別れさせたいカップルがいる〜別れさせ屋の実態〜

【相談者:20代女性】
ネットで別れさせ屋というものを見つけたのですが、どういったものなのでしょうか? どんな状態の恋人同士でも別れさせます! と言ったページだったのですが、気になります。もし、本当なら、別れさせて欲しいカップルがいるのですが……

a「人を呪わば穴二つ」他人の不幸を願った先にあるもの。

こんにちは! 火消し探偵の山木です。

今回の質問は「別れさせ屋」について知りたいということ。「別れさせ屋」とは、どういったものかと言うと、読んで字の通りの「別れの工作」を仕掛ける業者or個人のことです。

一時期、殺人事件に発展した案件があってか、テレビで盛んに取り上げられていた時期もあったので聞いたことがある人もいるかもしれません。

・夫と不倫相手を別れさせたい
・奥さんと別れさせて、自分だけの男にしたい
・自分を捨てて他の男に乗り換えた元彼女を取り戻したい
・同僚が玉の輿結婚を控えてるのが許せない

「別れさせたい」理由は人それぞれ。質問者様が何故別れさせたいのかの理由が書いていないので、今回は「別れさせ屋」の手法を説明します。

勘違いして欲しくないので強調しておきますが、「探偵」は「別れさせ屋」ではありません!

一部、「探偵」を名乗りながら「別れさせ屋」をやっている所も有るには有るのですが、多くの探偵は別れさせ工作などしません!! 人の不幸を自ら「工作」して作り上げ、それをギャラに変えるなど、探偵業から大きく逸脱しているものと私は考えます。

話が逸れました。

別れさせ屋の手法ですが、男の方に仕掛けるか、女の方に仕掛けるかは依頼の内容次第。だいたいは男の方に仕掛け人(女)をぶつけて、浮気の事実を恋人にばらすことが多いようです。

yamaki02

ステップ1……下調べ

別れさせ屋は、徹底的にターゲットのことを調べます。男の方に仕掛けた方がいいのか、女の方に仕掛けた方がいいのか……。

外見の好みは? 趣味は? 出身は? 通っていた学校は? 生活の範囲や遊ぶ範囲は? 友人の属性は?

下調べに1か月近くかけ、少しでも不安要素がある内は工作のスタートをしません。

一例を出すと、ターゲットの出身地が○○県の△△市だとすると、実際にそこの人間でないと分からないような話題まで仕掛け人はマスターします。そして徹底した下調べの結果、「この内容で行こう」とシナリオが決まったら、仕掛け人をターゲットに偶然を装い接触させます。

ステップ2……接触

皆さんは恋人(配偶者)がいる時に自分の好みの異性と出会ったらどうしますか? 自分の好みの異性が話しかけてきたら、どうしますか?

飲みに行った先で、通っているジムで、勤務先の近くで、最寄駅の本屋で、自宅近くのコンビニで……。例を出せば幾らでも出てきますが、人が人と出会う場所など無数にあります。

本屋で横にいた人を自宅付近のコンビニで見かけたら? ジムで見かけた人を会社付近の飲食店で見かけたら?

“たまたま”相手があなたのことを覚えていて、「この間、会いましたよね?」と声をかけてきたら? その相手が、“たまたま”あなたの好みのタイプだったら? “たまたま”あなたと意気投合したとしたら?

このような「偶然」が重なれば、貞操観念にもよりますが、だいたいはターゲットと仕掛け人は「知り合い」になります。その「偶然」は当然「作られた」ものですが、多くは急接近して行くことになるでしょう。

ステップ3……作られた運命の引力

皆さんの今の恋人(配偶者)や、昔の恋人との出会いの切っ掛けを思い出してください。日時が少しでもずれたら知り合いにもならなかったという出会いはありませんか?

そんな中に知り合えて、お互いが気に入ったから交際が始まって行ったのは「運命」だとは思いませんか?

そういった度重なる作られた「偶然」を「運命」のように演出して仕掛け人はターゲットと親密になって行きます。それこそ、今の恋人(配偶者)と付き合っているのは、ただ「仕掛け人」よりも先に出会ったということだけが理由であるかのように……。

ステップ4……恋仲を壊す

ターゲットが正直に恋人(配偶者)がいることを告白してくるなら、「別れて仕掛け人と一緒になるように仕向けさせる」ことをしたり、ターゲットが隠しているなら、頃合いを見て恋人の前で“偶然出会う”などの修羅場を作るなどして……最終的には別れさせます。

実際にあった例としては、「恋人の誕生日に鉢合わせる」ような「寄りを戻す余地を残さない」別れさせ方を工作します。

ステップ5……仕上げ

別れた後に1か月ほど付き合い続け、寄りをターゲットが戻すことが無くなったなと判断した後、仕掛け人はターゲットの前から消えます。


以上で「別れの工作」が完了です。

一連の流れ、相手が「別れさせ屋の仕掛け人」だと分からなければ、「浮気した結果、本命と別れた。浮気相手とも続かなかった」となるだけ。

質問者様はこの後どうしますか?

「恋人(配偶者)」とも「仕掛け人」とも別れて傷心となっているターゲットに、「依頼者」が接触するという流れでしょうか? それとも、ターゲットに恨みがあり、ターゲットの「幸せ」を壊したかったというだけでしょうか?

言っておきますが、この「別れさせ屋」は物凄い料金がかかります。一連の流れを読んで考えれば分かるように、決して安いものではありません。下調べにもお金はかかるし、仕掛け人の拘束時間は3か月以上にも及ぶ。

その料金は幾らになると思いますか? 私の知っている業者は最低150万円と言っていました。この料金を妥当と思うかどうかは人それぞれです。目的のために「手段」も「お金」も「時間」も惜しまない人もいます。

お金以外のデメリットは、ターゲットが仕掛け人と親密になるとは限りません。どんなに好みのタイプでも、どんなに運命的な演出をしても100%ということはなく、誘惑のリンゴを拒否する人も中にはいます。

また、首尾よく別れさせることが出来たとして、貴方ががその後釜に入れるとも限らない。

それは貴方の魅力次第ですから。

むしろ、かかるお金や時間を自分の魅力を磨くことに使った方が、余程有意義なことかもしれません。

そうしたデメリットや高額な料金などを考えても、「別れさせ屋」に依頼するというのは、余程の理由があるのか、愛憎で狂う人間だからこそ……でしょうか。

【関連コラム】
・復活愛であの頃をもう一度〜復縁屋の実態〜

●ライター/山木陽介(探偵専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (25)
  • うーん (16)

恋愛jpをフォローする