結婚前に恋人同士で話し合っておくべき3つのこと

【相談者:20代女性】
彼氏と結婚を考えています。今まで沢山喧嘩してきましたし、これからもきっと衝突はあると思います。結婚生活を長続きさせるためにも、結婚する前に話し合っておいた方がいいことってありますか

a もめごとの種はどの夫婦も同じ。

こんにちは。マリッジノート専門家の湯原玲奈です。

どんなカップルにも、お付き合いしていれば喧嘩は沢山あります。喧嘩って、相手に興味がなければしないもの。

喧嘩は相手と関係性を作っていくために、自分と相手を知るためにするものなので、決してマイナス面だけではありません。ただし、その原因によっては、放置しておくと2人の間に深い溝がはいる可能性も。

行政書士としても多くのご夫婦の相談に乗った経験から、ご夫婦間のもめごとというものは、形は違っても本質は皆どこのご夫婦も同じだと感じています。

離婚に直面しそうになった、多くのご夫婦からのご相談内容をそれぞれ紐解いていくと、大きく分けて3つのポイントがあることがわかりましたので、今日はそれをお伝えしようと思います。

140306yuhara

結婚後、火種になりそうなこと3つ

結婚前に2人の将来を話し合う時間を、ぜひ改めてきちんと設定してほしいと考えています。その際には、最低限、以下に挙げる3つだけはお互いの考え方を共有しておきたいものです。

(1)お金のこと

お金の使い方にはその人の価値観が大きく表れます。何にお金を使うのかは、何を大事にしているのかに直結しているもの。2人が結婚してから、貯蓄をどう考えるか、という大きなくくりはもちろん、日々どんなものにお金を使うかはお互いで確認しておきたいですね。

たとえば、趣味で何らかのコレクションをしている人が集めている「モノ」は、興味のない人から見たら、「なんでそれがそんなに高いの!?」とその価値が全く分からない。でもね、個人の趣味嗜好は自由ですし、基本的には尊重してあげてほしいと思います。こういう繊細なすり合わせは、2人がニコニコと話し合える関係性のときでないと、できないものです。

(2)仕事やお付き合いのこと(外での世界のこと)

家の外でのお付き合いという意味では、仕事とその延長のお付き合いから、自身の自由な時間まで全てをさします。

つまりは、限られた一日のうち、家庭内で活動すること以外の時間を、お互いがどこまで尊重してあげられるか、というところが大事なんです。見えない部分の時間の使い方だからこそ、妻や夫に不安を抱かせたり、不快な思いをさせない配慮が必要です。

(3)実家との付き合い方

「愛があれば他に何もいらないわ」なんて一昔前の悲劇のドラマのようなことは、実際には無理。お互いが今まで関わってきたコミュニティである実家や親族との関係は、結婚すればお互いがお互いを巻き込んでいくのは必然です。

その実家や親族と、新しい配偶者は基本的には違う文化を持って生きてきた、という前提を持って見た場合、違いが沢山見えてきます。その違いを、2人でどうやって料理して新しい家族を作っていくのか、そしてその上で、どういう形でお互いの実家とお付き合いしていけばいいのかを、ぜひ真剣に話し合ってほしいと思います。

夫婦は「他人」であることを忘れないで!

結婚すると、人はなぜか相手を「身内」と思うあまり、他人であることを忘れがちです。でも、よくよく考えたら、目の前のパートナーは、自分と違う考えを持ち、違うニーズを持つ1人の人間ですよね。

話さなくては分からないことが沢山あって当然。お互いがずっと心地よい時間を過ごしていくためには、結婚前にぜひとも時間を作って、今回挙げた3つだけでもしっかり話し合っておいてくださいね。

●ライター/湯原玲奈(マリッジノート専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする