えだと意見を言ったりすることは避けた方がいいでしょう。最後まで話を聞くという姿勢さえ見せれば、それだけで女性は話を聞いてくれるあなたに好感を持ってくれるはずです。

では、それほどまでに話を聞いてほしがる女性が、なぜ急に「私の何を知っているっていうの?」なんて心情になってしまうのでしょうか? それも、さきほどの理想像が関係してきます。

映画やドラマ、または小説や曲の歌詞など。日本女性は基本的に、共感感情がとても強いのです。そのため、共感感情から「あの女優さんのように年をとっても美しさを保ちたい」「あの映画の主人公みたいに小悪魔な女になりたい」という、高い理想像がうまれるのです。

しかし、思うように理想像へ自分を変えられる女性って、なかなかいませんよね。そのため、他人から理想像通りの自分に見られなければ、「私のことを知らないのに勝手に決めつけないで!」となってしまうのです。

実際に男性が、海外ドラマの影響で魔性の女に憧れていた女性へ「意外に一途で純粋だね」と、褒めたつもりで言ったところ、その女性にすごく切れられたという話を聞いたことがあります(きっと、彼女は「次から次へと男をだまして、本当に魔性の女だよな」なんて一言が欲しかったのでしょうね)。

結局のところ、メールに限らずどんなときであっても、基本的に女性に対しては聞く姿勢をとってあげてください

また、女性に「○○だよね」という決めつけた言い方も控えた方が良いかもしれません。もし、言うのであれば「見た目とは違って、○○ように見えるけど、実際はどうなの?」という言い方が無難なのではないでしょうか?

本来ならば、女性が男性をたてるべき立場にいなければいけないのでしょうが、近年、自立して男性以上にプライドの高い女性が増えたため、男性が女性に気を使うということも珍しくなくなってきました。

「これだから女は面倒くさい」と思うかもしれません。しかし、本気で惚れた男性に対しては、自分のことはそっちのけで、相手のことをとにかく知りたいと思うのも女性です。

女ゴコロって、複雑であって、ときに面倒くさいものでもあります。でも、それを理解してあげれば、少しずつ女性も男性に対して好感を持ってくれるはずです。

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)