不倫中にしておきたい女性側のリスクヘッジ

【相談者:30代女性】
今、同じ会社の男性と付き合っています。彼は私より3つ年下です。彼には奥さんと、まだ産まれたばかりの小さい子供がいます。もちろん、初めから不倫がしたくて彼を好きになった訳じゃありません。ただ好きになった人がたまたま既婚者だっただけです

彼は奥さんと上手くいっていないらしく、私に泣きながら家庭の愚痴を話してくれます。彼が病気の時でも奥さんに看病してもらえないとか、喧嘩をすればモノを投げつけられ、ヒステリックに怒られるとか。そんな彼を見ていると可哀想で……。

私もいい歳なので、こんな関係を続けるのは嫌なのですが、彼を見捨てる事が出来ません。私はこれからどうしたらいいのでしょうか?

qa_a 「不倫=悪いこと」その思い込みがあなたを苦しめる。

ご相談ありがとうございます。恋愛言語専門家の東野まどかです。

誰にも言えなくて苦しかったですね。相談して頂いて本当にありがとうございます。

不倫なんて、誰もしたくてする事じゃないです。あなたは人の立場になってモノを考えられる優しい人です。そうでなければ、家庭の不満をこぼす彼を受け止める事なんて出来ません。

本当に悪い人は、「悪いこと」をしても平気な顔をしています。「悪いこと」だと思っていないので悩む事はありません。あなたは、心が優しい人だから悩んでいるんですよ。だから、不倫をしている自分をあまり責めないでくださいね。

さて、ここからは「どうすればいいか」お答えします。

140312higasino

不倫のリスクヘッジ!? もしもの時に慌てないために

不倫にはリスクが付き物です。しかも、圧倒的に女性が不利!

もしも今、大好きな彼との不倫が会社にバレてしまったとします。もちろん男性が責められますが、それに応じた女性も責められます。喧嘩になったとしても、奥さんは家族ですから彼を支えてくれます。

さて、あなたの事は一体誰が支えてくれるのでしょう? 親に、「不倫をして傷ついた」と話すことが出来ますか? 優しいあなたは、一人きりですべてを抱え込むのです。彼の事を心配して見捨てられないあなたの事ですから、誰にも言えずに、苦しくてツラい思いをしてしまうのは目に見えています。だからこそ、もしもの時に支えてくれる人が必要です。

同じカゴに全ての卵を入れるから、カゴがひっくり返った時に全て割れてしまうのです。さあ、積極的にリスクヘッジ(危険回避)を行いましょう。

需要に応えてみよう! 自尊心を思い出して

あなたの寛大なココロで、このふざけた提案を聞いてください。

もう一人彼氏をつくってください。

「はぁ?」という声が聞こえてくるようです(笑)。いや、本気です。本気で言っています。

あなたにもいるはずです。好きだといわれても好きになれない男性の一人や二人。既婚男性ですら、あなたの魅力に負けて口説く位なんですから。とりあえず、身の周りで、独身であなたの事を好きと言ってくれる男性を、もう一人の彼氏にしてください。

ポイントは、「あなたの事を好きだと言ってくれる独身男性」と付き合う事です。あなたを本当に必要としている人の需要に応えてあげてください。自尊心を取り戻す訓練です。

自尊心とは、「自分の人格を大切にする気持ち」です。今のあなたには自尊心がありますか? 彼の事ばかり優先しているように見えます。

彼に家庭の不満を聞かされても、可哀想に思って同情する……。でも、愚痴を聞かされて喜ぶってヘンじゃないですか? わざわざ他人の苦労を背負い込むのは、「隠された真の動機」があるからではないでしょうか。もし、愛情からの行動であれば、あなたは何も悩んだりしないはず。

彼の事も大切ですが、それ以上にあなたは大切な存在です。悩む事もあると思いますが、たまには好きな事をして自分を喜ばせてあげてくださいね♪

【参考文献】
・『感情を出した方が好かれる』加藤諦三・著

●ライター/東野まどか(恋愛言語専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (6)
  • うーん (5)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする