不満がある親は意外と多い? 結婚に猛反対する両親を説得するコツ3つ

【相談者:20代女性】
結婚をしたいと考えている人がおり、両親に紹介したところ、大反対を受けています。どうしたら円満に結婚をすることが出来るのでしょうか。両親になぜ反対なのかを聞いても、教えてもくれないので悩んでいます

a 両親の気になるポイントを理解する。

「結婚作家」池です。ご質問ありがとうございます。

結婚を反対されているとは辛いですね。大好きなご両親には賛成してもらいたいですよね。しかし実際の所、子どもの結婚相手に不満を抱いている親は多いようです。

ご両親が気にするポイントを考えてみましょう。

140210ike

(1)相手への不満は心配から

子どもの結婚相手に不満を持っている親は、なんと4人に1人という意識調査の結果もあります。反対まではしなくても、相手に不満を感じているご両親が非常に多いということです。

それとは逆に、結婚の意思を伝えた当人同士は、受け入れてもらえたと感じることが多いようで、双方の捉え方に違いがあるようです。

そして、ご両親がお相手に求める期待する部分としては、「意思」「家族関係」が多くを占め、続いて、「言葉使い」や「身だしなみ」が続きます。

意思という部分では長年育ててきた我が子と結婚をし、永く幸せに一緒に過ごす意思があるかということです。やはり親である以上、子どもの幸せを一番に考えているのです。

家族関係は相手のご家族の関係性です。どんな親を持ち、どんな生活をしているのか、その家族の関係は良好なのかを気にしているようです。家柄や財産と言うことではなく、家族関係を気にするという点でも、子どもを想う親の気持ちが現れているように思います。

つまり、親が結婚を反対する裏には、心配があるということです。

(2)「心配」の材料を「安心」に変える

ご両親に結婚を反対されても、まずは焦らないことです。ここで、「何が悪いの? 勝手にする」と喧嘩になってしまっては、ご両親も意地になります。ご両親の不満の裏には心配があるということを考え、安心できる材料を1つ1つ伝えてあげてください。

お相手のご家族にしてもらって嬉しかったことを話したり、彼の誇れる所をご両親に伝えていくなどの作業をしてください。

ただ好きで一緒になりたいということではなく、相手と居たら自分の子どもは幸せになれるという安心をご両親に伝えるのです。それを彼とも相談し意思として見せていくこと、感情的になり、焦らないことが大切です。

(3)「人柄」の良さをアピール

最後に反対されているご本人へのアドバイスとして、「自分を見せること」をお勧めします。

ご両親も人間。「この人は信用できるいい人だ」という部分が見えれば、好意を持ってくれるものです。条件や意識の違いなどもあると思いますが、結局のところは「人柄」です。

そのためには、相手のご両親に過剰に良く見せようとせず、構えすぎず、自分の自然な良さを見せることです。一度は反対されても、逢う頻度が増すたびに好感も得ていければ、反対から賛成になることも。

自分と自分の気持ちに自信を持ってくださいね。そして、お相手のご両親の文句を言わないように心がけてください。


大切に育てた子どもが結婚をするということは、喜ばしいことであり、その半面、心配や寂しさも感じるのが親心です。

そんなご両親の気持ちを理解しながら、じっくりと時間を使ってください。大切な時間、思いやりを持って進めてください。

【参考リンク】
「結婚の挨拶」に関する意識調査-「こどもの結婚相手に不満」な親、4人に1人の割合!!

●ライター/池倫子(結婚作家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする