癖になってやめられない! 彼氏のケータイを覗き見してしまう理由3つ

【相談者:10代女性】
誰にも言えない悩みがあります。彼氏の電話、カバンやネット履歴など、隙があれば見てしまいます。見てはいけないのはわかっています。恥ずかしい癖をなおしたいので、アドバイスをもらえませんか

qa_a ケータイチェックを本気で止めたいなら、原因と向き合いましょう。

自分売り専門家の酒井なるみです。

大切なお悩みを打ち明けてくれたこと、嬉しく思います。相談者さまは正しいこと、間違っていることの判断がつく人だからこそ、苦しんでいるのですよね?

著者の周辺女子、10~20代にリサーチをかけてみました。理由はそれぞれですが、彼氏のケータイを見てしまったことがある女子はなんと半数以上もいます。

そして、「もう見るのを止めよう」と決めた人には共通の通過点があります。「なぜ彼のケータイを見てしまったのか?」という理由を自問自答し、「見たことで何が変わるのか?」というところまで掘り下げて自分と向き合っていました。

140313sakai

彼氏のケータイを見てしまった3つの理由

(1)彼氏のことが信じられなかった

彼氏の言動が怪しく思えて、不安に駆られるままにケータイを見てしまった。しかし、その瞬間は安心できるのに、気づけばチェックしないともっと不安になるという副作用があった。

ケータイチェックを続けることは、不安との“いたちごっこ”です。経験者は、「彼に聞きたいことははっきりと聞くようにした」など、別の『安心材料』を探したそうです。 

(2)自分に自信がなかった

「自分に自信があったなら、彼に女友達がいようと、女性との交流があろうと、ド~ンと構えていられたはず」という声は多かったです。疑う気持ちがあると、なんてことない言動も怪しく思えてしまう疑心暗鬼。これは自分の問題なのです。

とはいえ、自分に自信を持つことは簡単ではありませんよね。克服のポイントは、“甘え上手になること”。そして、彼にいっぱい「かわいいね」「好きだよ」と愛情表現をしてもらって、少しずつ自信を育てましょう。

(3)自分と一緒にいないときの彼に興味があった

「彼のことが好きすぎて、全てを知りたかった」という悪びもしない声は意外に多かったです。ケータイを覗き見することは、日記や手紙を盗み見るのと同じだと考えると、事の重大さにハタと気づきます。

はたして、日記や手紙なら盗み見るのか? と胸に手を当ててみてください。ケータイよりも敷居が高く、罪悪感が大きいはず。これは、ケータイが身近にありすぎて感覚がマヒしているせいなのです。

無駄なカミングアウトは『自己満』!?

ところで、ケータイを見てしまった事実を、彼氏にカミングアウトすべきかどうかは悩みどころのようです。個人的な意見を伝えますね。

「無駄なカミングアウトは単なる自己満足」です。

安易に許してもらうことよりも、自分の過ちを受け止めて再発させないことのほうが遥かに大事なのでは?

●ライター/酒井なるみ(自分売り専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする