恋愛相談をしていた相手を好きになってしまう理由3つ

【相談者:20代女性】
私には1年付き合っている彼氏がいるのですが、ささいなことで喧嘩が絶えないので、男友達に男性側の心理を知りたくて度々相談していました。その男友達は、外見的にも性格なども私にとって特別にタイプというわけではないのですが、少なからず男性としての魅力を少し感じる程度です。

でも、何度か相談しているうちに、最近その男友達に惹かれ始めている自分に気づきました。男友達には彼女がいるので、私に特別な好意を抱いていることはなさそうなのですが、私は明らかに好きになりかけています。このように、恋愛相談している相手を好きになってしまうことって結構あるのですか?

a 自ら相談している段階で「恋は始まっている」と思ってください!

こんにちは! 恋愛体質改善専門家のくにです。

私も職業柄ではありますが、相談者さんから「相談以上の個人的な好意」を感じることは少なからずあります(笑)。もちろん私は恋に発展することはありませんが、恋愛相談者さんから好意を持たれることは、心理カウンセラーの立場として「注意すべきこと」の基本行動となっているほど、珍しいことではありません。

なぜ好意を抱きやすいのか、好意を抱いてしまう例を、心理学的に解説していきましょう。

th_140310kuni

(1)相談者の態度を無条件に受け入れる

相談者さんが、「彼氏は私の○○が気に入らないから○○するんです!」と言ったら、相手が、「○○だから○○すると思っているんだね~」と、良い悪いを論ずることなく、相談者さんの感情をそのまま受け入れることで、相談者さんはきちんと話を聞いていることへの安心感と信頼感を得ることができます。

(2)共感的理解をする

この場合、男友達の立場ではなく相談者さんの立場であれば、その問題をどう感じたのであろうかを理解することです。もしも、男友達がそうじゃないんじゃないのかな? と自分自身の経験などで思ったとしても、それを口には出さずに、「あなたがそう思うのはどんな理由からだと思いますか? もし心当たりがあれば教えてもらえますか?」ということを聞いて、相談者さんの気持ちに寄り添うことも、安心感や信頼感を増す要素になると思います。

(3)自己一致する

これは、男友達のココロと行動が一致していることで、相談者さんは「ホンネでこの人は私のことを想って行動してくれている!」と感じることになり、一層男友達への信頼感を増すことになるのです。


これら3つのことプラス、「少なからず男性としての魅力を少し感じている」男友達に自ら相談しているのですから、既にあなたから「恋愛のスイッチを入れている」ことに等しいと思われます。

相談している男友達が心理学を知っていての行動かはわかりませんが、相談者さんが男友達への信頼感から好意を抱いても不思議なことではありません。でも、仮に男友達に彼女がいないとしても、「相談」と「恋愛」は切り離して考えた方が、実りある恋愛を掴む可能性が高くなると思います。

相談者さんが好意を抱いているのが男友達の「行動」なのか、「パーソナリティ」なのかを、一度振り返ってみてはいかがでしょうか?

●ライター/くに(恋愛体質改善専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする