メキシコ人女性を本気で口説くためのアドバイス

【相談者:20代男性】
僕は現在留学中で、知り合った現地人の女の子が好きになり、告白して断られてしまいましたが、諦めきれません。

最初は、ただ彼女が欲しいだけで彼女をそういう風に見ていましたが、段々と彼女の、僕の未熟さをフォローしてくれる優しい所に惹かれていきました。何度か彼女の家のパーティーに呼んでもらい、一度だけ2人で出かけたりもしました。彼女と知り合ってから1か月程、僕は他の街に移らなくてはならなくなりましたが、それでも連絡をとり続けて、今までに彼女の家にも何度か遊びに行きました。遊びに行く時は、彼女のご両親がとても良くしてくれました。

半月前に彼女に気持ちを伝えたところ、『友達としてしか見ていなかった、お互いのことまだよく知らないし、何より距離がある。あなたは日本に帰ってしまうし、それに今は他に好きな人がいるから、あなたの気持ちには答えてあげられない。日本でいい人を見つけて欲しい』と言われました。

その時、僕は、“いつか日本に帰ってしまうことで気持ちを伝えるのを焦っていた、まだ彼女に信頼されてもいなかったのだ”と、話を聞いていて気づきました。そして何より、“男として未熟だった、日本でもモテないくせに……”とも反省しました。

ですが、僕が外国人だから、彼女が僕に対して壁を作っていたのではないかとも疑って悲しくなったりもします。しかし、振られた後に、『あなたとここまで友達になれるとは思っていなかった。私たちの関係は壊れたりしないから心配しないで』とチャットでメッセージをもらいました。今、連絡を週に何度かとっています。僕自身、なぜ彼女は自分が振った相手と連絡を取るのだろうと思っています。でも、彼女に、『今、好きな人とチャットしてたからあなたへの返事が遅くなってしまった』と言われるのがとても辛いです。

最近では、しばしば返事が来ないこともあります。彼女に自分を印象付けようと、必死でストレートに好意をつたえてしまうからです。自分への自信のなさも原因だと思います。また、Skypeで話したいと何度かお願いしましたが、『持っているがうまく使えない』と理由をつけられて断られてしまいました。

振られた時、彼女に言われた一言でとても印象に残った言葉があります。『距離が離れていると難しい、前の彼とは遠距離で、結局続かなかったの。今好きな人は同じ学校にいるの』。その時、僕は彼女に、“例え国が違っていても難しくはない”と証明したい、と思ってしまいました。もちろん、まだ彼女が好きだからです。普段多忙な彼女とその好きな人との仲を邪魔せずに連絡をとっていき、休暇を利用して年に2回程会いに行きたいなと思っています。もちろん、僕が男として成長して、彼女の言葉をもっと勉強して。また、彼女のご両親にも、僕の彼女に対する気持ちを帰ってしまう前に相談も含めて話してみようと思います。協力して欲しいのではなく、僕はやはり外国人なので彼女に対する気持ちが遊びではないと知ってもらいたいというのがあります。

そのために、お互いの、また相手の家族との文化や言葉の壁を乗り越えられるように、気力が続く限り最大限努力したいと思います。しかし、それを言われたご両親は困ってしまうのではないか? 彼女の両親から罵倒され拒否されるのでは? と葛藤もあります。というのも、既に彼女のご両親は、彼女の好きな人を紹介されているはずだからです。

2年後くらいに、僕はメキシコに仕事を探しに戻ってくるつもりなので、その時にお互いに想う人がいなかったら、もう一度彼女にアプローチした上で告白したいと思います。だけど、いつか彼女に嫌われるか忘れられるかして、もう会えなくなるのではと不安です。

国が違う彼女との心の距離を縮めるにはどういった行動をしていけばいいでしょうか? 自分の真剣さは彼女とそのご両親にとって重いものになってしまうでしょうか?

a もう一度スタートラインに戻ってみて。

はじめまして。国際恋愛専門家のCocoです。

彼女を想う真剣なお気持ちが、ご質問からすごくよく伝わってきました。言葉や文化は違っても、同じ人間です。まずは、「あなたが彼女にとって外国人だから壁を作られていた」「外国人だから信頼しきってもらえない」という考えは、頭から除きましょう。

その上で、彼女があなたにとっている行動を思い返してみて下さい。今、好きな人がいることを正直に話してくれ、あなたと彼女の友達関係は壊れないと宣言してくれ、その証拠に、あなたと今でも連絡を取り合ってくれている。とても正直で、まっすぐで、純粋な女性なのだろうと想像します。

これは、もちろん彼女の性格もあるかと思いますが、あなたの真剣な気持ちが伝わっているからではないでしょうか。相手の真剣な思いに答えられないほど、辛いことはありません。振られるより辛いという人だってたくさんいます。

あなたとせっかく友達になれた事を、素直に心から喜んでくれている彼女に対して、振られたからとアレコレ難しく考えるのはやめて、ひとまず、彼女にとって“かけがえのない特別な友達”になれるよう努力してみましょう!

140129Coco

メキシコ人男性に習う『メキシコ流口説き文句』

メキシコは別名、『太陽の国』とも言われている情熱にあふれた国。恋愛も盛んで、付き合った人数は20人とか30人とか、二けた台もざら。切り替えの早さだってピカイチで、振られたってすぐに次の相手に熱をあげられるメキシコ人は多いと言われています。

そんなワケで、いくら今現在彼女に好きな人がいたって、彼女の次のお相手はあなたになることだって十分あり得るのです。彼女の特別な友人になる努力をしながらも、彼女を想う気持ちを、シチュエーションに合わせて、さらりとロマンチックに伝えてみてはどうでしょうか。

メキシコ人男性に負けてなんていられません。メキシコ人男性は、愛してる、好きだよ、というストレートな感情表現に加えて、とてもロマンチックな言い回しをする人が多いのです。夕日を眺めて「綺麗だね!」と言う彼女に、さらりと、「君のほうがずっと綺麗だよ!」なんて言葉を囁いてみてください。きっとロマンチックな口説き文句を聞きなれている彼女ですから、日本人の緊張した面持ちで、「好きです! 真剣です!」なんていう堅苦しい愛情表現よりも、すんなり聞き入れてくれるかもしれません。

浮気性な国民性に効く!? 女性をおとすテクニック

情熱的で、恋愛が盛んなメキシコは、その反面で問題を抱えているのが現実です。その問題は、やはり浮気。恋人同士なら、喧嘩して別れたわ! で済む話でも、結婚しているとそうはいきません。愛人がいる男性も多く、その愛人との間にも子供ができて、ふたつの家庭を持っている男性もメキシコでは少なくありません。そして、辛く悲しい想いをしている女性も数多くいるのが現状なのです。

女性なら誰しも、一人の男性に永遠に愛されたいと願っているものです。そこで、「日本人の真面目さ」「律儀さ」「一途さ」をアピールしてみてはいかがでしょうか? 離れていても、彼女だけを想う気持ち、彼女を大切に思う姿勢、行動、メキシコ人にはない魅力で、彼女も、彼女のご家族も、きっとあなたを信頼するはずです。

そして、メキシコ人はプレゼントが大好き! デートの際、花束を抱えて彼女を迎えに行くなんて日常なのです。遠距離恋愛で会えない場合は、例えば、メールで何気なく彼女が言っていた事を聞き逃さずに、今、彼女が欲しいモノなどをリサーチして、たまには郵便でプレゼントを送ってみるのも良いかもしれません。その時は、忘れずに、ロマンチックな一言も添えて……。

辛い恋愛なんて恋愛じゃない! 恋愛は楽しむもの!

彼女のご家族も、あなたにとても親切にしてくれるという事なので、あなたが信用されていないという事は、まずないと思います。娘の大切な友人のひとりとして、ご両親も大切にして下さっているのだと思います。

しかし、メキシコは恋愛に対して、とても楽観的で、恋愛は辛く苦しいものではなく、楽しむもの、幸せになるためにするものだと強く考えられています。辛い、苦しい想いをする恋愛なんて、すぐにパス! な国なのです。なので、あなたのように、会えない異性を長年思い続けるという事は、少し理解が得難いかもしれません。

ご両親に相談したところで、もしかすると、「娘には好きな人がいるから、君は早く次のお相手を見つけなさい」なんて返事が返ってくることも予想されます。そう言われたって、ショックを受けるのはまだ早い! ご両親は、あなたが楽しめる恋愛ができる事を願っているだけです。やっぱり僕はご両親にも信頼されていなかったんだ、なんて思わずに、「それでも僕は、彼女の事を想うだけで毎日がハッピーだから!」というようにポジティブな返事で返しましょう!

太陽の国メキシコで、あなたの恋愛が熱く燃え上がりますように。心から応援しています。またいつでもご相談くださいね!

●ライター/Coco(国際恋愛専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする