内縁の妻がいる彼の“都合のいい女”にならないための唯一の方法

【相談者:20代女性】
独身か既婚かわからない人を好きになりました。周辺の情報としては、「籍を入れていないが内縁の妻はいる」とのことですが、彼には逃げられるのが怖くてまだ確認できません。すでに彼と深い関係を持って1か月。彼も私のことが好きなのだと感じるようになりました。周囲にも、「彼女」と紹介してもらっています。

今後、彼に内縁の妻と別れ、私を選んでもらうためには、どのような行動をとればいいのか具体的なアドバイスをください。

qa_a 明確な一線を、彼との間に引くようにしましょう。

こんにちは! 火消し探偵の山木です。

どこで、どのような出会い方をしたのかは分かりませんが、内縁の妻の存在が周辺情報で分かるということは、共通の知り合いがいるということですね。しかし、その共通の知人も、彼の不利になるようなことには口が重くはっきりしたことは言わないのでしょう。

以前の記事にも書きましたが、内縁の妻とは、結婚しているという状態に限りなく近いです。深い関係があろうとなかろうと、同じ異性と5年以上同棲していると、大体が「内縁」と呼ばれるようになるため、彼の気持ちがその女性に無いのであれば、まずは内縁関係の解消が先決です。

質問者様は彼に逃げられることが怖いと書いていますが、このまま時間が経過して行っても泥沼になるだけ。「彼女」と紹介してもらっていることに喜んでいる場合ではありません。「彼女だからお前ら余計なこと言うなよ!」という男同士の連帯感で、口止めの合図なのかもしれません。質問者様が「彼女」と紹介されても、彼に「内縁の妻」がいる限り、周囲からは愛人か浮気相手のように思われていても不思議はないのですよ?

140115yamaki

今の状況を抜け出すために、1つ具体的なアドバイスをします。彼から何を言われようと、これだけは守るようにしてください。逆に言うと、今から書く事に消極的なら、彼との未来はありません。

『都合のよい女にならないために、絶対に家に入れない』

これを線引きにしてください。

質問者様は、彼の家には未だに入ることが出来ないのだと思います。今は、付き合い始めて1か月だから彼も言わないのでしょうけれど、2か月、3か月と付き合いが真剣になるうちに、彼が事情を言い出してくれると思います。しかし、彼がもし言い出さなかったら、質問者様の方から、「貴方の家に行きたい」と言いましょう。その時に何かしらの理由を並べ、「だから、君の家に僕が行くよ」と言われても、絶対に彼を質問者様の家には招き入れないこと。

逢いたい思いが募っても、外で会うようにして、絶対に家に入れないことです。受け入れてしまったら、彼にとっては環境を変える必要のない都合の良い状況となってしまいます。

なぜなら、質問者様が家に招く限り、彼は内縁妻と清算しなくても良いからです。その状態を、世間一般的に「別宅」「愛人」と呼ぶのは御存じのことかと思います。

本来、内縁状態の女性がいるのは彼の責任です。質問者様と深い関係を持ってしまったら、せめて数か月以内に清算するのが誠意ある行動でしょう。

重要なのは、質問者様から何かをしてあげる、何かをしてあげようというのではなく、二人で会うための時間と場所は彼に作らせることです。金銭的にも時間的にも効率が悪かろうと関係ありません。家に来ようとするのを断固拒否し、彼が清算するまでは泊まる場所はホテルなどを用意させましょう。彼が、貴女と二人で会う場所や時間やお金を自ら積極的につくるのであれば、質問者様のことを大事に思っていると判断して良いでしょう。

内縁の妻にも、ご無沙汰になって数年経ってしまった夫婦にも言えることですが、“一緒にいることが当然”となった部分があるから、何年も同居しているわけです。その理由は当事者でない者には分かりませんが、少なくとも、お互いの居心地が悪くないから同居しているのです。嫌いな相手とは一緒に過ごせませんからね。そういった、「嫌いでない人間」を追い出そうとしているわけなのですから、一筋縄にはいきません。

少なくとも、「私はあなたが清算するまで絶対に私のテリトリーに入れない」「私ともっと一緒にいたいなら状況を変えて」という意思表示をしておかないと、ずるずると時間だけが経ってしまいかねない。

最終的に重要なのは彼の気持ちではありますが、「もっと一緒にいたい」という気持ちを質問者様に向けるためにも、線引きはしっかりとしたいものです。

●ライター/山木陽介(探偵専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする