「出会いがない」と嘆く女性の根本的原因と改善策2つ

【相談者:20代女性】
都内の金融関係の企業に勤めています。窓口業務を担当させていただいていることも影響してか、お客さんや社内の男性、及び取引先の男性など比較的多くの男性から声を掛けられる環境にあります。しかし、食事やデートをしても、自分が「これだ!」と思うような男性に巡り合えません。

どうしたら理想の彼氏と出会えるのでしょうか? それ以前に、私ってわがままですか?

a 自分自身が、ホントに「幸せになる軸」を見つけましょう!

こんにちは! 恋愛体質改善専門家のくにです。

私がこの仕事に携わっていて最も多い悩み相談は、この、「出会いがない」ということです。一般的にモテる部類に入る女性でも、同様の悩みを抱えている方は多いので、わがままではないと思います。

ただ、このことはもう少しタイプ別に分類する必要があります。

(1)出会いはあるけど「いい彼氏がいない」
(2)「出会いそのものがない」

ここでは、今までに私が承った相談内容から、実際にどのような傾向があり、そしてどのような対策が有効であったかをお話ししたいと思います。

140127saito

(1)出会いはあるけど「いい彼氏がいない」

「いい彼氏がいない」と感じるのは、どんな男性であれば自分が幸せになれるというポイントが、過去の経験や感覚にのみ頼り切っていたり、ポイントそのものに自分自身が気づいていない場合が傾向としては多いようです。

では、どのような対策が効果的なのか?

それは、その女性がどんなことを魅力的に感じて、できるだけ長く一緒にいたい、お付き合いしたい、結婚したいと思うのかを、あくまで具体的な性格やエピソードなどで言葉にできるかが重要です。

例えば良く聞く答えとして、「好きになった人が好きなタイプ」というのは、実は自分自身がきちんと自分の好きなタイプを理解していない場合が多いです。

自分のココロがときめいた瞬間はどんな時だったかを、よ~く思い出してみてください。嫌味のない自然な気遣いのある優しいところだったり、何を一緒に食べるのかを迷っている時にリーダーシップをとって少し強引にでも決めてしまうところだったり、まずは思いつくままに挙げてみてください。

そうしていくうちに、段々と「いい彼氏像」が内面から出来上がってくるはずです。もしかしたら、優先順位もつけられるかもしれません。

魅力的に感じるポイントが、年収や肩書などの「スペック」になる方はそれでもいいのですが、年収や肩書はその人のアイデンティティとは言い難く、ココロとココロの結びつきとは違って、相手の方との結びつきがあまり強いものではありませんので、できれば、内面のポイントで挙げてもらった方が、自分自身の「幸せ軸」を持つことができ、心の拠り所ができることで安らかな気持ちを持ち続けて出会いを探せている方が多いように感じられます。

(2)「出会いそのものがない」

次に、「出会いそのものがない」という女性の傾向として挙げられるのは、現在の生活パターンでは男性と知り合うキッカケが物理的に全くない場合と、キッカケはあるのに自分からは逃している場合があるようです。

では、どのような対策が効果的なのか?

物理的に全く知り合うキッカケがない場合には、そのままの生活を続けた「10年後の自分」を想像してみてください。

他人との比較ではなくて、自分自身がホンネで幸せな人生だと思えるならば、無理に彼氏を探す必要も結婚する必要もないと思います。もし、いまのままの10年後を望んでいないのであれば、考え方と生活パターンを少しずつでもいいので変える必要があるでしょう。

例えば、会社の周りにいる人に今までよりも少し相手の立場に立って優しくしてみたり、「ありがとう!」「助かりました!」など、感謝を言葉で伝えてみたり。

恋愛には関係なく、優しく前向きなココロになれるので周りのあなたへの見方もかわり、思いもよらぬところから声が掛かるかもしれません。また、周りの誘いや自分自身から今まで接することのなかったコミュニティ(飲み会や趣味を通じたものなど)で、交友関係の広がりも期待できるかもしれません。

また、キッカケを自分から逃している場合とは、現在の生活行動半径に、ある程度男性が周りにいるのに、その男性達があなたの好みのタイプを高水準で満たさないので、あなたから親しくなろうとせず、見向きもしなくなってしまっている場合などです。

そうすることで、その男性達の「後ろにいる交友関係」の可能性を自ら断ってしまっているのは残念なことです。この場合も、「10年後の自分」を想像し、望んでいない姿であったら出会うキッカケすらない場合と同様に考え方を変えましょう。そうすれば、周りに男性はいるので、出会いの環境を自らよくしていくことは十分可能となっていくようです。

いずれにしても、最も大事なことは、「自分にとっての幸せ軸を見つける」ことであり、それを見つけることができれば、10年後、さらには20年後にココロ豊かな人生を送ることができるのではないでしょうか。

●ライター/くに(恋愛体質改善専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする