普通女が一流男と結婚するための青田買いの法則

【相談者:20代女性】
特別に美人って訳じゃないけれど、デキる男と結婚した人は何が違うのでしょうか? 一流の男と付き合うにはどうしたらいいの?

qa_a 人生どん底そうな辛そうな男にチョコを渡せ。

あるところに、非常にボサボサ頭で貧相な男がおりました。いわゆるオタクで、学校に行くよりパソコンをいじっている方が好きな学生でした。そんな彼にも、同じ大学でちょっとぽっちゃりめの彼女ができます。

彼は大学を中退し、自分で立ち上げたパソコンビジネスで独立します。弱小ベンチャー企業で、営業下手な彼は、資金集めに四苦八苦。その間も、彼女も教師をしながら不安定な彼を支えます。

彼の名は、“マーク・ザッカ―バーグ”。フェイスブックの創業者です。交際9年を経て、2012年にプリシラ・チャンさんと結婚しました。

普通の女性が一流の男を落とすとしたら、「青田買い」しかないのです。

ところが、多くの女性はすでに結果を出した男にばかり色目を使う。実績があって、金があってモテるのであれば、あちらは選び放題だ。若い美人も選べるなら、地味な女をわざわざ選ぶワケがない。

これから実る可能性がある男に、優しくすればいいのです。

140213kikuno

具体的にいえばこんな男達

・今がツラそうな男
・窓際部署に左遷された男
・会議で目立つ発言しない男
・誰からも期待されていない男
・失態をおかして落ち込んでいる男

等……。

普段であれば、視界にすら入れてなかった男かもしれませんが、見渡せば、職場や通勤途中にいるでしょう。

彼らに笑顔で、

「○○さん見てると、いつも元気もらってます」
「○○さんって、目の前の仕事を大切にするから尊敬します」

とか言ってチョコを渡せ。

コンビニの500円前後のチョコでOKだ。彼にとってそのチョコは、砂漠のオアシス。

辛いときに、大切にされた記憶は一生忘れない。人は誰だって、いい時もわるい時もある。わるい時は、いろんな人が離れていったり軽い扱いを受ける。

「こんな俺にチョコをくれた女性がいる!!」
「こんなボクを気をかけてくれた女性がいる!!」
「こんな自分をまともに扱ってくれた女性がいる!!」

ここから、青田どもが伸びていくのです。所詮青田君ですから、過度な期待はせずに、4人くらいに配ってね。


私のコラムの読者が50,000人いたとする。

50,000×4=200,000人。

このバレンタインに20万人の人生どん底の青田君にチョコが贈られる。

200,000人もいれば、

1人くらい上場企業を作るだろう。

1人くらい五輪メダルとるだろう。

5人くらいメジャーデビューするだろう。

10人くらい役員まで出世するんじゃない。

30人くらい部長までいくでしょ。

50人くらい独立して会社つくれるよ。

100人くらい次長になるべ。

500人くらい課長はいけるでしょ。

1,000人くらい、ヘッドハンティングされるよ。

10,000人くらい、その後チョコをくれた女性をデートに誘うよ。

100,000人くらいが、後日あなたのことを「優しい」って広めてくれるよ。

200,000人くらいが、今のどん底を脱出するよ。

今日が、会社がV字回復するきっかけの日かもしれない。今日が、未来のザッカ―バーグが生まれるきっかけの日かもしれない。今日が、未来のあなたの彼氏が、あなたを好きになる思い出の日かもしれない。


男の未来に期待してあげよう。

500円分でいいから。あなただって、この先調子がいいときも悪いときもある。

その時に支えてくれる人がいいならば、調子がいい人だけ見てちゃダメなんだよ。

●ライター/菊乃(彼氏づくり専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする