全体の約3%が同性だった? 7か月で7000組のカップルが同性婚したフランスの結婚事情

【相談者:20代男性】
ここ近年、世界のあちこちで同性婚が進んでいますよね。特に昨年はフランスの同性婚が話題になったと思うのですが、同性婚が施行されるとどのくらいのカップルが結婚しようと思うのでしょうか。具体的な数値があれば、ぜひ教えてください

a 同性婚が認められたフランスでは、7か月で7000組のカップルが結婚したようですよ。

ライターの雪見かおるです。ご質問ありがとうございます。

実際に同性婚が成立すると、どのくらいのカップルが結婚をするのか、というご相談ですね。相談者さんのおっしゃる通り、昨年は5月にフランスで同性婚が合法化し、世界で14番目に同性婚を認める国になったと話題になりました。

今回は、そんなフランスの同性婚が成立してから、どのくらいのカップルが結婚したのか、ご紹介したいと思います。

140131yukimi2

同性婚した同性カップルは、昨年結婚したストレートカップルの約3%!?

『フランス国立統計経済研究所(INSEE)』が今月14日に発表した情報によると、フランスが2013年5月に同性婚を合法化してから年末にかけて、法的に婚姻関係を結んだ同性カップルは、約7000組に上ったとのこと。

ちなみに、2013年にフランスで結婚したカップルの総数は、約23万8000組。そのうちの約3%が同性同士で結婚をした計算になることから、これらの数値は、なかなか感慨深いものといえるかもしれません。

また、結婚したカップルの詳細についても明らかになっています。なんでも同性婚をしたうちの約6割は男性同士だったそうで、平均結婚年齢においては、男性カップルが50歳、女性カップルは43歳。これに比べて、ストレートカップルは男性が37歳、女性が34歳だったことから、同性間と異性間との結婚平均年齢に若干差があるところが興味深いですよね。

これら同性同士と、ストレートの結婚年齢の違いについて、INSEEいわく、「制度初年のため、以前から事実婚関係にあった同性カップルが法的手続きを取ったケースが多かった影響」と説明。まさに、年齢が上であればあるカップルほど、お互いに結婚できる日を待ちわびていたのかもしれません。

PACSがあるフランスでも同性婚を望むカップルはたくさんいる!?

昨年、同性婚が認められたフランスですが、フランスにはこのほかにも同性結婚の代替措置といわれるPACSが99年から施行されています。2012年12月に同INSEEが調べた情報によると、PACSを結んでいる同性カップルは全体の0.5%。人数に換算すると約20万人の人がPACSを利用しているのだとか。

今回はフランスのみの結果でしたが、世界を視野に入れると、同性婚をした同性カップルはまだまだたくさんいるはず。それだけ同性婚を望んでいる同性カップルもいると思うので、これから少しずつでも、同性婚の波が世界に広がっていくといいですよね。

【関連コラム】
世界の“同性愛事情”を揺るがす2大国際ニュース

●ライター/雪見かおる(セクシャリティ専門家)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

注目の記事

恋愛jpをフォローする