“社会的交換理論”から見る恋の駆け引きテクニック

【相談者:10代女性】
私は今、女子大生です。好きな人が出来ました。彼はバイト先が一緒の同い年の大学生の男の子です。結構連絡をとってるんですが、私がすごいアピールして、あっちも私が好きなことを知っていて、LINEもまめにしたり、ヤキモチも妬いたり妬かれたりしますが、付き合うまでは発展しません。

でもこの間、遊園地に誘われて行ってきました。チケットも買ってくれてて、待ち時間も話してて、とても楽しかったです。その日にお礼のLINEをしてから、全くLINEが来ません。

いつもほとんど、私からしてるので待ってたのですが、遂に私からしてしまいました。

遊園地のときの写真を送って、お礼を言われた後で二回目のデートに誘いましたが、「テスト前で、テスト終わってからも春休みは忙しくて、時間が取れないかもしれない、厳しい」と断られてしまいました……。

もう終わったのかなと思いきや、バイトが一緒になって、普通に何事もなく会話をしてきたので、男の子の考えてることがますますわからなくなりました。

今後は、自分から行動しない方がいいですかね?


はじめまして、恋愛コラムニストの内埜さくらです。

相談者さんは初デートの日以降、彼からLINEの返事が来なくなったとのこと。来てもそっけないか、デートの返事にも「厳しい」という、悲しいお返事をもらってしまったんですよね。

でも、バイトが一緒になった時は、何事もなく普通の会話をする。初デート以前から、お互いにヤキモチを妬き合うほど仲が良かったとのことですから、これは初デートに何か理由がありそうです。

140205uchino

相談者さんのケースを、『社会的交換理論』に置き換えて考えてみましょう。この理論は、貨幣と商品を交換して商品を得るように、愛のやり取りを「交換」になぞらえる考え方です。

数式は、『報酬-コスト=成果』となります。

恋愛に置き換えると、『相手にしてもらったこと-相手にしてあげたこと=満足感』となります。

『社会的交換理論』を恋愛に置き換えると、「成果=満足感」は大きすぎると良くないと言われています。自分がしてあげたことよりも、相手にしてもらったことのほうが大きすぎると、“重い”となるからです。

ですが、ご相談内容を拝読する限り、相談者さんは違う意味での“重さ”を与えてしまったような印象を受けました。

詳細が書かれていないのですが、遊園地デートの時、チケットは彼が買ってくれたとのこと。相談者さんはこのお礼を、言葉で「ありがとう」と伝えることはもちろん、金銭面でもお返しをしましたか? まだ10代の彼が、チケット代を出すのは、金銭面でかなり負担だったと思います。

これに対して、もし相談者さんが、「次は私が出す」といった金銭的なお礼をしていなかったとしたら、彼の中では、「費用を捻出してまで次のデートに誘いたい相手か否か」を天秤にかけて、残念ながら答えは、“NO”だったのかもしれません。あるいは、これは取材した男性の話ですが、『自分がデート費用を全て出したいから、お金が貯まるまでは誘わない』という声もあります。

相談者さんがお返しをしたのか、また、彼がどちらのタイプに当てはまるのかは現段階では不明ですが、もし次に誘うのであれば、「この前はチケット代を出してくれてありがとう。お礼がしたいから、次は私が出すから(彼の行きたい場所に)行こう。春休みが終わってからでもいいから、考えておいて」と誘ってみてはいかがでしょうか。彼にしてみたら、「お返しがしてもらえる」+「自分の行きたい場所に行くことができる」というメリットが2つもあるので、誘いに惹きつけられやすくなります。

バイトが一緒になった時は、普通に会話をするとのことですから、まだ挽回は可能かと思われます。もしまた何かありましたら、いつでも連絡をください。

相談者さんと彼が、上手くいきますように。

●ライター/内埜さくら(恋愛力アップ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする