彼氏への気持ちが冷めてきた……魔の悪循環3パターン♡

【相談者:20代女性】
彼と付き合い始めて2か月です。最近やたらと彼の行動が気に障り、イライラするようになりました。考えてみると、元カレと別れたのも、これくらいの時期です。やっぱりこれって倦怠期でしょうか

a 倦怠期だ! って強く感じてしまう原因が、自分にあることもあります。

こんにちは。ライターみわあやのです。

では、いきなり本題に入りますね。

恋愛がはじまってすぐの時期は、相手が素晴らしい人間に見えて、毎日がうきうきワクワクします。寝ても覚めても相手のことを考えてドキドキ。彼こそが運命の人、あなたがいないと生きていけないの~。

夢を壊すようで申し訳ありませんが、このとき脳内では『PEA』と呼ばれる、恋愛ホルモンがドバドバと分泌されます。そのせいで、高揚感や幸福感、快感がもたらされ、ハイテンション状態になっているというわけ。

このPEAは、早くて2か月、遅くとも4年で分泌が停止。恋の魔法が解けたとき、テンションが上がっていればいるほど、「あれ? 私は何をやっていたんだろう、恥ずかしい」と、落差が生まれます。

20322

このとき、心理的には何が起こっているかというと……

彼のことを好きで好きで、やっと付き合った人は、「自分より優れた人間だ」と思ったから、惹かれたのでしょう。劣等感を埋めてくれるような、自分にないものを持った人だから、好きになったともいえます。

魔法が解けると、解消したように思えた自分の劣等感が、どーんと目の前に。一気に現実へと引き戻され、「それに比べて、私は……」と気持ちに暗い影を落とします。

魔のパターン1……こんな自分と付き合う相手は幸せなの?

「彼は、本当に私で良かったのかな」
「仕方なく付き合っているんじゃないだろうか」

と、自分に自信がなくなり、疑心暗鬼。あぶりだされた劣等感に苦しみ、自己嫌悪に陥る人も多いようです。

そうすると、その感情を抑えたまま、我慢して付き合うことになるので、ぜんぜん幸せじゃない。心の中にもやもやした澱(おり)がたまりつづけ、限界を超えたとき、大爆発することも。

相手の気持ちを試すような行為をしてしまったり、依存しすぎたりして、自ら関係を壊しにかかるケースもあるようです。

魔のパターン2……あれ? 本当にこの人でいいのかな?

人間は自分の劣等感と向き合うのがすごく苦手。なので、直視できずに、相手のせいにして精神的なバランスを取りたがる場合もあります。

どうやって相手のせいにするかといえば、無意識に相手の「悪いところ探し」を始めるわけです。相手への評価を自分のレベルまで引き下げて、釣り合いを取ろうとするんです。

魔のパターン3……本当に好きなのかわかんなくなっちゃった。

相手から好かれて付き合った人も、はじめは「いいところ探し」をして、どんどん好きになっていきます。ですが、相手の良い部分がクローズアップされていけばいくほど……。

ここで、おなじみの「劣等感」が登場します。そしてパターン2と同様、「やっぱ違う」と。

惚れて付き合おうが、惚れられて付き合おうが、結局は一度、夢から覚める時期がくるものなんですね。


いかがでしたでしょうか。魔法が解けて冷静になったのだから、当然といえば当然かもしれません。

多くのカップルが経験する「夢から覚める時期」。問題はこれを上手にやり過ごし、関係を壊さないためにはどうすればいいのかということが大事なのかもしれませんね。

●ライター/みわあやの(カルチャー専門家)

「理想の相手」に出会うためにやるべきことって?

「恋愛がなかなかうまくいかない……」なんて経験をしていませんか? もしかしたら、理想の相手に出会っていないのかも。 理想の相手に出会うための方法を、一度考え直してみませんか?

編集部追記

今回のコラムでは、彼氏に対する気持ちが冷める理由として、「恋愛ホルモンが関係している」という視点でアドバイスをいただきました。

「彼氏への冷めた気持ち」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

彼氏への気持ちが冷める瞬間7つ

160112sametatuiki1

あれほど好きだったのにもかかわらず、ほんの些細なことで冷めてしまう恋心。女性は、彼氏のどんな行動に対して気持ちを冷めさせてしまうのでしょうか。

(1)マザコンだった

付き合う前は男らしい姿を見せていた男性が、付き合った途端に本来の姿を見せるというのはよくあることです。なかでもマザコンであることが発覚してしまうと女性は一気に気持ちが冷めてしまうそうです。

家族を大事にする男性なのかの見極めが難しい部分でもありますが、何を決めるにしても母親に相談したり、ことあるごとに彼女と母親を比べたりする行動はマザコンと思われてしまうでしょう。

(2)付き合う前と態度が変わる

釣った魚にはエサをあげないという男性もいます。優しく頼りがいのあるカレだったのにもかかわらず、恋人関係になった途端、横柄な態度をとられるようなことがあれば女性は冷めてしまいます。

(3)束縛される

彼氏に束縛されることで気持ちが冷めるという女性も。束縛するということは彼女のことを信用していないということになります。

少しの束縛であれば愛情の裏返しと受け取ってもらえますが、自分が恋人から信用されていないことが分かれば、好きという気持ちを失ってしまってもおかしくはありません。

(4)マナーが悪い

周りに人がいるのに平気で歩きタバコをしたり、道ばたでツバをはいたり、ゴミのポイ捨てをしたりする姿も彼女の気持ちを冷めさせてしまいます。

公共の場で最低限のマナーが守れない男性と一緒にいれば、女性の方まで恥ずかしい思いをしなければなりません。また、店員さんへの横柄な態度など、人によって態度を変える姿を見ると女性は一瞬で冷めてしまいます。

(5)車の運転が下手

二人きりのドライブデートで、あまりにも運転に不慣れな姿を見せてしまうのも冷めさせてしまう原因になります。少なくともデート中にパニックに陥らないで済む程度の技術は必要なようです。

反対に、車の運転に自信があって良いところを見せようと乱暴な運転をするのもNG。落ち着いて安全な運転をすればそれで十分です。

(6)優柔不断

優しいと思っていた彼が、ただの優柔不断なだけだったということもあります。何を聞いても「何でもいい」としか答えず、自分ではなにも決められない彼氏に女性は冷めてしまうそうです。

優しさとの見極めが難しいぶん、ただの優柔不断な男だったと判明してしまったときの落胆は大きいといえるでしょう。

(7)結婚する意志がない

まだ付き合い始めたばかりだとしても、交際が順調に続けばその先に結婚というゴールを想像するものです。

そこで、彼氏が結婚に対しての意志を全く持っておらず、あくまで楽しい時間を過ごしたいだけという考えでいることが分かれば、女性はその付き合いに対して意味を見出だせなくなってしまいます。

たとえまだ実感がなくても、「考えていない」という発言は慎んだ方がいいでしょう。

彼氏への冷めた気持ちを復活させる方法

160112sametatuiki2

彼氏への気持ちが冷めていることに気付いたとき、以前の気持ちを再び持てるようになる方法はあるのでしょうか。ここでは彼氏への気持ちを復活させる方法を紹介します。

諦めて妥協する

人の性格は簡単に変わるものではありません。何か具体的な言動に対して彼氏に対して冷めた気持ちを持ってしまったのであれば、気になるところは見ないようにするというのも手です。

彼氏の性格を変えようとすれば、その嫌いな部分を見るたびにイライラした気持ちに襲われることになるでしょう。自分のなかで妥協することを決め、期待しなければ、それ以上彼氏への気持ちが失われることはなくなります。

付き合い始めのころを思い出す

毎日ドキドキして、ときめきの気持ちがあふれていたころを思い出してみましょう。初めて行ったデートコースや告白された場所などを、二人で訪れてみるのもおすすめです。

新鮮な気持ちが思い出されて、ドキドキの感情が復活すること間違いなしです!

話し合う

思い切って、今の自分の気持ちを正直に相手に伝えてみましょう。決して嫌いになったわけではないものの、好きという気持ちが小さくなってきていることも包み隠さず話します。

そうすることで、お互いに伝えきれていなかった感情を明らかにすることができますし、気付いていなかったことがあれば改善してもらうことが期待できるかもしれません。

彼氏の気持ちが冷めるワケ5つ

160112sametatuki3

気持ちが冷めてしまうのは女性だけでなく、男性側にも当然起こることです。男性はどのようなことで気持ちが冷めてしまうのでしょうか。

(1)関心を失った

付き合えるかどうか分からない微妙な距離感だったころは、どうにかして彼女のことを手に入れようと必死になっていたはずの彼氏。しかし、いったん自分のものになってしまうと、男性は急速に彼女に対する関心を失うことがあります。

好きという気持ちが失われたわけではありませんが、安心感から彼女に対して冷めた態度になってしまうことも少なくありません。

(2)不潔な面を知ってしまった

付き合う前は自分の良いところを見てもらおうと、頑張って装うものですよね。しかし、彼女の私生活がだらしないものだと分かると男性は冷めてしまいます。

食事の仕方が汚かったり、部屋を片付けられなかったりといったことで彼氏は幻滅しています。付き合う前からすべてをさらけ出す必要はありませんが、あまりにも繕ってしまうと後が大変かもしれません。

(3)期待していた女性ではなかった

非情に失礼な意見ですが、実際に、「思っていたのとは違った」という理由で彼女に冷めてしまう男性もいます。付き合ってみなければ分からない部分というものは必ずありますので、これを避けるのは難しいかもしれません。

そのような男性につかまって突然捨てられてしまうということにならないためにも、男性を見る目を養う必要があります。

(4)喧嘩

お互いの気持ちをぶつけ合って絆を深めていこうとすることが多い女性に対して、男性は彼女と衝突することを極端に嫌います。感情をぶつけたり喧嘩をしたりすることをめんどくさいと感じてしまうのです。

男性がそのような気持ちを持ってしまうと、恋心が一気に冷めてしまうことにもなりかねません。仮に彼氏の方が悪いという場合だったとしても、極力喧嘩にならないように女性がうまくコントロールするのがいいでしょう。

(5)彼女の男遊びが多い

男性は女性に比べて嫉妬深い生き物です。たとえ恋愛感情を持っていなくとも、他の男性と親しげにすることを嫌います。浮気は当然に気持ちを冷めさせるとして、男友達が多かったり男性と二人きりで遊ぶことが多いという場合には控えるようにした方が賢明です。

彼氏の冷めた気持ちを復活させる方法

まだ別れを告げられる前であれば、彼氏の冷めた気持ちを修復することは可能です。お互いの気持ちにすれ違いが生じたときこそ、恋人としての絆を深めるチャンスといえるかもしれません。

明るい雰囲気でいる

ぎくしゃくした関係になりそうでも、笑顔と感謝する気持ちは忘れないようにしましょう。明るい雰囲気を忘れないことで、彼氏は彼女との関係に心地よさを感じるはず。

彼氏はまだ迷っているかもしれないので、いざ気持ちが復活してきたときに「やっぱり彼女のことが大切だ」と思ってもらえるよう準備しておくと安心ですね。

距離を置く

彼氏の気持ちが自分から離れていこうとすれば、焦る気持ちから束縛したりしつこくしたりしたくなりますが、これは厳禁。受け入れ体勢にない男性を余計にいらだたせるだけです。

少し距離を置き、会わない時間を作ることも必要でしょう。関係性をはっきりさせようとすると、別れを選択するという結果になってしまうこともあるため、グレーな関係でいることもひとつの対応策です。

好きという気持ちをストレートに表現する

付き合いが長くなってくると、お互い好きという気持ちを表すことは減ってくると思います。そんなとき、彼氏に面と向かって「好き」という気持ちをストレートに伝えてみましょう。

突然のことに驚くかもしれませんが、好きと言われるとうれしいものです。付き合い始めのころのような新鮮な気持ちがよみがえってくるかもしれませんよ。

気持ちが冷めたときに表れるサイン・態度

160112sametatuiki4

初期の段階で恋人の気持ちの変化に気付くことができれば、悲しい別れを迎えなくて済むかもしれません。相手の発するサインを見逃さないようにしましょう。

会話の内容を覚えていない

会話をしていてもどこか上の空で、返事もあいまいなものになっていれば、それは気持ちが冷めているサイン。特に、自分の話したことを相手が覚えていないということが増えてくればその可能性は高いといえるでしょう。

スマホを触る時間が長くなる

付き合い始めのころは話に夢中で携帯なんて気にもならなかったというカップル。それがいつのまにかスマホに触る時間が増え、話しかけているのに画面から顔を離さずに返事をされることも。

このような態度は、相手の気持ちが冷めつつあることのサインです。

友達の恋愛話を聞いてうらやましくなる

自分の恋愛が充実したものであれば、他人の恋愛は気にならないもの。しかし、気持ちが冷めて好きという気持ちが薄れているときには、友人の恋愛話がうらやましく感じられます。

友達を優先する

デートの約束をしようとしても、いつも友達との予定が詰まっているということはありませんか? 以前は自分との約束が最優先だったのに、徐々に友人との約束を優先されるようになるのも、相手の気持ちが冷めているサイン。

自分が約束をドタキャンしてしまったときに、相手が残念そうなそぶりを見せないということでも見極めることができます。

彼氏に冷めてしまったときの上手な別れ方

付き合うことよりもパワーが必要になる“別れ”という選択。ここでうまく別れることができなければ、関係がこじれて危険な目に遭うということもあるかもしれません。

正直に全てを話す

別れの際にあいまいな態度を取ることはよくありません。彼のどんなところに不満を持っていたのか具体的に話し、気持ちが無くなったということを素直に言いましょう。

ただし、相手の人間性を否定するような言葉を使うことは控え、あくまでも事実を述べるにとどめましょう。また、別れ話をするときには、だらだらと話を長引かせず会ってすぐに本題に入るようにすることで、余計な感情が生まれにくくなります。

徐々に連絡を減らし相手に気付かせる

どうしても別れ話を切り出せないというときには、相手に気持ちを悟ってもらう必要があります。連絡をする頻度を減らしたり、会う回数を減らしたりすることで、遠回しに自分の気持ちを伝えましょう。

急に態度が変われば相手も気付くでしょうし、たとえ別れ話を切り出されなくても、接触を減らしていくことで自然消滅へと持っていくこともできます。

別れたらその瞬間から非情な態度で

気持ちが冷めて別れる場合でも、彼氏はまだあなたのことを好きな可能性があります。あやふやな言葉でごまかしたり、変に期待を持たせるような言葉を使ったりすることはやめましょう。

ときには彼からの連絡を完全に遮断してしまうなど、強い態度に出ることも必要です。

恋人に対する自分の気持ちの確かめ方

160112sametatuiki5

「好きかどうか分からない」。付き合いが長くなるとそんな気持ちを持つことがあるかもしれません。それが一過性のものなのか、それとも完全に気持ちを失ってしまっているのか。

ここで紹介する方法を参考に、自分の気持ちを確かめてみましょう。

自分の気持ちを書き出す

頭で考えるだけでは、自分の本当の気持ちに気付けないこともあります。そんなときは、紙に気持ちをひとつずつ書き出していくことがおすすめ。頭に浮かんだ感情を書いていくことで、冷静に自分の気持ちを見つめ直すことができます。

視覚化することで気持ちを客観的に見ることができるため、頭の中の感情を整理することに効果的です。自分でも気付けなかった感情と出会えるかもしれませんよ。

恋人との将来を想像してみる

恋人との未来の関係をいろいろと想像してみることで、本当に自分に必要な相手なのか知ることができます。結婚したときのこと、別れたときのこと、相手に別の恋人ができたときのことなどを想像してみましょう。

そのときあなたはどんな気持ちになったでしょうか? 明るい気持ちになったか、それとも暗い気持ちになったのか……。手軽に自分の気持ちを知ることができる方法ですが、その効果は絶大です。

失敗を見てどのような感情を抱くか

相手に対する感情は、マイナスな部分を見たときの気持ちに顕著に表れます。恋人の欠点や日頃の失敗を目にしたとき、笑って許せるようならばまだお互いの関係は大丈夫だといって良いでしょう。

しかし、わずかでもイラッとするような負の感情を持ってしまったら危険信号。すでに気持ちが冷めきっている可能性が高いです。

恋人として紹介できるか

家族や友人に、今付き合っている恋人を紹介できますか? 好きという気持ちが大きければ抵抗なく紹介できても、冷めた気持ちが生まれつつあれば、自分の恋人として紹介するのはためらわれるはず。

特に結婚を意識したものでなくとも、気持ちが冷めていれば気軽な紹介すら抵抗してしまうでしょう。


「彼氏の気持ちが冷める理由」や「冷めたときに表れるサイン」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

人間同士の付き合いである以上、気持ちに波があることは避けられません。それにうまく対処しながら関係を深めていったカップルが結婚というゴールにたどり着くことができるのではないでしょうか。

一時の感情に流されず、真摯な気持ちで恋人と向き合うことができるといいですね。

【関連コラム】
・(後編)恋人との魔の“倦怠期”を乗り越える方法

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (36)
  • うーん (29)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする