恋人と別れた後、もらったプレゼントは返す必要があるのか?

【相談者:20代女性】
はじめまして。長くなりますが、質問にお答えいただけると嬉しいです。先日、3か月程交際していた男性に別れを告げました。その際、「それは結婚詐欺まがいのものだ」と言われました。今までのプレゼント代を返してくれとも言われました

私が「結婚をチラつかせたことが要因だ」と彼は主張しますが、私はそれほどチラつかせた覚えはありません。と言いますのも、付き合い始めた当初、私が彼に、「先のことも考え長く付き合うつもりか、それともすぐに別れようと考えているのか」聞きました。あくまで、遊びでないかどうか確かめるためでした。彼は、「先のことも考えている」と答えましたが、私は特に賛同したりはしませんでした。

彼は私の上記の質問を聞いて、それなりに覚悟しながら付き合ってきたそうです。私にご飯をおごってくれたり、プレゼントなども結構してくれました。私は、結婚を考えられる人としかお付き合いしません。ですが、上記の質問をした後も、「まだ結婚するとは限らない。誰かほかの人とするかもしれないし」と彼には言っていました。

これは、私が結婚をチラつかせたことになるのでしょうか。「プレゼント代を返してほしい」と言われましたが、返さなければならないのでしょうか。お忙しいとは存じますが、どうぞご回答よろしくお願いいたします。


ご相談ありがとうございます。アディーレ法律事務所弁護士の島田さくらです。

これはまた、変な男にひっかかりましたね。「お金を出したら女は結婚してくれる」とでも思っているんでしょうか。そんな魂胆だから、結婚できないんでしょうね。あなたのしたことは結婚詐欺にはあたりませんし、プレゼント代を返す必要もありません。大手を振って別れましょう。

まず、今回ご相談者さまが「結婚詐欺」とご心配されているようですが、今回のケースが詐欺にあたるのか簡単にご説明します。

140211shimada

詐欺罪にあたるか

結婚詐欺とは、結婚するかのようなそぶりを見せて、恋人から財産を騙し取ることをいいます。“詐欺罪(刑法246条1項)”が成立するためには、

(1)財産を奪うために人を騙して
(2)これにより錯誤に陥れ
(3)財産を交付させて
(4)財産的損害を与えること

が必要です。
 
今回の場合、そもそもあなたの方から積極的に結婚の話をしたわけでもないですし、「まだ結婚するとは限らない。誰かほかの人とするかもしれないし」とも言っているので、“(1)財産を奪うために恋人を騙した”とはいえません。また、結婚を前提に付き合っている恋人には、「おごったりプレゼントをしなければならない」というルールや一般常識もないので、“(2)あなたの言動によって、彼がおごったりしなければならないという錯誤に陥った”ともいえません。
 
あなたの方から「結婚したら財布は一緒になるんだから」なんて言いながら、「あれ買って」「ここおごって」「お金貸して」と、散々彼にお金を出させておいて、急に消えるなんて場合は別ですが、付き合っている間に彼の好意でお金をだしてくれていたのであれば、詐欺罪にはあたりません。

プレゼント代を返す必要があるか

プレゼントは、法的に言うと“贈与契約(民法549条)”にあたります。一旦渡してしまえば、プレゼントはもらった人のものになります。別れたからといって、一方的に契約を破棄して「プレゼントを返せ!」なんて請求することはできませんし、「プレゼント代を払え!」なんて請求することもできません。

ですので、今回は結婚詐欺にあたりませんし、プレゼント代も返す必要はありません。

ただ、変な言いがかりをつけられないためにも、今後お付き合いする方が現れた場合は、恋人の気持ちだけもらっておいて、基本的にワリカンにした方がよいかもしれませんね。

【関連コラム】
弁護士がジャッジ! 別れた彼氏に「プレゼント返せ」と言われた場合の対処法
恋人に別れ話をしたら「デート代とプレゼントを返せ」と言われた時の対処法

●ライター/島田さくら(アディーレ法律事務所:東京弁護士会所属)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする