事前にチェック! 国際結婚の体験談7つと必要な手続きまとめ

【相談者:30代女性】
国際結婚する予定のインド人の彼がいます。家族からは猛反対されて、説得に説得を重ねてようやく許してくれました。ですが、やはり心の底から祝福されてはいません。

この結婚を思いとどまったほうが良いのか、それとも今結婚したい気持ちを信じて結婚して良いのか、とても悩んでいます。

国際結婚を決心する際の注意点など、あれば教えてもらいたいです。

a 国際離婚経験者に学ぶ! 国際結婚前のチェックポイント

こんにちは。国際恋愛専門家のCocoです。

国際結婚が増加して、最近では「国際離婚」という言葉をよく耳にします。

この人と生涯を共にする! と互いに誓い合い結婚に至るのは皆同じですが、何らかの問題があって迎えてしまう離婚。

中でも、国際結婚の離婚率は非常に高いと言われています。

例えば、2007年の「日本人夫婦の離婚率」が34.60%なのに対し、「国際結婚の離婚率」は、はるかにそれを超えた45.24%という統計が出ています。

10組に4.5組が離婚に至るという事です。

そこで、国際離婚経験者に、国際結婚前にチェックしておくべき点を挙げてもらいました。

国際結婚をお考えの方は、是非一度チェックしてみて下さい。

140226coco

(1)文化の違いを心から受け入れ、一生その文化に沿って生きていけるか(インドネシア人と結婚7年で離婚した女性)

『新婚当初は、相手の国の文化に溶け込もう、自分もインドネシア人のように振る舞い、宗教行事にも積極的でした。

「インドネシア人みたいだね!」という褒め言葉がとても嬉しかったのですが、月日が経つごとに、インドネシアの文化に無理して合わせている自分に疲れが出てきて、宗教行事もやがて面倒と感じるようになりました。

相手国の文化を、ただ面白半分で真似事していた自分に気付き、それからは日本に帰りたい一心でした』

(2)言葉の壁はストレスにならないか(オランダ人と結婚4年で離婚した女性)

『40歳で結婚し、移住。年のせいか、才能のせいか、なかなかオランダ語が身に付かず、付き合っていた時から英語でコミュニケーションをとっていた旦那とは特に問題はありませんでしたが、結婚して、旦那のご両親とコミュニケーションをとらなくてはいけなくなった時に、それはもうすごいストレスでした

旦那のご両親も呆れ返っていた様子で、それがとても悲しくなりました。

特別理解がない方々だったのかもしれませんが、得意ではないオランダ語を好きになんてなるはずもなく、オランダでの生活も苦に。

やがて、それが原因で夫婦の間にも溝ができ、離婚に至りました』

(3)金銭的価値観は、お互い理解しあえているか(インドネシア人と2年で離婚した女性)

『発展途上国の人との結婚には必ずついて回る金銭問題。彼の給料の方がはるかに少なく、ほぼ私の給料で生活していました。

初めのうちは、別にいいやと思っていましたが、そのうち、旦那の親戚まで私のお金を当てにする始末。実家の屋根の修理代から姪っ子の学費にいたるまで、ありとあらゆる面で頼られました。

それだけお金に困っているにもかかわらず、私にお金を借りてまで宗教行事は盛大に行い、神様のため、神様のため、とまるで呪文のように言い聞かされました。

勉強よりも宗教にかけるお金の方が大切という感覚が、どうしても私には理解できませんでした』

(4)子供の教育方針は確認しておくべき(アメリカ人と6年で離婚した女性)

『私はどちらかというと、遊び重視で、のびのびと育って欲しいと願っていて、将来の夢も自分で見つけて欲しいという考えだったのですが、子供が生まれた途端、彼の教育方針に唖然としました。

0歳から多数の習い事をさせたり、色々とスパルタな教育計画をしていました。

揉めに揉めた挙句、私がお腹を痛めて産んだ子なんだから私の好きにさせてと言ってしまい、離婚となりました』

(5)国によって違う健康法を強要してこないか(インドネシア人と4年で離婚した女性)

『医学が発達していないインドネシアでは、日本人の私からすると到底理解できない民間療法が多々あります。

風邪を引けば、得体のしれない飲み物を勧められ、コインで背中をぐいぐいマッサージされたり。

私だけなら良かったのですが、子供が生まれ、子供にも意味不明な民間療法をしたがるので、それを拒否するごとに喧嘩になりました』

(6)親戚付き合いは大丈夫か(中華系シンガポール人と2年で離婚した女性)

『旦那はとても優しくて、何も問題ありませんでしたが、とにかく密な親戚付き合いにうんざり。

休みの日には、必ず親戚の誰かが家に来るし、外食しようと出掛けていたら旦那の携帯に電話が入り、誰かが合流してきたり、イベント時なんてもう大変! 結婚して、夫婦二人きりでゆっくり休日を過ごした事なんてなかったです。

旦那の親戚も、とても良い人ばかりだったけど、とにかくおせっかいで、私のプライベートなんて皆無でした

(7)日本人女性を勘違いしていないか(オーストラリア人と2年で離婚した女性)

『付き合って、わりと早く結婚したのですが、彼は日本人女性を本に出てくるような大和撫子と勘違いしていました。

なんでも言うことを聞いて、いつも男性の後ろを三歩下がって歩く、そんなイメージをしていたようで、結婚して一緒に住み始めた途端、彼がひどいワガママぶりを発揮。

日本人女性はそうじゃないのか? とキレられた事も(笑)。

彼が、日本人女性になにか勘違いした妄想を持っていたら要注意です』


いかがでしたでしょうか。

結婚後は、相手国で生活するか、日本で生活するかによっても問題は変わってくると思いますが、国際結婚を予定している方は、是非一度、自分に問いかけてみてください。

海外旅行に行って、やっぱり日本が一番! なんて思いをした事がある方がいらっしゃると思います。それと同じく、結婚相手も、やっぱり日本人が一番! と思う方も結構たくさんいらっしゃいます。

旅行は帰ってきてしまえば終わりですが、結婚はそうはいきません。よく、離婚は結婚の倍大変! と言われる程ですので、それが海外となったら尚のこと。

幸せな国際結婚を果たすためにも、年老いてからの事まで、じっくりと想像してみるのも良いかもしれません。

●ライター/Coco(国際恋愛専門家)

編集部追記

今回のコラムでは、国際結婚で離婚しないための事前チェックポイントとして、国際離婚の体験談を7つご紹介いただきました。

「国際結婚」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

国際結婚の基礎知識

151224coco

国際結婚は国籍が異なる者同士の結婚ですから、日本人同士の結婚よりも手続きが多くなります。

両国での手続きが必要になることもありますし、子どもが生まれたときや離婚するときの手続きも国によって異なるので注意が必要になります。

そのため、婚姻前に結婚後のお互いの意思を再確認しておきましょう。

・どちらの国に住むか
・子どもの国籍、教育はどうするか
・文化や社会保障、宗教の違いを知る

外国人と結婚したら国籍は変わる?

外国人と結婚しても、基本的に日本国籍が失われることはありません

相手国の国籍を取得する場合は、日本では二重国籍が認められていないため日本国籍を失うことになります。

ただし、手続きをすればまた日本国籍に戻すことも可能です。

外国人と結婚したら名字は変わる?

国籍と同じく、外国人と結婚しても名字が自動的に変わることはなく、日本名のままです。ただし、外国人の氏を名乗ることも可能です。

その場合は、婚姻した日から6か月以内に戸籍届出窓口に変更を届け出ます。それ以降は家庭裁判所の許可が必要になります。

『婚姻要件具備証明書(独身証明書)』ってなに?

『婚姻要件具備証明書(独身証明書)』とは、その国の法律の上で婚姻できる要件を備えていることを証明する、国際結婚においては必須となる書類です。

日本人の場合は、日本では(1)本籍地の市区町村(2)地方法務局、外国では日本の在外公館で発行できます。

相手方の外国語で書かれた婚姻要件具備証明書については、日本語訳が必要になります。翻訳者の名前の記入が必要ですが、本人の翻訳でも大丈夫です。

婚姻要件具備証明書を発行していない国もありますが、宣誓書や身分証明書などで代用が可能です。

日本で結婚する場合の手続き

150313coco

日本人と外国人が日本で結婚する場合、以下の2つのどちらかの方法で届け出をします。

(1)日本の方式で結婚する

日本の戸籍届出窓口に婚姻届を提出し、受理されると成立します。

必要な書類は提出先の市区町村によって異なるため、事前に問い合わせておくと安心です。以下はその一例になります。

・婚姻届書
・戸籍謄本
・パスポート
・婚姻要件具備証明書

(2)外国の方式で結婚する

最初に相手国の在日公館に届け出をする方法もあります。相手国での婚姻が成立したら、3か月以内に日本の役所に婚姻届を提出します。

・相手国の婚姻証明書とその日本語訳
・日本の婚姻届

外国で結婚する場合の手続き

160325kokusai

(1)結婚式で婚姻が成立する場合

海外では、“結婚式を挙げると婚姻が成立する”という法律の国もあります。

しかし、この場合も日本の戸籍へ反映させるため、婚姻が成立した日から3か月以内に婚姻に関する証書の謄本を提出する必要があります。

日本の在外公館に提出するか、本籍地の役所・役場に郵送で提出してもかまいません。

(2)届け出が必要な場合

日本と同じように届け出が必要な国では、

・結婚要件具備証明書
・パスポート

などの提出が必要になります。

外国で婚姻が成立したら、今度は日本に届け出をします。

・外国での婚姻証明書
・日本の婚姻届

3か月以内に在外公館に提出するか、日本の本籍地に郵送します。この手続きによって新しい戸籍がつくられます。

(3)日本人同士が外国で結婚する場合の手続き

日本人同士が外国で結婚したい場合は、以下の3つの方法があります。

・日本の在外公館に日本の婚姻届を提出する
・郵送で本籍地の役所・役場に届け出をする
・外国の方式で結婚する

外国の方式で結婚する場合は、(1)(2)のどちらかの手続きになります。

外国で出産するときの手続き

160325kokusai02

子どもの国籍について

海外で出産する場合も、父母のどちらかが日本人なら日本国籍を取得することになります。

生まれてから3か月以内に、在外公館か日本の本籍地に出生届を提出しましょう。

また、相手国の国籍も取得する場合、子どもは重国籍者になります。この場合、日本国籍を保持するためには“国籍留保の届出”が必要です。

重国籍者は22歳までにどちらか片方の国籍を選択する必要があります

『生地主義国』ってなに?

アメリカやカナダなどで採用されている、『生地主義国』。これは、親の国籍に関わらず、その国で生まれた子どもすべてに国籍を与えるという制度です。

これに対し、日本は『血統主義』が採られています。生まれた国ではなく、どちらかの親の国籍が子の国籍になるという制度です。

生地主義国で出産した場合、日本国籍を失わないためには“国籍留保の届出”をしなければなりません。

まとめ

「国際結婚の基礎知識」や「日本/外国で結婚する場合の手続き」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

わからないことだらけで心配かと思いますが、事前にしっかり下調べしておけば少しは不安を解消できると思います。

また、詳しい手続きについては、市区町村・法務局の戸籍届出窓口に問い合わせると知ることができます。

まわりに国際結婚夫婦の先輩がいれば直接聞きにいってもいいですね。

幸せな国際結婚ができますように、応援しています!

【参考リンク】
法務省:国際結婚,海外での出生等に関する戸籍Q&A

(恋愛jp編集部/佐藤)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (9)
  • うーん (9)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする