幸せになれる? 結婚後も「子どもはいらない」と言う彼女との将来とは

【相談者:30代男性】
こんにちは。僕は35歳のエンジニアです。同い年の彼女と、籍は入れていませんが同棲しています。5年間一緒に住んでいます。僕の稼ぎで彼女はやりくりしてくれるので、専業主婦状態です。でも、それに不満は持っていません。和やかなカップルだと思います。

ただ問題があり、僕はそろそろ「子供が欲しい」のです。どうしても自分の子供の顔が見たいし、親も安心させたいのです。しかし、彼女は妊娠に反対します。理由は、「子供の頃に虐待されたので、家族に良いイメージがない」そうです。

僕は普通の家庭に育ったのでよく分からないのですが、虐待された人って、そんなに子供を嫌うのでしょうか? 正直、最近は彼女と関係を続けることに戸惑いを覚えています。どうすれば良いのでしょうか?

qa_a 子供の問題はとても大きいもの! 軽んじてはいけません!

質問をありがとうございます。スピリチュアル専門家の加藤かとるです。

あなたのお悩みは、子供が欲しいのに、彼女がそれを反対してしまうことですね。そして、交際を続けるかどうか、ですよね。

縁あって二人は結ばれたのに、これはなかなか悩ましい問題です。子供が欲しい、欲しくない、というテーマは、軽んじられないものなのですから。

140224kato

あなたがポジティブな態度で彼女に接する! 子供がいる未来は明るい!

最初の提案は、まずあなたが彼女を説得することです。

「子供を愛することができる。僕たちは素晴らしい家族になれる!」と、彼女を説得しましょう。繰り返し言い聞かせることで、彼女も考えを変えるかもしれません。

彼女は虐待された過去を気にしているようですが、そこはあなたが広い愛で包むと約束してあげましょう。

男性が女性に寄せる愛は、心安らぐ素晴らしいものです。そこで彼女の心もほだされるかもしれません。実際に私のクライアントの方は、家族ぐるみで恋人を説得して、子供を得ました。

他の相手を探すのはどうでしょうか……時間もないですし

どうしても彼女が子供を拒否するのなら、他の女性を探すことです。これが第二の提案です。

あなたももう35歳です。男性も女性も、高齢になればなるほど、出産を望むお相手に巡り合える確率は減ってしまいます。三十代のうちに、子供を望む女性を選ぶというのもアリですよ。あなたは自分の幸せを追求する権利があります。

一度安定した恋愛状態になると、それを崩すのは労力が要りますね。でも、今進まなければ、後悔する可能性の方が高いのです。

虐待の過去をどうするか? 前へ進む人、思い出を抱きしめる人

精神医学には、『反芻(はんすう)思考』というものがあります。心の中で、過ぎた事をもう一度元に戻し、再び苦しみ直すというものです。あなたの彼女が、ここから解放される日が来れば、二人にとって満ち足りた日々が訪れるでしょう。

あなたが彼女との関係を続けるか、それとも違う道を選ぶかは、私には決められません。傷ついた彼女の心を癒すのはあなた、と言いたいところですが、それは違うと思います。本当に癒し、治すのは被虐待者自身ですよ。

被虐待者は、世の中にとても多く存在します。しかし、過去を乗り越えて前へ進む人もいれば、辛い思い出を心にしまって、人生をやり過ごす人もいます。虐待の過去は変えられませんし、傷つけられたからといって他人より有利になることもありません。理不尽ですが、これが世の中なのです。

だからこそ、試練を乗り越えた人は、輝ける冠を心に抱くのです。つまり、自尊心です。

どんな人間だって、愛に満ちた家庭を築くことが可能なのです。

いつかあなたが、愛らしい赤ちゃんを胸に抱く日を、私も待ち望みますよ!

●ライター/加藤かとる(スピリチュアル専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (6)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする