アラフォー独身女性が今まで結婚を決めなかった3つのワケ

【相談者:40代女性】
大学病院で看護師として20年以上勤務しています。20代のころは仕事に夢中で、彼氏ができても「まだ早い」と思って30代前半まで過ごし、それなりに充実した人生を送っている実感もありました。ところが、30代後半に入って仕事も少しは落ち着いて、人にも任せられる立場になり、時間と気持ちのゆとりもできたのですが、途端に声を掛けられる機会が激減して自然な出会いもほぼ無くなってしまいました。

これではいけないと、婚活サイトや婚活パーティーに自分から参加したのですが、20代の時のように男性から声を掛けられることがほとんどなくなって、ショックを受けてしまいました。その後も、出会いを求め続けて婚活しているのですが、デートはしても付き合いたいと思う男性には巡り合えません。

とはいえ、自活できるだけの収入も得ているので、無理してまで結婚しなくてもいいのではと考えるようになってきました。結婚って、今までのライフスタイルを曲げてまでするほど魅力的なのでしょうか?

qa_a 彼氏ではなく「ライフパートナー」を探す意識が一層必要です!

こんにちは! 恋愛体質改善専門家のくにです。

最近はTVドラマでもアラフォー独身女性を描いたものが多い時代ですので、決して貴女たちの存在は少数派ではないと思います。私も同年代ですので、同級生を中心に相談は少なくありません。

ここでは未婚既婚問わず、多くのアラフォー女性に取材した結果から浮き彫りになった傾向を、紹介していきます。

140210kuni

(1)30代前半まで「好かれる努力」をほとんどしていない

本人のルックスや出会う環境も含めて、男性から声掛けられることが当たり前の状態にあると、どんな行動、言動、性格が男性に好まれるのかという、特に内面の向上心がどうしても足りなくなります。

男性が結婚対象として考えることが多い30代前半までに、好かれる努力をしているか、結婚を決定していないと、30代後半からは、男性の「見極める目」がガラリとかわり、途端に声が掛からなくなってしまうことが多いようです。

(2)仕事が唯一の「友達」状態である

残業も多くて仕事帰りも家に直行し、休日出勤もザラで、たまの休みも疲れが取れずに、寝て終わるような生活を強いられてしまっている女性も、最近はかなりいると感じています。

本人のキャリアアップを考えればある程度必要な時期もあるとは思いますが、男性に比べて結婚と出産にはある程度「期限」があることを意識して行動できているか否かで、結果が変わってしまっていることが多いようです。

(3)「大恋愛=結婚」と信じてきた

30代前半までにモテていると、「これ以上の相手がいるはず! それまでは結婚しない!」と思ってしまうことが多く、大恋愛こそ結婚に結びつくと考えてしまっている方が、アラフォー未婚女性には多いとの結果が、先の取材でアラフォー「既婚」女性たちから意見が聞かれました。


では、結婚した彼女達は、どんな心掛けをしていたのか?

結婚の決め手は? との問いに「落ち着く」「信頼できる」「思いやりがある」などと、ドキドキワクワク感が重視される傾向にある恋愛とは、少し違ったトーンの言葉が出てきました。

これこそが、アラフォー未婚女性が意識を変えてアンテナを張りたい、「ライフパートナーを選ぶキーワード」だと考えられます。

言葉の種類や決め手になることは人それぞれではありますが、一緒に人生を歩んでいくのに自分にとって大事なことは? という観点で考えてみると、それぞれの答えが出てくるのではないでしょうか。

アラフォー未婚女性は価値観がほぼ完成し、自分自身が把握していることをメリットと捉えて、例えば、「これだけは譲れない1点」を考えて男性を見ていけば、失敗する確率は下げられると思います。

まずは諦めずに少しだけ視点を変えて、出会いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

●ライター/くに(恋愛体質改善専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (6)
  • うーん (3)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする