一回り年下の女性への片思いを成就させる「大人の恋愛3か条」とは?

【相談者:20代男性】
同じバイトの、一回り年下の女性を好きになりました。最初は全く興味がなかったのですが、周りから彼女が自分に対して好意を持っている事を聞き、徐々に会話をしていくうちに意識していきました。彼女からLINEをしようと電話番号を聞かれ、何度かやり取りをしたり、食事に行こうと何度か誘ってみたのですが、お互いの予定が合わずに行く機会がありませんでした。

たまたまバイト先の飲み会で偶然2人きりになった時に、彼女から食事に行きたいという話や、僅かな時間手をつないだ事、そしてハグをしました。その後、バイト先で一緒に仕事をする機会があるも、彼女の態度がそっけなく、食事に誘ってもはぐらかされてしまいました。

先日彼女は、バイト先に付き合いたての彼女と同世代の彼氏を連れてきました。そこで彼女の事は諦めたのですが、一回り離れた彼女とお付き合いするためには自分はどうしたら良かったのでしょうか?

a 「余裕」と「行動」を見せて! 大人の恋愛3か条。

こんにちは。ご質問ありがとうございます。ビューティーメンタル専門家の水沢真です。

一回り年下、あるいは年上の方を好きになる……今ではめずらしいことではないですよね! しかし、世代が違う分、お付き合いに至るまでの恋の過程が難しくなってしまうと思います。

今回は、一回り年下の女性との恋愛を成就させる方法をお伝えします。

th_140124mizusawa

(1)時間は「あるもの」ではなく「作るもの」

お互いを知る上で大切なもの……それはコミュニケーションです。また、そのコミュニケーションも、「会って話すコミュニケーション」というのが非常に重要となってきます。

アメリカの大学の心理学データ結果によると、男女各20名をそれぞれ「5日間1時間だけ会話する」グループと、「1日間5時間会話する」グループに分け、コミュニケーションを取ったところ、「5日間1時間だけ会話する」グループのカップル成立率が、「1日間5時間会話する」に比べて約3倍の倍率でカップル成立したという結果が出ています。

例え短い時間でも時間を作り、会って会話するコミュニケーションを取るという事は、それだけ相手に対して徐々にでも自分の事がインプットされ、意識しやすく、また「会いたい」という気持ちが生まれやすくなる状態となります。

約束が取れなくても、仕事帰りに10分程度カフェに行って話をしたり、休憩時間を合わせて会話するなど、二人きりになれる時間を作ることが大切となってきます。わずかな出来事の積み重ねが後に大きな実を結ぶことになりますから、わずかな時間でも「作る」ということを意識して、相手とコミュニケーションを取ることを心がけましょう。

(2)大人の優しさとリードを「行動」に!

年下の女性が一回り年上の男性に対して抱いている印象……。それは、「リードしてくれる」「エスコートしてくれる」ということです。年上であるがゆえに、それなりに経験があるという「思い込み」が年下の女性には強く見受けられる傾向があります。

ですので、その部分を逆に活用し、自分の中で彼女に対して意識をし始めたら、自分から「行動」に移すことが大切となってきます。相手の状況・気持ちを考える「優しさ」ももちろん必要なのですが、まずは、自分が自分の気持ちをどう相手に伝えるのか? その「アクション」が大切となってきますから、誘う時には「誘う言動」を積極的に、そして会っている時には「優しさ」を積極的に、相手に対して表現する事がポイントです!

電話番号やデートに誘う時は具体的にストレートに誘う表現を、二人きりで会っている時は自分の事を話したり、相手の話の聞き役になったりと会話をエスコート・リードできる「優しさ」を持って接するようにしましょう。

(3)相手との共通点を知ること

コミュニケーションを取っていく中で大切なのが、相手との「共通点」を見つけること。

特に、一回り年齢が離れている状態においての「共通点」となると、年上の方が共通点に対する知識が豊富という印象付けを行いやすい分、相手はより距離を縮めようとしてきます。

「共通点」を見つける会話のコミュニケーションを意識して行うことで、お互いをより深く、そして短時間で理解し合える仲になる可能性が高くなりますから、お互いの「共通点」を意識して、会っている時間はコミュニケーションを積極的に取るように心がけましょう。

年齢が離れているからこそのコミュニケーション方法というものが存在します。また、年齢が離れているからこその積極的なアプローチ方法もあれば、会っている時の「大人としての余裕の態度」というのも存在します。

相手が自分に求めている部分や、知りたがっている部分をよく聞いて、また自分も相手に対する気持ちを行動や言葉で表現していく事も、年上だからこそできる表現の仕方があると思いますから、ぜひコミュニケーションをより深めて、素敵な自分らしい恋愛ができるように自信を持ちましょう!

●ライター/水沢真(ビューティーメンタル専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (4)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする