振られてからの再告白はアリ?ナシ?成功のコツ5つ

好きな人に告白をするには、勇気がいります。
ふりしぼった勇気の結果、振られてしまうと、かなりつらくて悲しいものです。

多くの方は、落ち込んだあとに諦めることも考えるようですが、考えた結果「すぐに諦めることができない」と思うことは、少なからずあります。

「もう一度告白したい」
「振られたけど付き合いたい」

相手を好きだという気持ちが大きいほど、このように思うのは自然かもしれません。

恋愛は、振られてもすぐにリセットすることが難しいものです。
自分の気持ちを大切にして、もう一度チャンスをうかがって再アタックするのも、ひとつの恋愛のカタチでしょう。

そもそも再告白はアリかナシなのかや、断られてから行う行動や、再告白をするときのセリフまで紹介します。

再告白はアリ?ナシ?

そもそも、再告白ってアリなのでしょうか。
それともナシなのでしょうか。

いろいろ意見をみてみましょう。

「アリ」派の意見

  • 一回振ったのに、それでも好きっていれるとキュンとする
  • 本当に自分のことを好きなんだなと思う
  • たまたま、告白されたタイミングが合わなかっただけだから、今ならOK
  • 告白されてから気になって見てたら、いつの間にか好きになってたから、もう1回言ってくれたらなぁ

「ナシ」派の意見

  • いやもう1回断ったんだから、わかって欲しい
  • 断るのもしんどい
  • 押せばなんとかなる問題じゃない
  • 何度告白されても気持ちは変わらない

振られた理由を冷静に分析!

告白した相手に、あなたと付き合うことができない理由をしっかり聞きましょう

振られた理由が納得できるかできないかによって、今後は自分がどうすればよいのか、気持ちの整理につながります。

諦めるか、再告白をするのかを決断する前に、振られた理由を冷静に分析することが大切です。

再告白が成功しやすい「振られた理由」は?

振られた理由が、「今は付き合えない」などという限定的なものや、曖昧なものであった場合は、これから再告白の成功率をあげることができるかもしれません。

(1)タイミングがダメだった

カップルが成立するために大切なのは「タイミング」です。

例えば、相手が「大きな仕事を抱えている」「大事な試験にチャレンジしようとしている」などと、たまたま恋愛から遠ざかっている時期だった場合は、時期が悪かっただけかもしれません。

この場合は、相手の今一番大切なことを優先して待つ姿勢でアプローチしていきましょう。

(2)相手にとって「あまり知らない人」だからダメだった

また、そもそも相手との接点が少なく、自分のことをあまり知ってもらえていない状態での告白は、相手にとって驚きという要素が多いケースになります。

このケースは「あまりよく知らないから、簡単には付き合えない」という思いがあるため、これから知ってもらえれば、チャンスが可能性があります。

告白された側は、一度目の告白で、初めて振った相手を意識するようになるため、振ってから相手のことを気にするのです。
期間をおいて再告白をすれば、うまきいくかもしれません。

(3)交際相手がいるからダメだった

「交際相手がいる」という場合は、うまくいっているときは、付け入る余地はないかもしれません。

しかし「マンネリ化している」「別れそう」などという情報があるなら、略奪愛もしくは自然消滅など、あなたにチャンスが巡ってくる可能性がでてきます。

いずれも、最初から脈ナシと諦めるには早いかもしれません。

再告白が失敗しそうな「振られた理由」は?

振られた理由によっては、自分がどう頑張っても、難しいケースもあります。

それは「婚約をしている」「実は結婚していた」「海外に永住する予定」などでしょう。

(1)婚約・結婚をしていたからダメだった

結婚や婚約が振られた理由の場合は、付き合いたいという夢は、叶いにくいといえます。

障害があるほど「結婚していてもかまわない」などと気持ちを盛り上げてしまいがちですが、いったん冷静に考えましょう。
もし略奪愛が成功したとしても、パートナーと自分の間で苦しむのは、大好きな相手なのです。

また、相手が既婚者の場合だと、相手のパートナーから不倫の慰謝料を請求されるリスクがあることも忘れてはいけません。
不倫は、一時的な幸せは得られても「辛い」「苦しい」という感情もつきまといがちです。

(2)相手が海外に移住予定だからダメだった

海外に移住すると決定している場合は、相手がその準備に追われてて、恋愛どころではない状況になりがちです。
しかも、日本に戻る予定がないなら、なおのこと恋人を作ろうとは考えにくくなるため、難しくなってしまいます。

万が一、付き合うことができたとしても、待ち受けているのは遠距離恋愛にするか、一緒に海外についていくかという選択になるため、難しいかもしれません。

再告白を成功させるコツ5選

「自分に好意を持ってくれている人がいる」とわかると、急にその人のことが気になりだしたり、興味がわいてきたりする心理を、心理学では「好意の返報性」といいます。
1回告白されてから意識をし始めて、恋愛感情が生まれやすくなることもあるのです。

とはいえ「もう1回、告白をしようかな」と思ったからと、すぐに再告白をするのは失敗のもとです。

再告白を成功させるためには、コツがあります。
そこで、振られた後に効果的なアプローチ方法を紹介します。

自分の状況に合ったものがあれば、成功率アップのために参考にしてください。

(1)冷却期間をつくる

まずは、冷却期間を設けましょう
振られる方はつらいですが、振る方もつらいものです。

そのときの状況や感情をすぐに思い出せる間は、再告白がうまくいきにくいといえます。
ある程度、忘れられる期間があったほうが、スムーズにものごとは運ぶのです。

具体的には3か月程度が、ひとつの目安です。
その間に、うっとうしいと思われない程度に、さりげないアピールを相手にしていきましょう。

(2)「友達」としての距離を保つ

「振られたけど友達でいたい」と思うことは自然なことでしょう。
関係性を終わらせたくないというのは、だれしも思うことです。

一度振られた相手に再アプローチをする場合は、友達の状態で相手と近い距離を保つことが大切です。

LINEやメールなどでよいので、連絡を取りやすい関係でいましょう。
しっかり連絡を取って、笑いあえる関係性でいると、振られたあとの「気まずさ」「ぎこちなさ」も少なくなります。

また、相手との会話から女性関係・男性関係についての情報もチェックしやすく、恋愛への考え方がわかります。
そのため、再告白も絶好のタイミングを見計らいやすいでしょう。

相手にとって一番の相談相手として、いつもそばにいる努力をするのも作戦のひとつです。

(3)イメチェンをする

イメチェンは「今までの自分とは違う新しい自分になる」という気持ちの入れ替えが、できるため自分のためにもオススメな方法です。
相手にとっても、これまでのイメージから変わった部分があると、気になります

自分のためにも、作戦としてもイメチェンは大切だといえるでしょう。

「前髪を切る」「服装を変える」「新しい靴を買う」などどんなことでもいいので、古い自分を脱ぎ捨てるという決意も込めて、部分的に印象を変えてみましょう。

好きな相手と大学・職場やバイト先が同じなど、接触する機会が多いケースでは、とくに気付いてもらいやすいでしょう。

「なんだか変わったな」と思わせることができれば、気を引けている証拠です。

(4)押したり引いたり「駆け引き」をする

恋愛に駆け引きは付き物です。

まずは、好きな相手の心に「自分のことを好きでいてくれる存在」「いつもそばにいる存在」として、あなたが根付く必要があります。

相手と定期的に連絡をとったり会える場合なら、少しだけ返事の間隔を空ける、忙しそうにふるまう、などのように態度に変化を出すのもひとつの作戦です。

また、異性と仲良さそうにしているところを、相手に見せるのも、上級者テクとしておすすめです。

そばにいて当たり前だった人・自分に好意を寄せている人が、離れていきそうな不安を相手が感じたときに、新たな発展がみられるかもしれません。

(5)いつもと真逆な一面をみせる

人が異性に惹かれるときは、自分が思っていた通りの人間よりも「意外な一面」「ギャップ」があるほうが恋愛対象に入りやすいようです。

これは、展開が読めない映画やドラマの方が「次も見たい」と興味が湧くことに似ていて、「相手のことをもっと知りたい」と思う好奇心が高まるからといわれています。

いつも元気な人なら清楚な一面を、静かなタイプは活発な一面を、クールなタイプなら無邪気な笑顔を見せる、などと「自分には珍しいな」と思う一面を好きな相手に見せてみましょう。

再告白!心に響くセリフは?

先ほどの5つのコツをクリアして「そろそろ再告白をしようかな」と考えたとき、なんて言えばよいのでしょうか。
最初の告白と同じセリフでは、なんとなく断られそうでちょっと怖いと思う人は多いようです。

ここでは、再告白のセリフのパターンを紹介します。

一度目にどのように告白しているかにもよりますが、自分と相手の関係やシチュエーションに合ったものがあれば参考にしてください。

(1)直球勝負!ストレートに愛を伝える

「好き」
「あなたのことが忘れられない」
「あきらめようとしたけど、もっと好きになった!」

素直な気持ちを伝えることが、心に響く場合があります。

ポイントとしては、相手の顔や目をみてしっかりと言うことです。
より真剣さが伝わるでしょう。

こちらが直球でアタックしている分、相手も本音で回答しやすい再告白の方法です。

(2)意味深なセリフ!相手を少し困らせる

「もう会わない」
「一緒にいるとつらい」

このように、少し意味深なセリフを使う方法です。
このセリフは、相手とある程度近い距離の方が使うとよいでしょう。

相手は一瞬ドキッとして「どうして?」と切り返したくなります。

その続きが「好きすぎてつらい」「友達以上になれなくてつらい」などと、片思いの切なさをアピールするもの作戦です。

(3)男子にオススメ!プロポーズ

「ずっとそばにいたい」
「付き合わなくていいから結婚してください」

女子はロマンチックなセリフや展開に、胸がズキュンとなります。
この作戦は、結婚を考えているほど真剣なんだとアピールする方法です。

まずはデートの約束をして「夜景のキレイな場所」「レストランの個室」「観覧車の頂上」「クルージング中」など、相手の女性が心惹かれるシチュエーションを作りましょう。
ドラマのワンシーンかのような、ロマンチックな雰囲気を作ってから、先ほどのセリフを言うのです。

真剣な気持ちが伝わり、セリフも数倍増しで相手の心に響く可能性があります。

悔いのない恋愛をしよう

片思いが長く続くと「苦しさ」「切なさ」「つらさ」など、胸がつぶれそうな感情を経験することが多いでしょう。

万が一、失恋をしたとしても、この経験はこれからの人生における糧となり、無駄なことはひとつもありません

再告白をするか、諦めるか、と考えたときに「どうしたらいいかわからない」と心が決まらないまま、中途半端になる時期ももちろんあることでしょう。

しかし、中途半端に諦める方向に進むと、未練が残り苦い思い出になる可能性があります。

大切なことは、恋が実るかどうかよりも「いかに自分の恋愛に満足できるか」です。
人の意見に流されず、自分でよく考えて、悔いのないように行動することが大切といえます。

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (165)
  • うーん (44)

恋愛jpをフォローする