“恋愛迷子”の彼女とうまく付き合っていく方法

【相談者:20代男性】
こんにちは。私は大学生で、年下の後輩を好きになりました。話しかけたり、デートに誘ったりとアプローチして、クリスマスイブにイルミネーションを見に行った帰りに告白しました。返事は、「考えさせてください」ということでした

その後、電話でなぜそんな答えだったかを教えてくれました。その子は、「好きなもの」がわからないのだそうです。好きな色とかマンガとかもわからないのだそうです。漫画を例にすると、自分がAという漫画が好きだったとすると、自分より漫画Aが好きな人がいることを考えると自分はその漫画Aを好きじゃないと考えるそうです。だから今まで好きな人も彼氏もいなかったそうです。けれど、私と話していると楽しいし、年上の私といても気まずくないと言ってくれました。話し合った結果、付き合うことになりました。

でも、私はこれからどうやって彼女と接したらいいかわかりません。あまり恋愛経験がないのもあるので不安です。これからどのような付き合い方をしたらいいですか?

qa_a 「好きなもの」=「自分自身」を表している。

ご相談ありがとうございます。恋愛言語専門家の東野まどかです。

好きになった女の子に、「好きなもの」がわからないと言われて貴方はびっくりしたのではないでしょうか。だって、自分はこんなにも彼女の事が好きなのに……。話し合った結果、お付き合いするようになって良かったですね。彼女が初めてに「好き」になる男性は貴方ですよ。

まず、好きなものがわからないってどんな事でしょうか? 試しに、貴方の好きな色を思い浮かべてください。1色好きな色を決めてくださいね。

決まりましたか? では、以下を読んでみてください。

「なんでそんな色選ぶの? センスないね」
「ダサい(笑)」
「全然似合わない」

ムカッとしました? 好きな色を否定されただけなのに、自分に文句を言われているようで腹が立ちますよね。

つまり、「好きなもの」は「自分自身」を表しているのです。でも、好きなモノがわからない人は、ここで「え?」と不安になります。自分に自信が無いからです。

自分の気持ちを抑え、皆に好かれるいい子を続けてきた人は、「正解」が無い事に答えられません。誰かが採点してくれないと、自分が正しいのか間違っているのか、わからないのです。

140121maruno

「他者承認」を優先しすぎて「自己承認」が出来ない

人には「承認欲求」があります。これは、「人から認められたい」という欲求の事です。食べたい、眠りたい等と同じで、人間なら誰しも持っている欲求です。成長し社会生活を送るようになると発達していきます。

大きく分けて、承認欲求は以下の二つに分けられます。

(1)他人から認められたい=「他者承認」
(2)自分は理想通りの自分であると認めたい(自分の判断)=「自己承認」

きっと、彼女は今まで「他者承認」を優先させてばかりいたのでないでしょうか? 他人目線を意識しすぎた結果、「自己承認」が出来なくなっているのではないかと考えられます。

「好きなものがわからない」恋愛迷子と付き合う2つのポイント

(1)他の人と比較しない

彼女には、「あなたはA子さんより美人だから好きだよ」と言ってはなりません。自己承認がうまく出来ない彼女は、「A子さん」より劣っている点をわざわざ自分で探し出して、勝手に落ち込みます。

褒める時は、彼女自身を唯一無二の存在として褒めてください。それを続ける事で、彼女は他人と自分を比較せず、自分自身を認めてあげる事が出来るようになるはず。ぜひ貴方がその手助けをしてあげてください。

(2)自分のダメな部分を見せる

「自分より漫画Aを好きな人がいると考えると、自分は漫画Aを好きだとは言えない」という言葉から分かるように、「自分より上がいる」「自分は100%じゃ無いからダメだ」と考えている彼女。そんな彼女には、貴方の失敗談を彼女に話してあげてください。

そんな事をしたら彼女に嫌われる? いえいえ、貴方のダメな部分を知った彼女は、きっと安心します。誰でも失敗するし、100%完璧では無いという事を彼女に知ってもらいましょう。そうする事で、彼女も完璧でない自分を徐々に認めていけるようになります。

もし、彼女が自分の失敗談を話してくれたら、優しく聞いてあげてくださいね。やっと素直な自分を見せる事が出来た彼女は、貴方をかけがえのない存在だと思うはずです。


自分のプライベートな事や内面を見せる事を、『自己開示』と言います。自己開示をし合うと、お互いに好意的になっていくのです。

恋愛とは、お互いに内面を見せ合う事。日頃考えている事、楽しかった事、悲しかった事を共有する事で親密になれます。いわゆる、「二人だけの秘密」ですね。恋愛は、両想いになってからが何倍も楽しいです。毎日「二人だけの秘密」が増えていくなんて、考えただけでワクワクです。

二人で素敵な時間をたくさん過ごしてくださいね。

●ライター/東野まどか(恋愛言語専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする